大迫勇也が埋められなかった「溝」。ドイツメディアが厳しい原因とは

2020-21シーズンは大迫勇也(ブレーメン)にとって非常に厳しいものになってしまった。

 リーグ戦の出場は24試合だが、そのうちスタメンは7試合にすぎず、途中出場17試合。ベンチが8試合で、出場時間の合計はわずかに752分という少なさだ。これがどれくらい少ないかというと、2019-20シーズンはその倍以上の1857分プレー。2018-19シーズンはケガに悩まされた時期があり、さらにアジアカップ出場による離脱がありながらも1350分プレーしていたのだ。

 それよりも深刻なのは、リーグ戦で無得点に終わってしまったことだろう。これは大迫が2009年に鹿島アントラーズでプロデビューして以来、初めてのことである。ちなみにドイツ杯では、準々決勝レーゲンスブルク戦で、チームを1-0の勝利に導く重要なゴールを決めているのだが、結局、シーズンを通してこの1点のみという何とも寂しい結果に終わった。

 一方、チームはリーグ戦終盤で7連敗を喫するなど大失速。最終節を監督交代で迎えるという博打に出たが、そんなカンフル剤も効果がなく、ボルシアMGに2-4の完敗。最終順位は17位となり自動で2部に降格してしまった。

 短い出場時間でゴールを求めるのも酷ではあるが、大迫はフォワードの選手として得点で存在価値を示すしかない。試合によっては中盤での起用もあり、必ずしも本人の望むポジションではなかったかもしれないが、それでも結果が必要なことに変わりはない。求められるのは、守備での貢献でも組み立てに加わることでもなく、得点だ。

 とはいえ、フロリアン・コーフェルト前監督からの信頼は決して低くはなかった。ドイツ杯のレーゲンスブルク戦では、「ユウヤはチームにとって重要なゴールを決めてくれる」と、称えるほどの存在だった。

 振り返れば2019-20シーズンは、最終節のケルン戦で先制点を含む2ゴールを決め、チームを6-1の大勝に導いた。この勝利により、ブレーメンは入れ替えプレーオフに進出し、残留することができた。また2018-19シーズンは、敗れはしたものの、ドイツ杯準決勝バイエルン戦でゴールを決めている。数としては物足りなくても、記憶に刻まれるゴールを決めてきたのだ。

◆欧州でプレーする日本人選手32人の今シーズンを5段階評価で総括。最高評価は誰だ?

 むしろ問題はピッチ外にあった。

 2018年の加入当初はともかく、時間が経つとともに、地元メディアから大迫は、意思疎通のできない難しい存在として扱われるようになった。「ボディランゲージができない」「ファンに対して感情表現ができない」という書かれ方をしてきた。今年1月の移籍マーケットが開いている時期には、「大迫は東京五輪を目指しており、オーバーエイジ枠でほぼ選ばれるだろうから、日本のクラブへ移籍するだろう(つまりブレーメンでは不要)」などと書かれた。そのたびに、コーフェルト監督はじめクラブ幹部が「大迫はブレーメンに必要な選手だ」と弁明せざるを得なかった。

 大迫が地元メディアから「難しい存在」として扱われるのは、ある意味では仕方がないところもある。大迫はメディア対応を得意としない。あまり好んで喋ることもない。決して愛想のいい選手でも、多弁な選手でもない。日本人同士であれば、それはそれで個性のひとつだと理解することもできるが、それは海外ではなかなか伝わりづらい。

 2020-21シーズンはコロナ対策のため、通常の試合後のミックスゾーンでの取材対応はまったく行なわれなかった。その分、ブレーメンでは毎週のようにリモートで選手の記者会見を行ない、選手が順番に登場したが、シーズンを通して、大迫は一度もその会見に登場しなかった。

 それ以前から、ドイツ人記者が大迫のコメントが欲しいシーンで、大迫がノーコメントを貫くということがあった。意思疎通できる選手に対しては、意思疎通できない選手に比べて好感を持つのは、自然なことかもしれない。そのうちに大迫が厳しく書かれることが増えていった。

 大迫がドイツ語を話せないわけではない。かつては活躍した試合の後、自分からドイツ人記者たちの前に出て話をすることもあった。加入した当初はドイツ語でクラブの動画撮影に応じており、コミュニケーションはできるのだ。

 だが現在、地元メディアは「大迫は2部の予算では高給すぎる」と書く。

今後について大迫自身は、「フォワードで使ってくれる欧州のチーム」を第一希望としているが、日本のクラブも含めてどうなるかは「わからない」と言う。2022年まで契約の残るブレーメンで、新監督がフォワードで起用してくれるという目途がたてば、残留という可能性もあるが、まずはブンデスの1部でチームを探すことになるのだろう。

 いずれにせよ、今シーズンは見ることができなかった得点を、早いタイミングで期待したいものだ。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko

webスポルティーバ 5/28(金) 6:08配信https://news.yahoo.co.jp/articles/564d7955e56dfc1b211f1915adfd77ea48b9682a

ドイツから帰国、日本代表の合宿に参加中の大迫勇也(ブレーメン)photo byMatsuo/ AFLOSPORTS
https://news.yahoo.co.jp/articles/564d7955e56dfc1b211f1915adfd77ea48b9682a/images/000




 

3 :2021/05/28(金) 07:36:11.36

なんでメディア対応しなくなったかの理由まで取材して書いてくれよ

 

5 :2021/05/28(金) 07:38:06.71

>「ボディランゲージができない」「ファンに対して感情表現ができない」という書かれ方をしてきた。
鎌田も同じ叩かれ方をしてるから活躍しても基本的に同じ扱い

 

6 :2021/05/28(金) 07:40:27.91

>>5
・叩かれ度が違う
・称賛の数がまるで違う

 

7 :2021/05/28(金) 07:41:40.25

ドイツ語できるのにあんま話さないのか

 

9 :2021/05/28(金) 07:43:57.11

乾なんて監督から「簡単な言葉でさえ話せないから何考えてるか分からないとまで言われてたぞ」

 



11 :2021/05/28(金) 08:03:34.50

もし二川さんが海外移籍してたらなんて言われてたんだろう

 

13 :2021/05/28(金) 08:04:19.53

ドイツ選手ってメディア対応下手そうなイメージだけどそんなことないのか

 

20 :2021/05/28(金) 08:24:25.63

各選手がリモートで会見してる中、それを大迫だけしないってのはプロ意識が欠けているとしか言えない
そら地元ファンから愛されないわ

 

21 :2021/05/28(金) 08:26:08.59

メディア対応なあ……

 

22 :2021/05/28(金) 08:30:07.79

プロなら当たり前なような。日本に来てる外国人選手だって
簡単な日本語喋るだけで人気全然違うじゃん

 

24 :2021/05/28(金) 08:34:08.12

何をどうこう言ってもシーズンノーゴールの選手が評価される訳ないと思う

 

25 :2021/05/28(金) 08:35:25.89

というか実際にはドイツ語どのくらい喋れるんだろうね、大迫

昔ドイツで高原がちゃんと通訳なしにドイツ語で試合後インタビュー受けてるの見て感心した

 

26 :2021/05/28(金) 08:36:29.39

現地メディア嫌われてたんじゃないの?
反省しろよドイツ人

 

29 :2021/05/28(金) 08:39:20.33

半端なかったのにな

 

31 :2021/05/28(金) 08:42:47.48

大迫半端なくなくなった

 

32 :2021/05/28(金) 08:43:34.65

ムネリンにメディア対応を教えてもらおう

 

35 :2021/05/28(金) 08:46:02.53

既に31歳で今季無得点のFWを獲ってくれるところがまだヨーロッパに存在するだろうかね

 

43 :2021/05/28(金) 08:58:01.40

現地で人気のある長谷部とは雲泥の差だな
コミュ取れない奴はどんなスポーツ、業種でもダメ人間とみなされちゃうよな

 

45 :2021/05/28(金) 09:10:46.96

とりあえず移籍は確定的やろ
まだ1部下位チームには需要ありそう

 

48 :2021/05/28(金) 09:52:13.16

外国人選手はその国に溶け込まないとダメ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1622154677/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー