「本田圭佑は不要」を立証したパラグアイ戦 W杯は若手中心で臨め

やはり「本田圭佑は不要」を立証したパラグアイ戦 W杯は若手中心で臨め

スイス代表より明らかに弱いチーム

 もう諦めていた方も多かっただろう。だが土壇場で西野ジャパンは勝利した。もちろん嬉しいのは当たり前だが、浮かれてばかりというわけにもいかない。冷静な総括が必要だ。サッカージャーナリスト・六川亨氏は「パラグアイの弱さ」を指摘しつつ、W杯での選手起用について提言する――。

 ***

 6月12日、オーストリアのインスブルックで行われた日本代表対パラグアイ代表のテストマッチは、セットプレー(スローイン)から先制点を許した日本だが、後半に乾貴士の日本代表では4年ぶりとなる同点弾や逆転弾、さらにアディショナルタイムの香川真司のゴールなどで4点を奪い、4-2の勝利を収めた。

 西野ジャパンにとっても初ゴール、初勝利で、日本は今日、ロシアのキャンプ地であるカザンに移動する。

 鮮やかな逆転劇だった。これで選手・スタッフは、多少なりとも希望を持ってカザンに乗り込むことができるのではないだろうか。西野ジャパンの初勝利は素直に歓迎したい。しかしながら、ゴールのたびにサブの選手を含めて抱き合って喜びを爆発させていた選手とは対照的に、指揮官はあくまで冷静だった。

 その理由は、パラグアイの実力がスイスと比べて明らかに劣っていたと推測できる。南米予選7位でW杯出場を逃したパラグアイは、新チームの立ち上げとして大幅な若返りを図ってリスタートしたばかりだ。スイスとの完成度は比べようもない。それを象徴していたのが日本のゴールシーンである。

もしW杯本番のコロンビア戦なら?

 後半6分の乾のゴールは、香川がワンタッチで乾にパスを出した後、左に回り込む動きで乾がカットインしやすいスペースを作った。後半18分の2点目も、武藤嘉紀のクロスに香川が絶妙のフリックで背後の乾に柔らかいパスを出した。香川らしい気配りではある。そして乾は2点ともフリーの状態でシュートを放った。

 もしもこれがスイスやコロンビアだったら、乾はフリーでシュートを放てたのか、はなはだ疑問だ。それだけパラグアイの守備陣はマークがルーズだったと言わざるを得ない。アディショナルタイム1分、大迫勇也からのパスを受けた香川が左サイドからドリブル突破を図り、鮮やかなダブルタッチでDFを交わしてだめ押しの4点目を決めた。香川自身「あのイメージを持てたことは自信になります」と振り返ったものの、パラグアイDFの対応は軽すぎた。

 南米勢は試合の趨勢が決まると諦める傾向にある。まして日本戦に何の目標もないパラグアイにしてみれば、必死に守るよりも点を取ってアピールしたいというのが日本戦での実情だろう。

 とはいえ収穫がなかったわけでもない。岡崎慎司を1トップ、香川をトップ下に置く4-2-3-1のシステムで、長年やり慣れてきたのか、相手DFのボール回しに対し岡崎だけでなく香川も高い位置に上がり守備のスイッチを入れていた。これに呼応して右サイドでは武藤、左サイドでは乾がバランスを取りながら相手サイドバックにプレスをかける。

 スイス戦では1トップの大迫がプレスのために左右に走り回ったものの、トップ下の本田圭佑の守備は遅れがちで、効果的なプレスを掛けることができなかった。

能力を発揮できなかった本田、片鱗を見せた香川

 大迫と交代した岡崎は「前半からチームとしてやり切って、ディフェンスも守備もアグレッシブにできた。こういった雰囲気でやり続けることが勝利に近づくと思う。厳しい状況かもしれないですけど、ワールドカップ本番が一番大事。初戦のコロンビア戦を含めて勝利を目指したい」と、パラグアイ戦の試合の入り方に関して手応えを口にしていた。

 その他にも、乾は2ゴールという結果だけでなく、果敢な突破と攻撃の起点になることでチームを牽引した。交代出場した宇佐美貴史と比較して、どちらがスタメンにふさわしいか明らかだ。

 同じことはトップ下のポジションを争う香川と本田にも当てはまる。体幹の強さを生かしたキープ力が持ち味の本田は、スイス戦でその能力を発揮できずに終わった。対照的にワンタッチプレーを得意とする香川は、スイス戦でその片鱗を見せ、格下のパラグアイ戦では2アシスト1ゴールと結果を残した。

 スイス戦のスタメンから酒井高徳を残し、10人を入れ替えた西野監督。後半にはGK東口順昭に代え中村航輔まで起用し、登録メンバー全23選手に出場機会を与えた。これはこれで異例なことでもある。しかし、そのおかげで選手それぞれのコンディションを見ることができたのは記者にとっても収穫だった。

 W杯の日本代表の初戦までは、まだ1週間ある。最低でもドローが必要なコロンビア戦はコンディションの良い選手を使うのはもちろんだが、パラグアイ戦を見て感じたのは、ベテランよりも若手選手を積極的に起用した方がいいのではないかということだ。その理由として、相手がどうであれチェレンジするするしか選択肢はないので、臆することなくプレーしていたからに他ならない。

 岡田武史・元日本代表監督は5月24日に開かれたトークショーで、W杯のグループリーグ突破に必要なこととして「化ける選手」の出現も自身の経験から指摘していた。その可能性を秘めているのは、今大会がW杯初出場となる乾であり武藤、原口元気、柴崎岳あたりなのではないだろうか。それは14日から始まるカザンでのキャンプで明らかになるかもしれない。

六川亨
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。『サッカーダイジェスト』の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後『CALCIO2002』、『プレミアシップマガジン』、『サッカーズ』の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮 2018年6月13日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06130610/?all=1

西野ジャパン
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06130610/?photo=1

 

4 :2018/06/13(水) 06:26:02.42

本田出ると弱いってもう見ればわかるしデータでもはっきり出てるしな・・・

 

7 :2018/06/13(水) 06:28:23.65

あくまで練習試合
本田圭佑は本番に合わせて調整しているプロフェッショナルだから試合に起用すべきだ

 

9 :2018/06/13(水) 06:29:37.42

>>7
4年前はコンディションの悪さを指摘されたら決勝戦に合わせて調整してるとか言うてましたなw

 

10 :2018/06/13(水) 06:29:59.02

みんなが本田のために! 本田は自分のために!

 

16 :2018/06/13(水) 06:31:28.62

若手ってどこにいる
乾も香川もアラサーやで

 

18 :2018/06/13(水) 06:32:19.14

これでもなお本田をスタメンで使うならもはや敗退行為として受け取るぞ

 

25 :2018/06/13(水) 06:35:29.27

外れるのはケイスケ、ケイスケホンダ

 

35 :2018/06/13(水) 06:41:42.44

昨日のスタメンで若手と言えるのは植田だけじゃね

 

47 :2018/06/13(水) 06:46:30.31

パラグアイはあまりにイージーすぎた

 

56 :2018/06/13(水) 06:49:04.78

でも本番の実績がダントツであるのが本田だから
練習試合なんか参考記録にもならんしな

 

61 :2018/06/13(水) 06:51:08.08

正直、今の本田は攻守両面、プレースキックでも蓋になってるからな

 

72 :2018/06/13(水) 06:58:15.46

それでも私は本田を使う

 

79 :2018/06/13(水) 07:00:29.87

若手とかベテランとか関係なく今使える選手を使って欲しい
若手が足引っ張ることなんて今までもあったし、若手を使ったところでゲームみたいに劇的に経験値が上がるわけでもない

 

82 :2018/06/13(水) 07:03:14.84

本大会はいったら確実に香川にはマークつくけど
対応できるんかな

 

92 :2018/06/13(水) 07:07:27.04

> パラグアイ戦を見て感じたのは、ベテランよりも若手選手を積極的に起用した方がいいのではないかということだ。
> その可能性を秘めているのは、今大会がW杯初出場となる乾であり武藤、原口元気、柴崎岳あたりなのではないだろうか

はい、30歳、25歳、27歳、26歳

 

93 :2018/06/13(水) 07:07:27.78

今回のメンバーもスイス戦では何もできなかったのが現実だよ
もちろん色々修正して良くなってきてるとは思うけど
勘違いしてる選手は1人もいないだろう

 

101 :2018/06/13(水) 07:10:23.76

あの長友でも本田を庇いきれないくらい
走らないわ、ボールロスト11だわ、守備しないだったからな
昨日の試合はみんなで連動して守って本当に見てて爽やかな試合だったよ

最後のインタビューもエゴだの俺がだの言う奴一人も居なくて
香川も乾も点取る以上にみんなが走ってくれたおかげで良いサッカーができたって言ってたしね

 

105 :2018/06/13(水) 07:10:54.60

パラグアイはコロンビアと同じぐらいの成績なんだけどな 予選
まあメンバーどれぐらいかわったかしらんけど

 

106 :2018/06/13(水) 07:11:18.74

最新FIFAランキング

06位 スイス
32位 パラグアイ
47位 ガーナ
61位 日本

 

112 :2018/06/13(水) 07:12:30.08

スイス戦より連動したプレッシングが出来てた
本田が入ってても
同じことが出来たとは思えない

 

123 :2018/06/13(水) 07:15:21.52

個の力を見せつけた乾

 

137 :2018/06/13(水) 07:18:47.53

まあまあ得点力はあるからリードされてる後半途中出場とかならアリじゃないかな

 

139 :2018/06/13(水) 07:19:05.72

本田の笑顔が引きつってたのは笑ったw

 

169 :2018/06/13(水) 07:31:04.36

とりあえずチームが勝っても点入れても喜ばないメンバーなんていらんよ見ていて不愉快

 

183 :2018/06/13(水) 07:38:36.35

結局はハードワークしかないな
多少上手くてもハードワークやれない奴は不要

 

201 :2018/06/13(水) 07:44:19.73

ガーナ2軍よりは強いだろ

 

213 :2018/06/13(水) 07:48:25.49

自分がいなくて躍動する仲間を本田さんはどう見てる
精神論ばかり語ってたけど

 

216 :2018/06/13(水) 07:48:41.86

不要というかパラグアイが弱かった事を差し引いても相手DFにプレスかけずにスイスに好き放題させてた本田は論外

 

217 :2018/06/13(水) 07:48:53.64

本田だって必要な時がくるだろ多分(´・ω・`)

 

230 :2018/06/13(水) 07:51:38.90

この試合までえらく饒舌だったホンダさんは試合後なんか言ってた?

 

280 :2018/06/13(水) 08:00:30.43

ギリギリ若手と言えるの植田ぐらい
後は中堅かベテランだね

 

284 :2018/06/13(水) 08:01:59.45

>>280
植田が若手なら同年代の中村もだろ

 

293 :2018/06/13(水) 08:04:31.39

本田はこれからベンチでエゴを出していくのかな?

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528838724/