主導権を握るも、試合を決め切れなかった京都。2-2で引き分け

首位・新潟と同じ勝点で2位につける京都が、ホームに19位の群馬を迎えた一戦は、素早い攻守の切り替えからのテンポの速い攻撃で、京都が立ち上がりから主導権を握る。

8分、荻原 拓也のクロスをピーター ウタカが頭で合わせて最初の決定機を作る。12分には、最終ラインからの縦パスを武田 将平が落とし、ピーター ウタカが右足で一閃。これがエースの今季9ゴール目となり、京都が先制する。

攻撃の手を緩めない京都は、川﨑 颯太らのシュートで追加点をうかがうが、群馬も最後のところで体を張って阻止。すると前半終了間際、ほとんどシュートチャンスを作れていなかったアウェイチームに絶好機が訪れる。短くなった京都DFのバックパスを北川 柊斗が奪うと、その後リターンを受けた北川が倒されて判定はPKに。これを大前 元紀が少し浮かしたキックで沈め、同点に追いつく。

後半開始直後も攻勢に出たのは京都。49分、ピーター ウタカからのラストパスを福岡 慎平がダイレクトで合わせてゴールを脅かすと、64分に京都の2点目が生まれる。京都の中央での崩しを群馬DFがクリアし切れないでいると、こぼれ球を拾ったピーター ウタカが飛び出してきたGKをかわしてゴールへ流し込んだ。

再度1点を追うことになった群馬は、69分に3枚代えを決断して攻撃に厚みを加え、反撃に出る。70分の大前のシュートはクロスバーに嫌われたものの、77分のCKの場面で、GKに競り勝った渡辺 広大が頭で叩き込みゴール。スコアを再びタイに戻す。

終盤は両軍が勝ち越し点を狙ってオープンな展開となったが、2-2から得点は動かず、タイムアップ。京都はこれが3試合連続のドロー。同時刻開催で敗れた新潟との順位はひっくり返せたものの、スッキリと勝ち切れない足踏み状態が続いている。

[ 文:川瀬 太補 ]

Jリーグ公式サイト
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/061306/live/#recap

写真
https://www.jleague.jp/photogallery/article/67494/#photoDatail




 



 

825 :2021/06/13(日) 15:58:24.34

京都そこまで強くないな

 

826 :2021/06/13(日) 15:58:24.84

素晴らしい、値千金の勝点1
選手はよくやってくれた、感動した

 

828 :2021/06/13(日) 15:58:38.46

大前さんのあれが入っていれば

 

832 :2021/06/13(日) 16:02:07.84

ナイスゲーム
勝っても負けても客を入れられる試合とはこういうものなんだろうな
勝ちたい気持ち十分に伝わったで

 

837 :2021/06/13(日) 16:06:55.70

チームは調子上がってるな今日は二度追いついた

 



841 :2021/06/13(日) 16:13:02.35

枠内シュート3で2得点かよ、京都は12で2点
これは選手を褒めざるを得ない試合だわ

 

842 :2021/06/13(日) 16:14:14.87

チーム予算何倍も違うチーム相手に良い試合でした。
大前のカウンター時のシュート入ってれば
🤔

 

843 :2021/06/13(日) 16:27:26.43

ボランチは岩上いないと引き締まらないね
ただアウェイで京都相手に勝ち点が取れたのは大きい
こういうガムシャラに勝ち点を狙う諦めない試合を続けてほしい
今日の引き分けを活かす為にも次の町田戦は負けられない

 

844 :2021/06/13(日) 16:38:54.88

粘りが出てきたな、よく2度追いついた
ナイスファイトや

 

854 :2021/06/13(日) 21:03:18.67

降格圏脱出

 

856 :2021/06/13(日) 21:08:12.33

残留争いの他チームが理想的な結果になったな

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1621324998/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット