前半で2得点。逃げ切った磐田が4連勝

2連勝中の北九州は前節・町田戦の先発から3人を入れ替え。磐田からの期限付き移籍加入の契約上、出られない針谷 岳晃に替わって永野 雄大が入った。さらに佐藤 亮が3試合ぶり、また北九州に加入してからリーグ戦では初めて斧澤 隼輝が先発。一方、3連勝中の磐田は前節・金沢戦の先発から1人を入れ替えたのみで、2シャドーの一角に7試合ぶりの先発となる大津 祐樹が入った。

北九州はこれまでの[4-2-3-1]ではなく井澤 春輝をアンカーに、2列目に右から佐藤 亮、髙橋 大悟、永野、斧澤を並べる[4-1-4-1]の選手配置でスタート。遠藤 保仁に藤原 奏哉(現・新潟)をマンマークでつけて、2-0の勝利を収めた昨季の明治安田J2第40節と同様の配置でハイプレスを機能させて磐田を押し込む。しかし、複数の好機を作るが、いずれもモノにできず。

すると、北九州の鋭い出足に押されていた磐田がセットプレーから流れを変える。33分、浅い位置からの遠藤のFKを大井 健太郎が頭で折り返すと、ゴール前の鈴木 雄斗が蹴り込み先制。これで落ち着きと勢いが出た磐田はその6分後、ルキアンからの横パスを受けた鈴木 雄斗がドリブルで相手を引きつけてコントロールシュートをゴール左スミへ流し込み、2点をリードして前半を終えた。

2点を追う北九州は後半開始から2人を交代。永田 拓也に代えて乾 貴哉を左SBに、永野に代えて狩土名 禅を入れてトップへ。そして、トップを務めていた前川 大河を永野がいた左のインサイドハーフに配置換え。交代で入った選手を有効に使いながら前へのパワーを生み出そうとするが、2点をリードしている磐田はじっくりと構えてこれに対応。ボールは持たれるが、中央をしっかりと締めて危ない場面を作らせなかった磐田がそのまま逃げ切りに成功。無失点による連勝を『4』に伸ばした。敗れた北九州は3連勝ならず。

[ 文:島田 徹 ]

Jリーグ公式サイト
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/060505/live/#recap

写真
https://www.jleague.jp/photogallery/article/67330/#photoDatail




 



 

741 :2021/06/05(土) 15:58:39.92

あかん
三浦がええで

 

745 :2021/06/05(土) 16:04:56.06

ファビゴン外れ外人だろ
よさがわからない

 

748 :2021/06/05(土) 16:09:58.32

鈴木雄斗って、実は攻撃的なポジションでも行けるのか…?

 

750 :2021/06/05(土) 16:13:59.27

実はも何も、磐田でCBで使われてるのに違和感って他サポからずっと言われてた

 

752 :2021/06/05(土) 16:39:47.23

三浦はほんとキャッチがうまいな

 



755 :2021/06/05(土) 16:50:15.59

ルキアンはボールが収まるけどそこから展開出来る様になったから凄く良くなったな

 

762 :2021/06/05(土) 16:57:04.28

もっと得失点差稼ぎたかったな

 

768 :2021/06/05(土) 17:18:54.01

気付いたら昇格圏まであと少しじゃん

 

773 :2021/06/05(土) 19:24:49.26

やばい時に無理せず蹴り出す様になったな

 

774 :2021/06/05(土) 19:37:12.98

今日は個の差があったけど、それでもネガトラは改善されたように思う。

 

779 :2021/06/05(土) 23:07:03.82

無失点続くのは最高

 

780 :2021/06/05(土) 23:24:41.78

森岡が新人なのに当たり外人みたいになってるのがすごく良い感じ
こんな当たりルーキーも久しぶりだよね

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1620863700/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット