日本代表オマーン戦出場全14選手「パフォーマンス査定」 悪夢の黒星で唯一の及第点は?

W杯アジア最終予選初戦でオマーンに0-1敗戦 出場メンバー14選手を5段階査定

 森保一監督率いる日本代表は、2日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選初戦でオマーンと対戦。ホームで幸先の良いスタートを切りたいところだったが、スコアレスの展開が続いたなか、試合終了間際に失点して0-1と黒星を喫した。

 FIFAランク79位のオマーン相手にミスが散見され、デュエルでも負けるシーンが目についた日本。各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか。出場14選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■権田修一(清水エスパルス)=★★☆☆☆

 オマーンがシンプルに放り込んでくるクロスやミドルシュートに冷静に対処し、後半15分にはDFアリ・スライマン・アルブサイディのゴールライン際からのクロスを顔面で弾く気迫を見せた。ただ、失点シーンはニアを警戒していた分、飛び込んできたFWイサム・アブダラ・アルサビのシュートに対応しきれなかった。

(出場なし)
川島永嗣(ストラスブール)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)

<DF>
■酒井宏樹(浦和レッズ)=★☆☆☆☆

 フィジカルの強さや右サイドハーフの伊東との連携が見られる場面はあった。しかし、前半13分にMFアルマンダル・アルアラウィのドリブルに遅れを取ってシュートを放たれ、後半6分にはオマーンMFアブドゥラ・ファワズに縦への突破を許して、一時はPK判定が下るピンチ(VARの確認の末にPK取り消し)に関与。失点シーンにも絡み、試合後にはオーバーエイジで参加した東京五輪からのオーバーワークが配慮されてチームを離脱した。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★☆☆☆

 相手に競り負けない空中戦、体を張ったブロック、懸命なラインコントロールとキャプテンとして奮闘。失点シーンではクロスのキッカーをケアしていたために、背後のゴール前に飛び込んできた選手まで対応が及ばず、ネットを揺らされた瞬間に思わず頭を抱えた。試合後の「負けるべくして負けた」という言葉に、悔しさが凝縮されている。

■植田直通(ニーム)=★☆☆☆☆

 冨安健洋がアーセナル移籍で合流が遅れたことで出番を得たが、植田にとって悔しさだけが残る試合となった。後半13分にトラップミスでカウンターを食らい、その後の対応でも一度動きを止めてしまい、チャンスを献上。トドメは、ペナルティーエリア内で酒井との連携が取れずに決勝ゴールを決められ、ポジティブな要素を見つけるのが難しかった。

■長友佑都(無所属)=★★☆☆☆

 代表通算126試合目、無所属の影響を感じさせない豊富な運動量とエネルギッシュなスプリントで健在ぶりを発揮。後半6分にペナルティーエリア内でハンドを取られ、PK献上かと思われたが、これはVAR判定の末に取り消しで事なきを得た。ただ、決勝ゴールを取られたシーンでは、相手のパスワークに釣り出され、サイドのスペースを使われてしまった。

(出場なし)
室屋 成(ハノーファー)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
中山雄太(ズウォレ)
昌子 源(ガンバ大阪)
山根視来(川崎フロンターレ)

原口が空回りするなど攻撃陣が機能せず

<MF>
■柴崎 岳(レガネス)=★★☆☆☆

 2021年初の代表戦は、前半7分にミドルでチーム最初のシュートを放つなど、アグレッシブさが印象的だった。守備でも鋭いスライディングでボールを奪い、ピンチを未然に防ぐなど、苦しい試合展開の中でも奮闘していたが、決勝ゴールを奪われたシーンではクロスを上げた選手にプレッシャーをかけられず、失点につながってしまった。

■遠藤 航(シュツットガルト)=★★☆☆☆

 守備では相変わらずの球際の強さで“デュエル王”ぶりを発揮していたが、攻撃に関してはオマーンの鋭い寄せで何度も潰され、くさびを打ち込むことができず。比較的簡単なパスでボールロストするシーンも散見され、中盤を支配しきれなかった。

■伊東純也(ヘンク)=★★☆☆☆(→後半18分OUT)

 日本の最大にして唯一とも言える決定機だったのが、前半28分に吉田からのロングボールを受けた場面。ペナルティーエリア内で相手選手2人にマークされながら、右足で放ったシュートは惜しくもGK正面だった。東京五輪後、PSVで実戦機会を得ていない堂安との差を見せたいところだったが、この日はクロスの精度も上がらずに終わった。

■鎌田大地(フランクフルト)=★★☆☆☆(→後半25分OUT)

 オマーンのマークが厳しく、密集地帯で思うように前を向いてボールを持てず。フリックやスルーパスで攻撃のスピードを上げるシーンもほとんどなく、トップ下としての役目を果たせなかった。

■原口元気(ウニオン・ベルリン)=★☆☆☆☆(→ハーフタイムOUT)

 南野の欠場もあってスタメンに名を連ねたが、縦への仕掛けやカットインが完全に空回り。ボールロストからカウンターを受ける場面もあり、前半45分間だけで古橋と交代になった。本人としては、不完全燃焼の極みだろう。

頼みの大迫が相手の徹底マークで沈黙…好調・古橋もチームを救えず

<MF>
■堂安 律(PSV)=★★★☆☆(←後半18分IN)

 右サイドに入り、トップ下の久保、1トップの大迫との連携で攻撃を活性化。後半28分、ペナルティーアーク付近の柴崎へ斜めのパスを入れてのパス&ゴーはギアを上げるスイッチとしてスパイスになったが、決定機演出まではできなかった。

■久保建英(マジョルカ)=★★☆☆☆(←後半25分IN)

 トップ下に入り、果敢に縦パスを狙うも、オマーンの守備を崩すには至らず。後半24分に仕掛けたドリブルも、DFアムジャド・アルハルティに体を入れられて封じ込まれた。久保本人としては、もう少しプレー時間がほしかったところだろう。

(出場なし)
南野拓実(リバプール)

<FW>
■大迫勇也(ヴィッセル神戸)=★★☆☆☆

 7年ぶりにJリーグ復帰となって迎えた初の代表戦は、我慢の90分間だった。センターバックとボランチで挟みにくるオマーンの徹底マークにボールが収まらず、前半途中からは時にサイドに流れてチャンスを伺ったが、シュートは後半20分にペナルティーエリア外から狙ったミドル1本のみで、好調時の神通力が感じられなかった。

■古橋亨梧(セルティック)=★★☆☆☆(←ハーフタイムIN)

 セルティックでの自信を引っ提げて、初となるW杯最終予選のピッチへ。左サイドで攻守に走り回り、後半5分にはゴール前のこぼれ球に反応してシュートを放ったが、相手のブロックに遭って得点ならず。横パスの威力が弱く、オマーンにカットされかける場面もあるなど、及第点には至らないパフォーマンスだった。

Football ZONE web 9/3(金) 6:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c51bd59f6af9c7809d3e8e3e3af5c9678e6ee0f4?tokyo2020

日本代表オマーン戦出場全14選手「パフォーマンス査定」【写真:高橋 学 & Yukihito Taguchi】
https://news.yahoo.co.jp/articles/c51bd59f6af9c7809d3e8e3e3af5c9678e6ee0f4/images/000


 

4 :2021/09/03(金) 19:58:01.44

植田、柴崎、鎌田あたりは星なしでいいだろ
2度と呼ぶなよ

 

5 :2021/09/03(金) 19:58:30.37

いとじゅんは結構良かったと思うけどな

 

8 :2021/09/03(金) 19:59:52.62

どいつこいつもスター性がないし小粒

 

9 :2021/09/03(金) 20:05:08.41

唯一の及第点が堂安だったのか

 

12 :2021/09/03(金) 20:07:47.72

いやいや堂安は無いわw

 

15 :2021/09/03(金) 20:13:35.85

泥臭くゴールを狙う岡崎タイプが欲しかった
昨日は本当に

 

16 :2021/09/03(金) 20:14:52.43

まあ昨日のこれよりはマトモだな

 

権田修一 6.0 失点シーンは仕方なし。クロスボールなどへの対応は問題なかった
酒井宏樹 5.5 とくに後半は軽い対応が多く見られた。普段と比べると安定感を欠いていた
植田直通 5.0 失点シーンではマークを外した。課題であるビルドアップ面でも不安をのぞかせた
吉田麻也 6.0 地上、空中問わず対人戦で強さを誇示。ボックス内での対応も落ち着いていた
長友佑都 6.0 運動量豊富に動いた。左サイドを簡単には破られず、後半には惜しいクロスも
遠藤航 6.5 難しい試合の中最後まで躍動感を失わなかった。デュエルの強さも当然ながら◎
柴崎岳 5.5 久々の代表戦。前半は攻守において存在感も、後半にペースが落ちたのは残念だった
伊東純也 5.5 前半はまずまずの出来も後半に失速してしまった。スピードもそれほど活きず
鎌田大地 5.5 ボールに触れられず消えている時間が多かった。少し残念な結果に
原口元気 5.0 チャンスに絡めず、1対1でもなかなか勝てず。長友佑都との連係も悪かった
大迫勇也 5.5 前線で身体を張るも相手の厳しいマークに苦戦。怖さはやや足りなかった

 
古橋亨梧 5.5 何度か良い仕掛けを見せるも、チャンスにはそれほど絡めなかった
堂安律 5.5 難しい時間の中ピッチに立った。入りはスムーズだったが、流れは変えられず
久保建英 5.5 出場時間の問題もあるが、目立つシーンは限られた

森保一 5.0 試合の入りから何も修正できず。ズルズルと時間を進め黒星発進となった

https://news.yahoo.co.jp/articles/124e6b47fc0ee7155df65e7a4248ec1b1be097aa

 

18 :2021/09/03(金) 20:15:33.90

前線が昨日はひどかった
https://www.sofascore.com/oman-japan/vVbsMVb

 

23 :2021/09/03(金) 20:20:16.10

森保はマイナス評価だぞ

 

35 :2021/09/03(金) 21:06:53.51

いつもどおりだったの伊東くらいだったな

 

36 :2021/09/03(金) 21:07:49.63

所属クラブで安定的に長い時間プレーしてない選手はやっぱダメだわ
もう柴崎とか勘弁してほしい

 

44 :2021/09/03(金) 21:21:44.55

何であのGK3人で権田1stチョイスなん

 

49 :2021/09/03(金) 21:25:49.48

柴崎は星0だろ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1630666560/
このエントリーをはてなブックマークに追加