【W杯予選】中国戦でも疑問を感じた森保監督の選手起用 10月の予選で呼ぶべき選手は?

間に合う監督交代

 カタールW杯アジア最終予選の第2節で日本は中国を1-0で下し、今予選初勝利を奪った。

 ***

 2試合を終えてグループBの首位は2連勝で勝点6のオーストラリア(得失点差+4)。2位は同じく勝点6のサウジアラビア(得失点差+3)で、日本はオマーンと同勝点、同得失点差(±0)だが、直接対決で敗れているため4位に甘んじている。

 ともに初戦を落とした日本と中国だったが、両チームのメンタリティーには天と地ほどの差があった。「絶対に勝たないといけない」日本に対し、「何が何でも負けるのだけは避けたい」中国。それが前半の戦いに如実に現れた。

 自陣ゴール前に5人のDFを並べ、中盤の3人も専守防衛。さらにエウケソンとウー・レイの2トップも自陣に戻って守備に加わる。この超守備的な布陣が日本の勝因の1つと言ってもいい。

 これまでの日本は、対戦相手がこの日の中国のように試合前からリスペクトしてくれたため、試合の主導権を握れることが多かった。その勢力図に変化が現れたのは19年のアジアカップあたりだが、こうした“日本はアジアナンバー1”という虚像を打ち砕いたのが日本を倒したオマーンであり、さらに言うなら「日本は恐れる必要はない」とばかりにチームを率いたブランコ・イバンコビッチ監督だった。

 しかし李鉄監督は、前半は失点してもガマンを重ねて動かなかった。このゲームプランに日本は助けられたと言ってもいい。そして後半18分に3人同時交代でアランやアロイージオら帰化した攻撃的な選手を投入して攻勢を強めた。

室屋成への疑問

 すると日本は前半のアドバンテージが雲散霧消する。もしも中国が後半のように前線からプレスを掛けつつ、DFラインも押し上げてコンパクトな陣形を保って試合を進めてきたら、日本はゴールをこじ開けられたかどうか疑問である。

 そして日本の決勝点だが、伊東純也の突破が奏功した。森保一監督は両サイドに伊東と古橋亨梧というスピードスターを起用した。しかし2人の俊足を生かすというよりは、彼らがインサイドに入ることでアウトサイドにオープンスペースを作り、そこを室屋成と長友佑都の両SBが攻撃参加するというプランを採用した。

 しかし室屋は1対1になっても一度もドリブル突破を仕掛けずバックパスに終始。長友もアーリークロスは何度か供給したものの、タテに仕掛けるドリブルは皆無だった。ところが前半40分、伊東が初めてドリブル突破を仕掛けてサイドを崩す。これにより中国DF陣が混乱したからこそ大迫勇也もフリーになれた。

 伊東はそのシーンを「サイドバックが高い位置を取るようにして、そこに任せていたので自分はなかなかサイドでボールを受けられるシーンがなかった。そのなかで、やっぱり自分が行った方がいいかなと思って、サイドで仕掛けてクロスを上げた」と振り返る。

ドリブラーを起用しない謎

 裏を返せば、当初のゲームプランはハマらなかった。そこで伊東が機転を利かせたことになるが、「そんなことはサッカー選手なら当たり前だろ」とも思ってしまう。このコメントは、決して美談にしてはならない。

 そもそも足元から足元にパスをつないで相手DF陣を崩せるチームは、最近では東京五輪のスペインくらいだろう。ドリブルで勝負して相手を剥がすから、数的優位な状況は生まれる。実際、久保建英は右サイドでリターンパスを受けるとドリブルで持ち込み、決定的なシュートを2本放っている。

 引いて守りを固める相手にはPKの獲得を含めてドリブラーが有効だとオマーン戦の原稿でも書いたが、なぜ森保監督は中国が守備を固めてくることを予想しながらドリブラーを起用しないのか不思議でならない。コンディション次第ではあるが、10月の予選では三笘薫を招集して欲しい。

 日本に勝点3をもたらす決勝点を決めたのはエースの大迫だった。伊東のクロスを足の裏で押し込むアクロバチックなシュートだった。前半38分、伊東のヨコパスから左ポストを叩いたシュートの方がはるかに簡単だと思うが、ここらあたりがストライカーの習性かもしれない。

森保監督への“検証”が必要

 そんな大迫だが、オマーン戦に続きポストプレーやタテへの抜け出しは相手の足に引っかかり、中途半端なプレーに終わることが多かった。まだコンディションがベストではないのか。こちらは神戸でのプレーで見極めるしかないだろう。追加招集したオナイウ阿道のプレーも見たかったが、負傷(古橋と長友)と累積警告(伊東)により3回の交代枠を使ったため起用するチャンスがなかったのは残念だった。

 日本は10月7日にアウェーでサウジアラビアと、12日に埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦する。グループBの上位対決だけに、「前半戦のカギになる。しっかり叩いて勝点6を取らないといけない」とキャプテンの吉田麻也が力説するのも当然だ。

 そこで気になるのは、やはり2試合で1ゴールに終わった攻撃陣である。18年ロシアW杯以来、不動のエースである大迫の好不調に左右されるようでは先行き不安だし、固定メンバーによるスタメンの高齢化も気になるところだ。

 東京五輪代表という2つのカテゴリーのチームを率いた森保監督には、最終予選という“修羅場”を通じてチームの若返りを期待したい。アジアの最終予選で結果を出すだけで汲々としているようでは、カタールの本大会でベスト8に進出するのは夢物語と思うからだ。

 そして前回のロシアW杯では直前でヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を打ち切ったように、日本サッカー協会は森保監督でW杯を戦えるのかどうか、最終予選の1試合1試合でしっかり検証して欲しい。

 中国戦は辛勝したものの、10月の2試合で結果が出なければ監督の交代もやむを得ないだろう。そのための準備を今から進めているのかどうか。むしろ、こちらの方が気になる。

 急場しのぎに反町康治技術委員長が代表監督にスライドすることだけは止めて欲しい。できれば選手同様、ヨーロッパの最先端のトレンドを把握している外国人監督が個人的には理想だ。もちろんW杯予選が再開され、各国リーグも新シーズンに入ったばかりなので有望な適任者がいるのかどうか不明だが、日本サッカー協会には準備だけはしっかりと進めて欲しいものだ。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮 9/10(金) 11:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/51010c981cfb9f83c5aa4ad15e2de4a9851e59cf?page=1


 

3 :2021/09/10(金) 12:24:13.24

大迫よりオナイウ、柴崎より遠藤かな

 

9 :2021/09/10(金) 12:29:08.29

鈴木優磨

 

10 :2021/09/10(金) 12:30:04.48

左に相馬呼べ

 

17 :2021/09/10(金) 12:41:47.45

>>10
連携確認する練習時間とれないから相馬みたいな選手のほうが良いかもね

 

11 :2021/09/10(金) 12:30:06.34

五輪最後で覚醒した三苫をよべよ

 

13 :2021/09/10(金) 12:34:04.12

交代枠を余らして使わないんだから海外組を必要以上に呼ぶなよ

 

15 :2021/09/10(金) 12:37:37.74

佐々木はもういい
サンフレ枠だとしても別のいないのかよ

 

16 :2021/09/10(金) 12:38:47.59

>>1
カウンター要員の伊東と古橋いないの痛い

 

18 :2021/09/10(金) 12:44:42.98

坂元

 

22 :2021/09/10(金) 12:50:18.04

五輪で呼んだ選手はもう力を分かってるはず

 

25 :2021/09/10(金) 12:59:31.99

選手選考以前の問題だろ
コーチの内部昇格でも何でもいいからとりあえず監督変えろ

 

26 :2021/09/10(金) 13:05:52.84

怪我した古橋とサウジ戦出停な伊東の代役をどうするかだな。
前田大然呼びそうだけど、実際使いそうなのは浅野ってあり得るな。

 

30 :2021/09/10(金) 13:20:41.90

まず森保枠の佐々木の招集をやめろ。

 

32 :2021/09/10(金) 13:25:01.44

呼んでほしい選手というより呼んでほしくない選手がいっぱいい過ぎてな
大迫、原口、柴崎、長友、植田はもう見たくない

 

33 :2021/09/10(金) 13:25:53.50

浦和のあきもと呼べ

 

34 :2021/09/10(金) 13:26:11.97

南野がいればなんとかなるだろ

 

35 :2021/09/10(金) 13:28:38.32

>>34
ここ最近は鎌田大迫南野で攻撃成り立ってたからね

 

36 :2021/09/10(金) 13:30:34.87

>>34
さらに一月試合から遠ざかりそうだから
長友みたいになるかもな

 

41 :2021/09/10(金) 14:00:34.59

詳しく追って無いから現状を知らんのだけどなんで三笘はクラブの試合に出てないんだ?コンディション?

 

45 :2021/09/10(金) 14:28:28.95

>>41
五輪後に移籍発表で合流もかなり遅かったからでしょ
田中碧はACLにも出なくてデュッセルドルフに合流してなかったか?

 

51 :2021/09/10(金) 15:20:35.48

アジアレベルならコンディションさえ整っていれば代表クラスの誰を出しても勝てるはず
名前だけでコンディションの見極めができないから負けるし苦戦する

 

73 :2021/09/11(土) 13:41:00.51

五輪世代呼んで世代交代してもらいたいわ
少なくとも、左の相馬中山コンビは原口長友より上だろ

 

78 :2021/09/11(土) 14:09:56.84

相馬は相馬で突破やクロスがワンパターンだな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631244137/
このエントリーをはてなブックマークに追加