「ここが差か......」中村俊輔が感じた日本と強豪国の違い。世界との距離感は「今が一番、難しいところ」

中村俊輔(横浜FC)インタビュー@後編

 真夏の東京で行なわれたオリンピックのサッカーで、U-24日本代表はロンドン五輪に続き、メダルにあと一歩手が届かず4位に終わった。彼らがピッチで見せた内容、残った結果にはさまざまな反応があったなか、43歳になった中村俊輔(横浜FC)はどのように捉えたのだろうか。

「日本サッカーとして進歩は絶対している。そんなに一気には変わらないし、全然ネガティブな結果ではないと思うよ」

 目の前の現実をどう受け止めるかは、中村が言うように、どんな時間軸で見るかによっても変わってくるだろう。

 振り返れば中村がセリエAのレッジーナに渡った19年前は、日本人選手がサッカーの本場ヨーロッパに移籍するだけで国中が湧き立つような時代だった。それが令和の現在、オリンピック代表のほとんどが海外組で構成され、「目標は金メダル」と本気で口にできるところまで来ている。

 自国開催の東京五輪で日本U-24代表が健闘したのは間違いない。しかし、最後は準決勝でスペイン、3位決定戦でメキシコに連敗して幕を閉じた。加えて敗戦の記憶を強くしたのが、MF田中碧(デュッセルドルフ)の言葉だった。

「個人個人でみれば、別にやられるシーンというのはない。でも、2対2や3対3になる時に、相手はパワーアップする。でも、自分たちは変わらない。コンビネーションというひと言で終わるのか、文化なのかそれはわからないが、やっぱりサッカーを知らなすぎるというか。僕らが。彼らはサッカーを知っているけど、僕らは1対1をし続けている。そこが大きな差なのかな」(『スポーツ報知』より)

 サッカーを知らなすぎる----。若手選手が語ったこの言葉を、中村はどう感じたのだろうか。

「"俺が勝負してやる"というのは、トライとしては悪くないと思う。結果として抜けないと、それは周りから言われるよね。メキシコ戦では個々が突っ込みまくって横パスして、(三笘薫が)切り替えて1点とった。ああいうことも起こるから、一概に突っ込むことがいいとか、悪いとかは言えない。

でも、もう少し工夫して突っ込む時と、外から上がってきた選手を使う時があってもよかったと思う。酒井(宏樹)君が右サイドを上がってきて、待っていることが何回もあった。うまく使えればよかったよね。それがうまいのがメキシコとスペイン。ここが差か......というのがわかったと思う」

 中村自身、世界との距離感を知らしめられたことが、サッカーを追求する原動力のひとつになっている。

 2002年日韓W杯の日本代表メンバーから土壇場で外れ、自身をレベルアップさせようとイタリアのレッジーナに新天地を求めた。それからスコットランドのセルティックで経験を重ね、迎えた2006年W杯ドイツ大会。グループリーグ最後のブラジル戦で、世界トップに猛烈な差を見せつけられた。

「レベルが全然違うなって感じて、『ブラジルはサッカーが染みついている』という言葉を使った。とにかく引き出しが多かったから。東京オリンピックの日本代表も、そんなことを感じたんじゃないかな」

 1993年のJリーグ誕生以降、日本サッカーは急速に成長してきた。それはW杯で3回達成したベスト16という結果に表れているだろう。

 一方、W杯の常連となったなか、どうしても越えられない壁がある。昨年には世界とJリーグの差について内田篤人(元鹿島アントラーズ)が引退会見で口にし、酒井高徳(ヴィッセル神戸)のインタビューも話題になった。それ以前には、2015年から2018年まで日本代表を率いたヴァイッド・ハリルホジッチは選手たちに"デュエル"を強く求めている。

 果たして中村の目に、世界との距離感はどう見えているのか。

「まず、日本代表とJリーグは違うからね。ましてや今、代表は海外組がほとんどだし。そのなかで日本代表の選手たちは海外の考え方をわかってきたと思う。たとえばデュエルも、ボールをずっと持っていれば関係ないし。チームで相手をハメてパスカットすれば、デュエルは関係ないしね。

難しいのは、日本のレベルが上がったこともあると思う。W杯でもベスト16から8を狙うところまで来た。今が一番、難しいところだよね」

 世界のトップがぼんやりと見えながら、同時に埋められない差を皆が感じている。だからこそ、歯痒いコメントがあちこちから聞こえてくるのだろう。

 個々の選手について言えば、前述したように、中村が海を渡った19年前と今では取り巻く環境が大きく変わった。若手選手が当たり前のようにヨーロッパでプレーするようになったが、それは果たして日本人選手がレベルアップした証と言えるのだろうか。

「当時、もっとマーケットが開いていたら、多くの日本人選手が向こうに行っていたと思う。今みたいに"ゼロ円"で移籍していいとなると、自然と機会は増える。当時も能力を持っていた人は、いっぱいいたと思う」

 そう言うと、中村は視線を遠くに向けた。

「多くの選手が海外でプレーするのは、すごくいいことだと思う。向こうで環境が変わると、ハングリーになるしかないから。自立して、プレーに力がみなぎっている選手がいるじゃん? ああいう選手はJリーグでは作れない。

 紅白戦でも、海外では寄せのスピードが全然違うし。みんな、『俺が一番だ』という感じで臨んでくるからね。それと比べると、日本の練習はぬるいところがある」

 レッジーナでは3連敗したあと、スーパーマーケットで買い物をしている時にサポーターから怒鳴りつけられたこともある。駐車場に戻ったら、クルマにイタズラをされていた。結果を残せなかったことへの腹いせに違いない。

 セルティックでは、勝てなかった試合後は外食を控えた。常勝を義務づけられ、勝ち点3をとれなかったあとには、外でリラックスすることもはばかられるような世界だった。

「周りのサッカーに対する視線が、日本とは違うからね。死に物狂いさが違う。そうした環境自体は変えようがないから、逆に選手や指導者がどんどん出て行くしかない。そうしていけば、日本代表が1歩、2歩、もっと先にいけるかもしれない」

東京五輪では4位に入った一方、スペインとメキシコに力の差を見せつけられた。目標からすると決して満足のいく結果ではないが、下を向く必要はまるでないと中村は言う。

「今回もメダルを獲れなかったけど、日本サッカーは少しずつ前に進んできている。オリンピックメンバーでさえも海外組ばかりになるくらいだからね。置かれている状況に応じて、日本は進歩している。よくやっていると思うよ。明るい材料のほうが多いから、全然大丈夫だと思う」

◆J1後半戦、気になる選手は誰?中村憲剛と佐藤寿人にイチオシを聞いた>>

 U-24日本代表の選手たちにとって、オリンピックは通過点にすぎない。たとえば世界トップとの差を実感した田中は、この夏、活躍の場をドイツに移す。欧州リーグが日常の舞台となり、あらためて感じることが多くあるはずだ。

 東京オリンピックで積んだ経験値を、ひとりでも多くの選手が未来への糧にできるか。そうすることができれば、この夏の悔しい記憶は意義を増していくことになる。

中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke

webスポルティーバ 8/20(金) 6:35配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/22aea2624617eb8937b24aa0e875f7089c19045a

中村俊輔はレッジーナやセルティックなどで多くの経験を積んだ
https://news.yahoo.co.jp/articles/22aea2624617eb8937b24aa0e875f7089c19045a/images/000




8 :2021/08/25(水) 06:40:08.42

海外のサポーターの民度の低さが逆にプレッシャーとして機能するとわ面白いね



11 :2021/08/25(水) 06:42:56.89

ニュージーランドに組織で負けてるからどうしようもない



24 :2021/08/25(水) 06:53:17.32

相変わらずの決定力不足が海外との差だろ
強豪国には常にトップにスーパーなFWが存在する



25 :2021/08/25(水) 06:54:29.56

今年優勝したイタリアにはスーパーFW居なかったけど



26 :2021/08/25(水) 06:54:32.16

納得いく話ばかりだが デュエルの話だけは同意できないな



29 :2021/08/25(水) 06:58:10.34

結局はJリーグがどれだけレベル上げられるかが重要



31 :2021/08/25(水) 07:02:40.85

必死さっていうのは環境が係る部分が多いもんな
中国サッカーがグデグデなのと一緒



34 :2021/08/25(水) 07:04:20.41

ノーサンクスオールライト



39 :2021/08/25(水) 07:15:05.88

俊輔が蹴るコーナーキックの期待感が今の代表にはないんだよ



41 :2021/08/25(水) 07:16:45.29

>>1
>個人個人でみれば、別にやられるシーンというのはない。

いや個で負けてるだろ
その差だよ



54 :2021/08/25(水) 07:31:07.16

今後もフリーキッカーだけは中村を越える選手は出て来ない



55 :2021/08/25(水) 07:31:26.58

監督の差も大きいと思うんだけどなぁ
森保にはポストプレイヤー置かないと戦術作れないのかと思ってしまう



86 :2021/08/25(水) 07:57:02.72

まだ日本は主力と控えとの差がありすぎる
控えがJリーグレベルだからな



93 :2021/08/25(水) 08:01:53.60

>>86
これ
メキシコ戦負けたのも結局は消耗が原因



101 :2021/08/25(水) 08:11:15.84

今回の五輪チームはあのメンツと準備期間ならもっと面白いサッカーやって結果もついてきてほしかったな
今までは個が足りなかったけど今回は個よりも指導者側の質が足りなすぎた



113 :2021/08/25(水) 08:19:02.97

今大会の全体的な話で言うならむしろ一対一は勝ってたからな
今までは個で勝てないから試合に勝てないって結論付けられてたけど
今回個で勝てるのに試合で勝てなかったのは案外次のステージに行けるステップになると思う



115 :2021/08/25(水) 08:21:15.05

>>113
個のゴリ押しで点取られまくってた頃と比べたら雲泥の差だわな



141 :2021/08/25(水) 08:49:17.99

FWの差だろ、5大リーグで毎年二桁取るようなの出てこない



142 :2021/08/25(水) 08:51:19.93

足元の技術の差が圧倒的だったの間違いね
ここが一番大きかった



148 :2021/08/25(水) 08:55:30.69

俊ちゃんもうそろそろ指導者の道へ進んでくれ



188 :2021/08/25(水) 10:02:50.42

スペイン戦でチームとしての守備戦術に圧倒的な差があるのが分かったろ
スペインはボールホルダーに対しての位置取りが徹底されてた

ポイチはスタメンで配置決めたらあとはそれがハマるのをお祈りするしかない



192 :2021/08/25(水) 10:15:47.09

俊輔も憲剛もデュエルに苦手意識もってそうだからそこは割引いて考えたほうがいいとおもう



218 :2021/08/25(水) 10:49:30.89

選手はレベルアップしてきている
監督がボトルネック



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1629840362/
このエントリーをはてなブックマークに追加