三笘薫はベルギーで躍動できるか。新天地の現状や指揮官の思惑、起用ポジション、出番の可能性について 5節を終えた時点で3勝2敗の4位と幸先よいスタート  スコットランドのセルティックでは古橋亨梧が際立つ活躍を見せ、ドイツのデュッセルドルフでデビューを飾った田中碧には上々の評価が与えられた。フランスのトゥールーズで開幕から試合に絡むオナイウ阿道は先日、待望の移籍後初ゴールを決めた。  今夏に海を渡ったサムライたちが着々と欧州でのキャリアを刻むなか、三笘薫はどうか。川崎フロンターレからイングランドのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンに完全移籍を果たし、今季はレンタルでベルギーのロイヤル・ユニオン・サンジロワに所属する。  新天地はどんなクラブなのか。出番を得ることはできるのか。「サッカー選手としてもっともっと成長していきたい」と誓い、新たなステージを求めた24歳の現在地と今後について。 ――◆――◆――  ベルギーリーグ優勝11回を数える名門ロイヤル・ユニオン・サンジロワ(以下、ユニオン)が48年ぶりに1部リーグ復帰を果たし、ベルギーメディアは「モニュメントの返り咲き」と記した。ベルギーサッカー界において、ユニオンというサッカークラブは存在そのものが記念碑なのだ。  1903−04シーズンに初優勝したユニオンは4連覇を達成。1933年から35年にかけて、彼らは60戦無敗という記録を達成し、『ユニオン60』という異名とともに歴史に名を刻んだ。  1919年に完成したホーム・スタジアム「スタッド・ジョセフ・マリアン」も“モニュメント”にふさわしい。ブリュッセル南部の住宅地街に面するメインスタンドは当時のはやりのアールヌーボー様式だ。両ゴール裏とバックスタンドはデュダン公園の緑に囲まれている。1920年に開催されたアントワープ・オリンピックでは、ここでサッカー競技の3試合が行なわれた。    アンデルレヒト(34回優勝)、クラブ・ブルージュ(17回優勝)に次ぐ優勝回数を誇るユニオンだが、最後に優勝したのは1934−34シーズンのこと。73−74シーズンに4度目の2部降格の憂き目にあってから48年間、彼らは2部リーグ、3部リーグ、4部リーグで過ごしていた。  ユニオンが上向き出したのは2018年、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの傘下に入ってから。ベルギーの2部リーグ所属クラブとしては上々の資金を使えるようになったユニオンは、トップチームの練習施設を40キロほど離れたリールに移し、プロサッカークラブとしての環境を整えた。昨季は、シャルルロワの名将としてならしたフェリチェ・マッズを指揮官に招へいし、2位セランに勝点18もの大差を付けて2部リーグで優勝して自動昇格を勝ち取った。  今季のユニオンは開幕戦でアンデルレヒトとのダービーマッチを3-1で制し、5節を終えた時点で3勝2敗の4位と幸先よいスタートを切っている。そのキーワードは「継続性」だ。替えの効かない昨季の中心選手の中で、退団したのはMFマティアス・フィクセル(現コルトライク)のみ。システムは3-5-2を今季も踏襲している。  開幕から5試合、マッズ監督は先発を固定し続けているが、この11人は全員、昨季もユニオンでプレーした選手である。 左ウイングバック、あるいは2トップの一角か  夏の補強がなかったわけではない。しかも、ベルギー1部リーグでの実績を十分持つ選手を複数人獲得し、右SBバルト・ニーウコープのように、オランダリーグ優勝やCL出場経験のある選手も獲った。しかし、マッズ監督は「たとえ世界ナンバーワンの選手がチームに加わったとしても、いきなりレギュラーになることはない」と昨季のメンバーに全幅の信頼を置いている。  これまでのところ、2年越しのオートマティズムは1部リーグの舞台で当たっている。なかでも昨季、19ゴール・8アシストを記録したダンテ・ファンゼイル、17ゴールを挙げたデニス・ウンダフの俊足2トップは1部リーグでも驚異のコンビだ。  5節を終えた時点でファンゼイルは2ゴール・3アシスト、ウンダフは4ゴール・2アシストという立派な数字を残している。第5節のメヘレン戦(3-1でメヘレンの勝利)ではキックオフからわずか13秒で2人のコンビが炸裂し、ファンゼイルが電光石火の先制弾を決めている。  チームのストロングである2トップを活かすべく、どんどん縦に速いパスを送るユニオンにおいて、攻守のつなぎ役のキャスパー・ニールセン、タメを作ったりリズムを変えられるテディ・テウマ主将のセントラルMFコンビは秀逸だ。  ブライトンに籍を置き、今季いっぱいユニオンに貸し出される三笘薫は、戦術がある程度固まったチームの中で自身の特色を出す必要がある。マッズ監督は「私も見たうえで、役員会で彼の獲得を決めた」とベルギーメディアに語っている。    8月13日付けの全国紙『ヘット・ニーウスブラット』は三笘のユニオン入団を『スペクタルは保証されている』と見出しを打ち、川崎フロンターレで30ゴール・19アシストを決めた前途有望のドリブラーであることを紹介している。 「課題もある。それは守備面。ときおりタスクを見失ってしまう。マッズ監督が厳しく指導することになるだろう。ヨーロッパのサッカーと生活に慣れさせるため、ブライトンは三笘をユニオンにレンタルしたのである」(『ヘット・ニーウスブラット』紙より)  三笘獲得発表の前日、ユニオンは左ウイングバックのアーロン・シグルダルソン(現ACホーセンス)の退団を発表した。このことから三笘が現在レギュラーのロイック・ラプサンや、控えのマテュー・ソリノラと左ウイングバックのポジションを競うことになると見る向きがある。また、2トップの一角として試される可能性も大きい。  マッズ監督は現在採用しているメンバー固定戦略について「いずれ負傷者、疲労、調子の低下などでスタメンを組み替える必要が出てくる。私は控えの選手のメンタルにも気を配りながらやりくりしていきたい」と語る。三笘もまずは控えとしてスタートし、虎視眈々とレギュラーの座を目指すことになるだろう。 取材・文●中田徹 SOCCER DIGEST Web 8/23(月) 17:10配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/3bfdc652e03c5a2d6e8c52a73d8a285570c2d272 東京五輪後にベルギーに渡った三笘。新天地で躍動できるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影) https://news.yahoo.co.jp/articles/3bfdc652e03c5a2d6e8c52a73d8a285570c2d272/images/000
  6 :2021/08/23(月) 22:45:00.98 内容のあるオランダベルギーの記事は やはり中田徹か wgないチームなんや   7 :2021/08/23(月) 22:50:29.76 余裕だろw   11 :2021/08/23(月) 22:54:23.84 システムが3-5-2で2トップが昨シーズンから結果出してる2人だから 使われるとしたらウイングバックでしょ いきなりすごいとこ放り込まれたなw   12 :2021/08/23(月) 22:55:19.80 3-5-2ってどこもできひんやん   21 :2021/08/23(月) 23:02:41.00 三笘は個の力があるから大丈夫でしょ 守備が駄目だから監督によっては干される可能性はあるけどね   22 :2021/08/23(月) 23:02:46.51 433の左WGのスペシャリストで勝負してくのも面白いけど 監督からしたら色々出来たほうが使いやすいし、WBやFWポジ勝ち取ってそこで幅広げるのもいいね   28 :2021/08/23(月) 23:06:48.52 三苫のドリブルは大好物 どの国でもスタイルを貫いてくれ   29 :2021/08/23(月) 23:07:52.30 伊東純也で無双できるなら余裕で通用するよ   44 :2021/08/23(月) 23:26:05.53 守備がもうちょい出来ればなあ 3-5-2だと出るとこないわ   45 :2021/08/23(月) 23:26:45.61 3バックは動かせないにしても 3-4-3にして左ウイングで使ってもらえれば 多分このクラスなら結果出せると思うけどな しかしウイングバックは厳しいな DFラインに吸収される時間帯も出てくるし   47 :2021/08/23(月) 23:30:32.22 欧州に三苫旋風が吹き荒れると思うわ   51 :2021/08/23(月) 23:34:10.21 ベルギーならスペースあるしドリブルは活きる それ以上のリーグではどうかな 守備次第かな   55 :2021/08/23(月) 23:38:33.87 WBだと関根パターンも有り得るな 一対一の守備が上手くないと信用されない あと足元で貰ってドリブルは上手いけどWBだと位置が低いからそこで奪われたら即ピンチになる場合が多い どちらかと言うとオフザボールの縦の無駄走りが重要   60 :2021/08/23(月) 23:44:18.58 そもそも三笘ってスタミナあるタイプじゃないでしょ アップダウンしまくるWBとかできるんかいな   62 :2021/08/23(月) 23:48:57.22 3-5-2だとどこが適正なんや?3バックのチームが増えてる時流だからうまく適応できるといいな   63 :2021/08/23(月) 23:50:17.71 案外2トップの一角みたいになったりして   66 :2021/08/23(月) 23:54:47.36 やれなきゃだめだろ   82 :2021/08/24(火) 00:08:30.97 >>1 不動のレギュラーのファンゼイルとウンダフの俊足2トップが攻撃の核で 実質空いてるところは左ウィングバックのポジションのみって結構難しい立ち位置だな 慣れない左ウィングバックでレギュラー目指すかFWの控えとして少ないチャンスで勝負することになるのか   86 :2021/08/24(火) 00:11:03.22 辺境リーグ別選手の市場価値 https://www.transfermarkt.com/wettbewerbe/europa ロシア 選手平均€2.5m チーム平均€63m ポルトガル 選手平均€2.3m チーム平均€68m オランダ 選手平均€2.1m チーム平均€53m ベルギー 選手平均€1.5m チーム平均€42m←←←ここ トルコ 選手平均€1.3m チーム平均€42m スコット 選手平均€0.9m チーム平均€23m   133 :2021/08/24(火) 02:11:32.91 とにかく早めに外人の間合いを把握してドリブル通用させないとあっという間に干されるよ   138 :2021/08/24(火) 02:21:45.25 情報を共有したり、アドバイスをもらえる海外組、経験者は多いのだから そういった物を大事にしてほすぃ しかし板倉とマトミの移籍先は、うーーーんという感じ   167 :2021/08/24(火) 03:51:04.21 ベルギー程度で通用しないとは到底思えないわ   178 :2021/08/24(火) 04:35:50.98 超攻撃的なウイングバックかな 戦術が理解できなくて無駄にたくさん走らされそう   187 :2021/08/24(火) 07:02:04.01 三笘をWBで使おうなんてアホな監督はいないだろw 三笘のプレーをみてOKを出した監督なら使うのはFWのポジション   197 :2021/08/24(火) 07:24:13.51 3-5-2でやるならトップ下じゃないかな サイドは無理だろ   206 :2021/08/24(火) 08:21:48.83 どんな風に変化していくか楽しみやなぁ とりあえず試合に出続けられるよう頑張って  

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1629726006/

記事のタイトルとURLをコピー