大迫勇也でも難関、セネガル戦は武藤嘉紀の機動力を活用せよ ロシアW杯

大迫勇也でも難関…セネガル戦は武藤嘉紀の機動力を活用せよ【河治良幸】

■コロンビア戦の勝利の立役者、大迫勇也はセネガルに通用するか?

 ワールドカップ初戦でコロンビアに勝利した日本代表は現地時間24日にセネガルと対戦する。より厳しいデュエル(1対1)が求められる試合になるのは必至だが、特に1トップで出場が見込まれる大迫勇也が挑むのは、セリエA(イタリア)屈指のDFとして知られるカリドゥ・クリバリ、そして196cmの屈強の肉体を誇るサリフ・サネだ。

 コロンビア戦では、自陣でのクリアボールから香川真司が前に蹴ったボールを受けた大迫が相手ディフェンスとの競り合いを制してシュートまで持ち込み、香川のPKを誘発するシュートにつなげた。さらに大迫は自ら決勝点を挙げたCKにつながる粘り強いポストプレーを見せるなど、コロンビア戦の勝利の立役者であることは間違いない。ただ、その彼の力がそのままセネガルにも通用するかと言えば話は変わる。

 クリバリとサネは初戦のポーランド戦でロベルト・レバンドフスキとアルカディウシュ・ミリクという強力な縦の2トップを抑え込んだコンビであり、大迫は基本的には単独でその2人の大男に挟まれる形になる。セネガルは守備の強度が非常に高く、日本が中盤でポンポンとパスを回して翻弄できるような相手ではないため、手数をかけずに大迫にボールを入れていく形も考えられるが、そこからまともに繋がせてくれる相手でもない。

 ハノーバー所属で、同じブンデスリーガ(ドイツ)の強豪シャルケへの移籍が決まっているサネは空中戦での圧倒的な強さを誇る。体格の割に機動力も高いが、大迫は対戦経験がある。一方のクリバリはブンデスリーガにもなかなかいないレベルの選手であり、高くて強いだけでなく技術と老獪さもある。前からボールを奪いにいくだけでなく、カバーリングの能力にも優れる選手だ。

 大迫が2人とまともに競り合ってボールを繋ぐというより、できるだけ高い位置で牽制して、その手前のスペースをトップ下の香川が使い、サイドの乾貴士や原口元気が追い越していくような形を生み出したい。ただ、それでも大迫の強みをダイレクトに発揮することはかなり難しい。

 日本は2トップ気味の布陣にするという方法もあるが、ボランチと2トップの距離が開きすぎるとサイドからのクロスに頼るだけの攻撃に陥り、そうしたクロスはほとんど跳ね返されるだろう。

■大迫のスタメン起用にこだわるな

 そこで、あえて大迫のスタメン起用にこだわらない方法もある。初戦で活躍した選手をベンチに置くのは監督として勇気のいることではあるが、もともと過密日程での総力戦を見越して選んでいるメンバーだ。セネガルのディフェンスに対しては武藤嘉紀の方がハマる可能性が高いと筆者は考える。

 5月30日のガーナ戦ではゴールこそならなかったものの、惜しいシュートを3本放つなど、武藤は存在感を示した。彼の良さは機動力を駆使して相手の間でボールを受けられること。それなりにコンタクトプレーでの強さもあるが、よりストライカーとしてゴールを狙っていきながら、臨機応変に周りの選手を使っていける。一瞬の動き出しで柴崎岳や大島僚太から縦パスを引き出し、セネガルのセンターバックが付いてくればワンタッチで味方にはたくといった選択肢も取れる。

 その武藤でもセネガルのセンターバック2人をかわして決定的なシュートまで持ち込むのは難しいが、かわしきれなくても相手がブロックにきた股下を破るシュートを放つなど、ゴール前の状況に応じたフィニッシュに持ち込むことはできるだろう。実際、武藤はブンデスリーガでサネと対戦した時に、果敢にタックルしてくる足元に隙があると感じたようだ。

 また、武藤は守備時のプレスで大迫を上回るものを出せる。登録メンバー23人の中で武藤、香川、乾、原口という前の4人は“ゲーゲンプレス”とも呼ばれる、攻守が切り替わった瞬間から相手にプレッシャーをかけていくディフェンスに最も適している。そこでボールを奪えれば、相手の守備のズレを狙って動き出し、味方からタイミングよく縦パスが出てくれば、そのままゴール前で勝負できる。

 もちろん、大迫と武藤が2トップで起用されるシチュエーションもあり得るし、ケガから復調気配の岡崎慎司というチョイスもある。いずれにしても、セネガルはコロンビアとも特徴が異なるため、初戦で出番のなかった選手が活躍する余地が大きい。その候補の1人が武藤と考えている。(文・河治良幸)

AERA dot. 2018.6.23 16:00
https://dot.asahi.com/dot/2018062300003.html?page=1

セネガルには武藤嘉紀の機動力が必要だ (c)朝日新聞社
https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2018062300003_1

 

5 :2018/06/23(土) 20:54:37.82

武藤はあまり評価してないが、ガチムチ高身長のセネガルには大迫より武藤の飛び出しの方が通用しそう

 

8 :2018/06/23(土) 21:01:06.79

大迫でいいじゃん、今調子がいい大迫をわざわざ外す必要ないと思う。短期決戦やるしかない、コロンビア戦の勢いのままいってくれ

 

11 :2018/06/23(土) 21:05:56.86

バイエルンのDFより強いんか?

 

19 :2018/06/23(土) 21:27:47.32

クラブでは決定率ある武藤だが代表だと低い

サイドが多かったからか 24試合2点w

 

21 :2018/06/23(土) 21:38:29.53

実は献身的に守備が出来るので、セネガル戦には適している。

 

24 :2018/06/23(土) 21:50:02.32

ケイスケホンダ1トップしかない

 

25 :2018/06/23(土) 21:57:04.56

大迫も守備うまくね?

武藤は確かに大迫よりはスピードあるが、キープ力や繋ぎのパスが大迫より下手な気がする

 

37 :2018/06/23(土) 22:10:44.85

大迫は厳しく当たられるだろうから
そこを上手く逆手に取れれば

 

43 :2018/06/23(土) 22:49:27.20

次は大迫の半端ないミドルが炸裂するよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529754703/