W杯で多発する守護神の痛恨ミスを元日本代表GKが分析「今回のボールはGK泣かせ」

「今回のボールはGK泣かせ」 W杯で多発する守護神の痛恨ミスを元日本代表GKが分析

J2山口のGKコーチ・土肥洋一氏が“守護神目線”で語る、「ロシアW杯とGKの痛恨ミス」

 6月14日の開幕から熱戦が続くロシア・ワールドカップ(W杯)だが、守護神の信じられないようなミスも今大会を象徴する出来事の一つとなっている。

 スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)は、グループリーグ第1戦のポルトガル戦でクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の真正面に飛んできたシュートをセーブミスし、失点を喫した。また、準々決勝のフランス戦では、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)の真正面のシュートをセーブミスし、決定的な2失点目を献上してしまった。

 名門クラブで活躍する名手が、なぜ真正面のシュートを止められなかったのか――。 2006年ドイツW杯の日本代表で、現在はJ2レノファ山口のGKコーチを務める土肥洋一氏が解説してくれた。

「グリーズマンのブレ球シュートに関して、ムスレラはシュートの瞬間に先にボールの軌道を読んでいた。そこから急にボールが軌道を変えた。そこで、ああいうミスが生まれてしまった。ムスレラほどのレベルのGKなら、弾けないボールではなかった。代表戦で100試合に出ているベテランでも技術的なミスは出る。(2失点目が)入ってしまえば試合が終わる、というプレッシャーもあったと思う」

 土肥氏は現地時間6日に行われたウルグアイ対フランス戦の、後半16分に生まれたグリーズマンの得点シーンについて、このように分析した。日本代表DF長友佑都とトルコ王者で同僚のムスレラは、クラブでも好セーブを連発する名手だが、英メディアからは「W杯史上最大のエラーの一つ」と酷評されるほどの失態となった。

「ボールの正面に入るのがGKとしてはセオリーですが、それ以上にシュートが速かった。そして(ウルグアイの)DFにも問題があった。あのタイミングで、グリーズマンにフリーで打たせてしまったのが敗着だったと思う」

無回転が生まれやすいと同時に、「しっかり曲げて落としている」ゴールも…

 今大会の公式試合球「テルスター18」のブレやすい特性も影響しているという。6枚のプレートが縫い目もなく接着された設計で、無回転のシュートが生まれやすくなっている。それと同時に土肥氏は、「この公式球になって、シュートレンジは広がっていると思う」と指摘している。

「今回のボールはGK泣かせと言えます。ちゃんとシュートが当たればブレる。ただ、これまでもブレる公式球はありましたし、これまでのW杯でもシュートはブレていた。GKのミスもありましたが、今回は重要なポイントでミスが失点につながっている印象が強い。その一方で、グループリーグ第1戦のスペイン戦でクリスティアーノ・ロナウドがFKから直接決めたゴールでは、しっかりと曲げて落としている」

 10年南アフリカW杯の公式試合球ジャブラニは、ボールの芯を捉えると無回転シュートが生まれた。逆にカーブをかけるようなシュートは難しかったが、今回のテルスター18はスピンをかけたスーパーゴールも生まれている。

 ベスト4進出を決めたフランス代表にはGKウーゴ・ロリス(トットナム)、ベルギー代表にはGKティボー・クルトワ(チェルシー)という名手を擁し、イングランド代表には今大会で一気に評価を高めた24歳GKジョーダン・ピックフォード(エバートン)、クロアチア代表には2試合連続のPK戦で好セーブを連発したダニエル・スバシッチ(モナコ)が輝きを放っている。

 優勝へ向けて守護神の活躍が不可欠となる一方、テルスター18の新たな犠牲者は生まれるのだろうか。

Football ZONE WEB 2018.07.09
https://www.football-zone.net/archives/120491

 

2 :2018/07/09(月) 20:45:05.52

守護神川島のミスもこれが原因

 

3 :2018/07/09(月) 20:45:36.50

結論、

 
川島は悪くない

 

4 :2018/07/09(月) 20:45:49.90

川島なら3点決められてた

 

5 :2018/07/09(月) 20:45:55.28

スパシッチ良かったなあ
闘志溢れるプレイで好きだわ

 

7 :2018/07/09(月) 20:46:04.36

ドイツの伝説カーン氏、川島永嗣のプレーに苦言。(1失点目は)「GKならチャレンジすべきだった」 「それ以外は良かった」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530569954/

 一方、1失点目の場面については「パンチングの精度が悪かった。また川島はボールがゴールに迫っている時に弾こうという気がなくジャンプもせず早い段階でそのまま見送った。GKなら少なくともチャレンジをするべきだった。それ以外のプレーは良かったけどね」とヘディングシュートへの対応のまずさを指摘した

 

8 :2018/07/09(月) 20:46:17.36

※但し川島は除く

 

11 :2018/07/09(月) 20:47:20.02

猫パンチャーGK川島だけが不利ということは無い

 

12 :2018/07/09(月) 20:47:30.40

川島はそこだけじゃないんだろうけど
これは攻撃側でも恩恵を受けてるならまあしょうがないでしょ

 

15 :2018/07/09(月) 20:48:06.82

公式ボールがアンチ川島だった

 

19 :2018/07/09(月) 20:49:06.17

ウルグアイ戦の2失点目と川島のベルギー戦の1失点目は理由が違うからな
なんでも一緒にしたらあかん
とは言えナバスはそれでも神憑りセーブを連発していたし良い意味でキーパーが注目される大会でもある

 

20 :2018/07/09(月) 20:49:12.25

川島の評価はブレなかった

 

21 :2018/07/09(月) 20:49:25.42

川島のミスもボールのせい!と言いたいところなんだが
そんなに影響を受けるようなシュートを食らった覚えがない

 

24 :2018/07/09(月) 20:50:06.80

大会前の合宿とかでこの球の特性掴むような練習したりしてなかったん?

 

31 :2018/07/09(月) 20:53:46.68

始まる前はぶれにくいっていわれてたのにな

 

34 :2018/07/09(月) 20:54:12.01

今回のGKはチーム泣かせ

 

39 :2018/07/09(月) 20:56:59.70

>>1
> 名門クラブで活躍する名手が、なぜ真正面のシュートを止められなかったのか――

まあミスター川島は遥か下のレベルのプレーしかしてないんだけどねw

 

40 :2018/07/09(月) 20:57:32.30

まあムスレラがやっちゃうくらいだから相当なもんなんだろう

 

45 :2018/07/09(月) 20:58:46.18

いい加減こんな軽いボールやめろよ
だから無回転ばっかり練習してまともなフリーキッカーが生まれなくなった

 

52 :2018/07/09(月) 21:02:00.82

川島には来る球全部ブレ球に見えていた説

 

53 :2018/07/09(月) 21:02:03.03

軽すぎるのはあるけど
選手が狙い通りに蹴れてる印象あるな

 

59 :2018/07/09(月) 21:04:54.06

ボールよりも川島のほうがぶれていた

 

69 :2018/07/09(月) 21:12:15.07

モルテンがいけないの?

 

71 :2018/07/09(月) 21:14:27.74

土肥、今そんなところにおるんや。

 

72 :2018/07/09(月) 21:16:01.47

猫パンチは川島のミスだろw

 

73 :2018/07/09(月) 21:17:13.30

モルテンは日本企業です

 

78 :2018/07/09(月) 21:25:13.38

川島が失点したシュートはブレ球とか関係ないから……

 

86 :2018/07/09(月) 21:32:03.98

ベルギー戦の乾のシュートもそう
ブレでなくシュッと伸びる感じ
あれはキーパーからするともう反応と感覚にズレが出る

 

89 :2018/07/09(月) 21:39:37.66

解説でも前後に伸びるみたいなこと言ってたけど
試合途中でフィールドプレーヤーもボール頻繁に変えてたり
ボールが変なのは間違いなさそう
乾が正確なシュート打つとかも普段見てたら信じられないし

 

103 :2018/07/09(月) 22:48:27.60

乾の無回転はまぐれなん?

 

110 :2018/07/10(火) 01:28:44.89

【ロシアW杯ここに注目】大会公式球「テルスター18」本田蹴りにくい!?ブレ球よりカーブ
https://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180605-OHT1T50358.html

今回の公式球はブレ球に成りずらいボールだぞ

 

112 :2018/07/10(火) 01:45:13.73

日本戦の前半でクルトワも危ないのがあったな

 

116 :2018/07/10(火) 05:28:11.72

ムスレラが対フランス戦でシュートを後逸した時、解説の戸田と福田が「今回のボールはGKの対応が難しいようだ。ボールが横にブレるだけではなく、目の前に急に迫ってくるような感覚があって弾くタイミングが難しい」みたいな話をしていたよ
「ボールの芯を蹴るとよくブレる」とも言っていたかな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531136610/