安定感を見せた山形。5戦負けなしで好調を維持

8位・山形と14位・山口の対戦は、山形が終始安定した試合運びの中で2得点を挙げ、2-0と勝利した。

開始直後から山形が主導権を握り、球際の強度や攻守の切り替えの速さ、テンポとスピードで上回り、山口を圧倒。4分には國分 伸太郎のクロスから林 誠道がシュート。5分にもハイプレスで奪ったボールをつなぎ、國分のクロスに林がシュート。GK関 憲太郎がはじいたボールを山田 拓巳が押し込んだが、ここはオフサイドとなった。

対する山口は13分、ビルドアップする山形から梅木 翼がボール奪取に成功。そのまま持ち込み、GKとの1対1からシュートを放ったがわずかに右へ外れ、ビッグチャンスを決め切ることができなかった。きっ抗した展開が続いたが、31分、山田 拓巳のスルーパスに飛び出した山田 康太がクロスを入れると、GKの前に入った林が決め、山形が先制した。

山口は後半開始から小松 蓮を投入したが、ペースを握ったのは山形。山田 康太がニアに狙ったシュートをGK関がはじき、こぼれ球を再び山田 康太が拾い、同じような位置から今度はファーサイドにシュート。しかし、これはポストに跳ね返り、ゴールとはならなかった。

山形は60分、GK藤嶋 栄介が相手との接触でビクトルと交代するアクシデント。67分には双方が2枚ずつカードを切ると、その直後にスコアが動いた。中盤のセカンドボールを藤田 息吹が拾って山田 康太につけると、背番号14はそこから大きく左へ展開。途中出場の加藤 大樹がスペースで受け、そのまま持ち込んでシュートを決め切った。

リードを広げた山形はその後も3点目を狙いながら試合をハンドリングし、無失点のまま終わらせた。山形はピーター クラモフスキー監督就任から4勝1分と好調をキープ。順位こそ変わらないが、上位に迫っている。

[ 文:佐藤 円 ]

Jリーグ公式サイト
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/061302/live/#recap

写真
https://twitter.com/renofayamaguchi/status/1403997995679457280


 



 

83 :2021/06/13(日) 16:05:40.25

得失点差が例年通りになってきましたな・・・

 

84 :2021/06/13(日) 16:06:19.73

愛媛戦でも左のペナ端に走り込む相手に対応遅れて失点してなかったっけ?うちもああいうサイドの選手が追い越すような崩しが見たい

 

85 :2021/06/13(日) 16:09:53.56

ここまでFW陣が機能しないってどういう事?

 

87 :2021/06/13(日) 16:12:10.13

FW云々の前にゴール前まで運べてなかった
オフサイドゼロって…

 

89 :2021/06/13(日) 16:12:33.95

2点目楠本がさわってコース変わったぽかったな

 

90 :2021/06/13(日) 16:12:53.83

とにかく攻撃が遅すぎる

 

91 :2021/06/13(日) 16:14:06.28

何か攻撃がワンパターンで中に苦し紛れに入れて取られるパターンばかりで見ててイライラした。

 

94 :2021/06/13(日) 17:49:28.74

梅木と池上の前線でプレスがかかる訳がない。

 

97 :2021/06/13(日) 18:57:32.57

先制点取って守り切るのが今シーズンの勝ちパターンだけど得点力も守備力も低下してきてるなぁ
何よりボールを握ってる時のワクワク感が無くなってきてる

 

98 :2021/06/13(日) 18:59:45.34

山口、霜田サッカーみたいな守備の崩壊っぷりだね
霜田さんの大宮、久しぶりに観戦しようか

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1623064720/
このエントリーをはてなブックマークに追加