自身3度目のW杯へ 長友佑都が「今になって身に沁みる」先輩の想いとは

自身3度目のW杯へ…長友佑都が「今になって身に沁みる」先輩の想いとは

 日本代表は13日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのベースキャンプ地となるカザンへの出発前に、事前合宿地のゼーフェルト(オーストリア)で取材対応を行った。

 前日には国際親善試合でパラグアイ代表に4-2と逆転勝利を収め、西野朗監督体制での初白星を挙げた。この試合で出番のなかったDF長友佑都は、「チームとしてどうすれば自信を持って戦えるかという戦い方も見えた部分はある」と手応えを感じつつ、ワールドカップ経験者として気を引き締めるべきだと主張する。

「もちろん(W杯の)相手は昨日のパラグアイより断然強い。W杯は次元が違うので。それはもう2大会経験してきて、親善試合とはまったく雰囲気、レベルが違うなと思うので、もう一回引き締めないといけないです」

 今回の事前合宿では、なかなかポジティブな要素が見つからないチームに「明るい話題を」と髪を金色に染め上げたかと思えば、MF本田圭佑に厳しい言葉をぶつけるなど、ピッチ外でも周囲に気を配り、改善のための努力を続けてきた。そんな長友にとって、パラグアイ戦で盟友・香川真司が挙げたゴールは自分のことのように嬉しいものだった。

「彼はドルトムントで試合に出ていない中で代表に合流して、彼自身はポジティブに考えているんだけどやっぱり顔が冴えていなかった。そういうところを僕は10年間一緒にプレーしてきて感じていたからこそ、彼に普通の笑顔が出てきたなという感じがするので、W杯もこのままいってほしいなと思います」

 今大会にここまで強い想いを持っているのは、4年前のブラジル大会での悔しさはもちろん、8年前に見た先輩の存在が大きく関係している。当時23歳ながら全4試合にフル出場した長友は、隣でプレーした田中マルクス闘莉王や、スタメンを外されてもチームの為に尽くした中村俊輔の姿が「今になってすごく身に沁みている」という。

 だからこそ、「自分にやれることをサッカーで見せることはもちろん大事だけど、サッカー以外にもある」と強く感じている。「今になって俊さんの行動、闘莉王さんの言動が、痛いほど沁みていますよ。あのとき、どういう想いで僕たちに接してくれたのかっていうのがね」。31歳で自身3度目のW杯を迎える長友は、様々な想いを背負ってロシアのピッチに立つ。

サッカーキング 2018.06.13
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180613/775734.html

 

15 :2018/06/13(水) 23:02:10.87

本田はあの時の俊輔になれないだろうな

 

40 :2018/06/14(木) 00:40:14.66

 ザースフェーの宿舎。口火を切ったのは闘莉王だった。
「俺たちはヘタクソなのだから、泥臭くやらないといけない」
 ここから先は闘莉王の独壇場だった。
「考えてみろよ。俺らの中で一番うまいのは(中村)俊輔さんだ。でも俊輔さんでも、世界中を見渡してみれば、それほどでもないんじゃないか?
 これからワールドカップで戦う相手と比べれば、それほどでもないんじゃないか?
 カメルーンにはエトーがいる。オランダにはファンペルシやスナイデルがいる。あいつらは一発で試合を決める力の持ち主だ。
 俊輔さんがあいつらと同じレベルで試合を決められるだろうか? そうじゃないだろう? みんなでやらなきゃだめなんだ。
 俺らはもっと走って、もっと頑張っていかないとだめだ。コツコツやらないといけない。
 日本らしいスタイルとか、パスを回すとか、もちろん理想は大切だけど、ヘタくそはヘタくそなりに泥臭くやんないと、必ずやられる。
 このままでは1対1の局面になったら、俺らは全部負けだ。せっかくワールドカップに出ても、逆に恥ずかしい試合になってしまうぞ」(自著『大和魂』幻冬舎より)

 闘莉王が熱弁している間、川口は聞き役に徹していた。
「闘莉王が“自分たちは下手くそなんだから、下手クソは下手クソなりにやろうよ”と言ったことで何人かの選手たちは気が楽になったと思うんです。
 もちろん話をしたのは闘莉王だけではない。皆、思い思いの意見を口にしましたよ。
 それによって肩の荷が下りたんじゃないでしょうか。溜め込んでいたものを全部吐き出したことでね。
 これは日常生活においても言えることですが、何でも溜め込むのはよくない。思っていることは遠慮せずに口にした方がいいんです。
 本当はこのミーティング、10分か15分くらいで終わらせる予定だったんです。最初は精神的な話でもしようかなと。
 ところが戦術面の話まで飛び出して1時間以上続いた。ミーティング後、岡田(武史)監督には“ミーティングをやった”とは伝えましたが、中身については伝えなかった。
 岡田さんは“選手の側から意見があるなら言ってくれ”と言ってくれましたが、サッカーのやり方については選手が一線を越えない方がいい。それが僕の判断でした」
 日本を立ち直らせた“ザースフェーの決起”の主演が闘莉王なら助演は川口だったということか。

 名指しされた俊輔の思いはいかばかりだったか。
 闘莉王はこう述べる。
<僕が話に夢中になっている間、俊輔さんは表情を変えずに聞いていた。おそらく、こういった形で引き合いに出されることに対しては、複雑な思いがあったに違いない。
 なのに俊輔さんは「ここはみんなで頑張らないといけない」と言ってくれた。
 本当にあの人は、誰よりも一番チームのことを考えている人だ。ワールドカップ予選の最中は、スコットランドと日本やアジア各国を片道何十時間もかけて移動し、
 とてつもなく厳しいコンディション調整を黙々とこなしながら、常に最大限の力を発揮していた。>(『大和魂』より)

http://www.ninomiyasports.com/archives/12730

 

43 :2018/06/14(木) 02:28:21.25

遠藤談
「カメルーン戦のときに水運んできた俊さんが俺にこう話してきた
 ヤット、カメルーンの松井のところにいる左SBの選手(日本からだと右サイド)
 あの選手は松井の動きについていけていない、松井にパス出して松井のドリブルなら簡単に抜ける
 右SBの選手は穴だから松井にボール持たせて勝負させてみ
 松井なら簡単に抜けるしチャンスがうまれる
 俺は松井にそのことを話して松井にパス出した
 俊さんの助言通りにカメルーンの左SBの選手が松井の動きについていけなかった
 松井がフェイントやドリブルで交わしクロスあげて日本が得点を取れた
 あの俊さんからの助言がなかったら引き分けで終わってたかもしれない」

中村俊
「ベンチでも必要とされるよう、気持ちを切り替えた。ぼくがアジアカップの時に松さん(松田直樹)だったり、
アツさん(三浦淳宏)にしてもらったことをしようと思った 」
「少しでも日本の力になるように。たとえベンチからでもできることはある。
昔、アジア杯で先輩に(試合中に)タオルを搾ってもらったこともあった。ベンチにいる選手も戦力」
「(2010W杯で出場機会が少なかったのは)実力がないから。戦い方が変わったから出られなかったとは思っていない。
本田のように、左も中もできるいい選手は、どんなところでも出られる。」
「オレ以上に経験があり、器のある人もベンチにいるから」
「自分が(W杯で)外されたことによって、雰囲気が悪くなるのは嫌だ。自分の部屋以外では明るくしようと思った 」
「大会前に言ったと思うけど、チームが勝てばそれがすべて。
(ベンチで周りに声をかけたりしたのも)チームが勝てばいいから。これもいい経験じゃないですか。
大会が始まる前に(スタメンを)外されて、(将来)自分が教える立場になったとき、そういう経験が生きてくると思う。
(人生に)無駄な時間はないから。いいんじゃないですか、これもサッカー人生だから。 」

 

45 :2018/06/14(木) 02:42:26.04

せやな
中澤はキャプテン外され、俊輔もレギュラー外され、ただドイツでチーム崩壊した経験から、あれだけは絶対避けようと思ったと言ってたな

 

53 :2018/06/14(木) 04:15:54.53

俊輔程クラブと代表をフル稼働で引っ張って来た選手は存在しない
それを今になって見に染みてるようじゃこの先もロクな結果にならないと思う

 

55 :2018/06/14(木) 05:56:54.20

代表の魂の伝統まで崩壊させるのかこの世代は

 

63 :2018/06/14(木) 07:38:40.62

8年前は本田達に散々煽られながらも
中澤は黙ってキャプテンマークを長谷部に渡したし俊輔は新人がやるような裏方仕事に徹してチームを盛り上げた
今の本田長谷部長友は当時の俊輔中澤と同じ立場だけど
どう振る舞うのか楽しみだわ

 

68 :2018/06/14(木) 08:13:20.52

俊輔こそ真のプロフェッショナル

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528897059/