大迫勇也、柴崎岳、昌子源を飛躍させた鹿島アントラーズの驚異の育成システム

大迫勇也、柴崎岳、昌子源を飛躍させた鹿島アントラーズの驚異の育成システム

 ベスト16で終わったサッカー日本代表のFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会。ラウンド16で強豪・ベルギー相手に2点のリードを守りきれず、後半アディショナルタイムで逆転弾を浴びるという、まさに劇的な敗戦を喫してしまったが、大迫勇也、柴崎岳、昌子源の3人の存在がなかったら、日本のここまでの躍進も、ベルギーとの死闘もなかっただろう。

 大迫は初戦のコロンビア戦でのPKのきっかけを掴み、決勝弾を奪った。それだけでなく、ポーランド戦以外の先発した3試合いずれも、1トップとして懐の深いボールキープとポストプレーで縦パスを集約して前線で起点をつくるなど、日本の中盤を活性化させるベースを生み出した。

 柴崎は今大会のチームのMVPと言っていいほど、突出した存在感を見せた。常にピッチ全体を見渡し、柔軟なボールコントロールと相手の守備の綻びを見逃さない正確無比な縦パスで、日本の攻撃のタクトを握った。第2戦のセネガル戦では、長友佑都へ糸を引くようなロングパスを送り込み、乾貴士の1点目をアシスト。第3戦のポーランド戦では、中盤のスペースを埋める献身的かつ頭脳的な守備を披露。そしてベルギー戦では疲労の色が濃く、グループリーグで見せたようなパフォーマンスには至らなかったが、先制点となる原口元気のゴールは、柴崎の抜群のタメからの正確なスルーパスによってもたらされた。

 そして、新たなDFリーダーとして名乗りを上げた昌子は、気迫溢れる守備と高い危機察知能力を駆使して、最終ラインを統率。90分間声を出し続け、日本の攻撃時にこそ高い集中力を発揮し、相手のカウンターを警戒した。コロンビア戦では相手のエース、ファルカオを封じ込め、ベルギー戦では世界トップクラスのストライカー、ルカクと対峙して一歩も引けを取らなかった。W杯直前まで控えだったことが嘘のような存在感を見せつけた。

 この3人の共通点は、高卒でプロ入りし、その最初に入団したクラブが鹿島アントラーズということだ。

鹿島アントラーズを支える超目利きスカウト

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)屈指の強豪で、Jリーグ発足後のタイトル獲得数ナンバーワンの“名門中の名門”。鹿島の最大の強みは、才能ある高校生プレーヤーを厳しい目で見極め、獲得後はじっくりと育てて、主軸として活躍させ、さらなる高みに導いていく「育成力」にある。

 大迫を鹿児島城西高校から獲得し、5年間でエースストライカーに育て上げ、ドイツ・ブンデスリーガに送り込んだ。柴崎は青森山田高校2年生の冬に異例の早さで獲得を確定させ、6年かけて攻守の要に育ててスペイン・リーガエスパニョーラに送り込んだ。昌子は米子北高校から獲得し、今や鹿島の不動のディフェンスリーダーとなるまでに育て上げた。

 この鹿島の育成力の裏側には、ひとりの超目利きスカウトの存在がある。鹿島のスカウト部長を務める椎本邦一氏だ。鹿島の前身である住友金属時代から同クラブ一筋の人物で、実に20年以上、スカウトという重要な仕事をこなしている。

 椎本氏の眼力のすごさは、「才能があって、絶対に屈しない選手」を見いだすことにある。

「獲得するなら、将来のクラブを担ってくれる存在でないといけない。そこは技術だけでなく、サッカーへの姿勢、人間性も重要。大事なのは『鹿島というクラブにふさわしい選手かどうか』なんです」(椎本氏)

 クラブが積み上げた伝統と精神--。「常勝軍団」であるべきクラブの確固たる信念と、それを担えるだけの選手、人間かどうかの見極め。この強固な柱が椎本氏の目利きの根幹にある。

 筆者も高校生の取材に日本全国を回るが、いろんな場所で椎本氏の姿を見る。大迫の獲得時も、柴崎のときも、昌子のときも、現場には彼の姿があった。そして3人とも期待通り鹿島を担う存在になり、日本代表の欠かせない軸としてロシアW杯を戦った。

 さらに残念ながら一度もピッチに立つことができなかったが、今回の日本代表には植田直通も選ばれた。彼もまた椎本氏がその才能に惚れ込み、熊本の大津高から高卒で獲得した逸材。昌子と共に鹿島の強固な守備を築くセンターバックとして君臨し、今回のメンバーでフィールド最年少で選ばれており、次世代の期待の星のひとりである。

 この4人を獲得した後も、全国各地の高校チームの試合会場で椎本氏の姿を見る。今年も高校ナンバーワンCBの呼び声高い流通経済大柏高校の関川郁万を獲得するなど、将来のW杯に出場するかもしれないダイヤの原石に熱視線を送っている。

 鹿島らしい、勝負に最後までこだわり、チームを支え、周りを突き動かす選手――。大迫、柴崎、昌子の躍動は、鹿島にとっても、椎本氏にとっても、自分たちの信念が間違っていないことを示す大きな証しとなったといえる。

(文=安藤隆人/サッカージャーナリスト)

ビジネスジャーナル 2018.07.08
http://biz-journal.jp/2018/07/post_23968.html

 

8 :2018/07/09(月) 18:54:32.98

スカウトの話だけで育成システムはどこいった
第二話があるんかな

 

14 :2018/07/09(月) 18:56:07.72

育成じゃなくてスカウトの目利きってだけだろ

 

15 :2018/07/09(月) 18:56:18.97

とったけど箸にも棒にもかからんかった奴も紹介しろや

 

18 :2018/07/09(月) 18:56:40.57

昔から高校の時から抜けてた奴獲ってるだけだろ

 

19 :2018/07/09(月) 18:56:53.04

植田しかり元々目玉の選手だろ

 

21 :2018/07/09(月) 18:57:20.99

大出世はウッチー

 

22 :2018/07/09(月) 18:57:33.33

鳴り物入りの大卒が一切成功しないのは何でなんだ
赤崎なんて当初の争奪戦からしたら今頃代表のエースストライカーになってるはずだが

 

86 :2018/07/09(月) 19:08:18.78

>>22
所詮大卒だから

 

37 :2018/07/09(月) 19:00:00.81

まず、トップクラスの高校生をスカウトします

 

52 :2018/07/09(月) 19:02:56.93

大迫と柴崎はどのクラブでも欲しいの当たり前レベルだったから

 

54 :2018/07/09(月) 19:03:18.44

そもそも鹿島は1番いい選手取れるクラブだからな
スカウトすら凄いのかどうか分からん

 

55 :2018/07/09(月) 19:03:31.44

鹿島は安定して優れた代表を出荷し続けているので

 

56 :2018/07/09(月) 19:03:32.43

目玉の選手いうけどそれを潰しまくってるクラブもあるからな

 

57 :2018/07/09(月) 19:03:36.02

そりゃ大迫と柴崎はその年のNo1高校生だもん

 

62 :2018/07/09(月) 19:04:43.13

>>57
選手が自由にクラブを選べる環境でナンバーワンを取れるのはスカウトの能力だな。

 

63 :2018/07/09(月) 19:05:03.85

人間性ねぇ。。。柳澤はどうなのよ。

 

69 :2018/07/09(月) 19:05:52.53

世代別で活躍しててもほとんど消えていく世界だぞ
天才と言われたやつらがあっさり消えていく
なかなか前評判通り育たない

 

72 :2018/07/09(月) 19:06:28.42

大迫なんて15チームくらいからオファー来たからな
その中から鹿島を選んだ

 

75 :2018/07/09(月) 19:06:48.73

髭と織部も評価されるべき

 

78 :2018/07/09(月) 19:07:05.26

つうか、高校時代から群を抜いてたからな、特に平山の記録を抜いてた大迫なんか、どこのチームも取りたかっただろうし。

ただ、鹿島は相対的に選手層が厚いから練習してるだけで上手くなれるし、チームを離れても色々気にかけてくれる面倒見のよさはよく聞く話。

 

79 :2018/07/09(月) 19:07:12.74

鹿島の選手はメンタル面が凄いと思うわ

 

84 :2018/07/09(月) 19:08:05.48

能力あってもプロ入って全然の選手も多いからな
やはり鹿島という土地がサッカーに集中できる環境なのかw

 

103 :2018/07/09(月) 19:12:35.18

うっちーと大迫が「どっか遊び行こうぜ」って夜に出かけて
「遊ぶとこ無かった」って笑いながら帰って来た話好き

程よく田舎でサッカー漬けなのもいいのかも

 

111 :2018/07/09(月) 19:13:02.73

主力をことごとく海外に持ってかれて困るね

 

142 :2018/07/09(月) 19:17:10.41

>>111
でもそういうチームには海外目標にしてるいい選手が集まるのも事実

 

119 :2018/07/09(月) 19:13:58.03

大迫や柴崎は高校時代から群を抜いた逸材だったからな
大した選手じゃないのを育てるのは広島が頭3つくらい抜けてるだろ

 

134 :2018/07/09(月) 19:15:54.10

>>119
青山とか槙野とか柏木とかな。広島はそこそこ良いの産むけど世界では通用しない感じではある。

 

120 :2018/07/09(月) 19:14:02.40

取ってくるブラジル人は外ればかり

 

137 :2018/07/09(月) 19:15:58.80

柴崎、小島、鮫島のBIG3のうち2人は消えたな

 

149 :2018/07/09(月) 19:17:49.70

アントラーズの育成のおかげで日本代表の層が飛躍的にあつくなりました
日本のサッカーに貢献していただいて感謝しています

 

153 :2018/07/09(月) 19:18:30.02

Jリーグ内での比較でも、湘南のほうがよっぽど「育成力」があると思うわ。

 

170 :2018/07/09(月) 19:21:49.83

じゃあ高卒で有望な奴はみんな鹿島な

 

175 :2018/07/09(月) 19:22:18.92

まぁ期待された才能を期待された通りに開花させるのも重要やろ。師匠柳沢本山小笠原の頃からちゃんと代表レベルをコンスタントに輩出しとるわけで。

 

184 :2018/07/09(月) 19:23:00.28

FWに外人入れてベテランと2トップにしちまったから
大迫の新人時代ってなかなか出場できなかったよな
とっととレンタル移籍させて出場させてやりゃ良かったのに

 

191 :2018/07/09(月) 19:24:08.18

GKも育てといてくれてれば

 

207 :2018/07/09(月) 19:26:09.42

高卒を試合に出してくれるのは成長に繋がると思う

 

228 :2018/07/09(月) 19:29:03.63

フランス大会、秋田
日韓大会、QBK、秋田、顎ヶ端
ドイツ大会、QBK、ミツヲ
南アフリカ大会、内田、岩政
ブラジル大会、内田、大迫
ロシア大会、柴崎、大迫、昌子、植田

海外移籍したの含めて全大会に選手出してるの鹿島だけか?
乾をセレッソではなく高卒で入ったマリノスとしてみるならマリノスもかもしれないけど

 

229 :2018/07/09(月) 19:29:06.85

むしろ鹿島は若手干す常連だろ
ユーマですら出場機会苦しかったくらいだし
三竿は1年干された

 

242 :2018/07/09(月) 19:30:57.06

柴崎はもともとすごい才能だったが高2で契約したところがポイントなんだよ
高2からアドバイスしながら小笠原の後釜として順調に育てた。

 

256 :2018/07/09(月) 19:32:32.41

ジーコ「鹿島はワシが育てた」

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531129873/