日本代表 急遽出場の武藤嘉紀が抱えた二つのジレンマ

【日本代表】「無駄に走ると、点を取る力が…」急遽出場の武藤嘉紀が抱えた“ふたつのジレンマ”

[国際親善試合]日本0-2スイス/6月8日/ルガーノ(スイス)

 アクシデントが起きたのは38分だった。4-2-3-1の1トップに入っていた大迫勇也が接触プレーで腰を痛め、ピッチに座り込む。やや慌てた様子を見せるベンチのなかで、武藤嘉紀が着々と準備を進める。アクシデントから2分後にピッチへ送り込まれた。

 投入直後の武藤が心掛けたのは、守備のバランスだった。

「前半は守備のところで行く時と行かない時が曖昧になってしまって、押し込まれる時があった。まずは自分が入った時はしっかりと前からプレスに行くことと、無駄追いはせず、しっかりと(プレスを)掛ける時は掛けるということを意識した」

 42分に先制を許した日本は、1点を追うべく攻勢を強めたいところだったが、引いて守るスイス相手にシュートまで持ち込めない。最前線でゴールを期待された武藤は時間とともに孤立し、試合から消えてしまう。試合後には、苦しい胸の内を明かした。

「自分が下がって(ボールを)もらうべきなのか、前に張っているべきなのか。ボールに触る回数が少なかった。自分まで落ちてしまうと真ん中に人がいなくなってしまう。そこの難しさはある。1トップで、守備の時間が長くなるので消えている時間帯が多くなると思うが、最後のところで点を取らないといけないし、それが日本の勝利に繋がる」

 そう語る武藤は、決してゴールだけにこだわるエゴイストではない。「いくらボールを触る時間が少なくても、焦れずに前からプレスに行って、守備に追われてもやっぱり最後に決め切れるのがベスト」と理想は高い。ただ一方で、「前半のサコくん(大迫)もそうだが、ずっと走っていた分攻撃に力が残っていなくて、裏に抜け出せないというのがあった。無駄に走ってしまうと、点を取る力が残らない。そこは注意しないといけない」と力の入れどころに思案を巡らせる。

 つまりスイス戦の武藤は、「ボールになかなか触れない展開で下がってボールをもらうべきか、最前線で張ってボールを待つか」「最後の場面でゴールを決めたいが、守備にも奮闘しないといけない」というふたつのジレンマを抱えていたのだ。

 このジレンマを解決するために必要なことは――。武藤は仲間とのコミュニケーションに活路を見出すという。特に攻撃のジレンマは、チームメイトとすでに話し合いを行なっているようだ。

「元気くん(原口)とも話したが、ドリブルして行って、相手が強いほど縦に抜け切れないので、股を狙ってクロス(を上げる)。ひとつ入れば自分がドフリーの時があって、元気くんもそこを分かっていて、しっかり話し合えているなと」

 また武藤は、攻撃のバリエーションを多彩にするために、「アーリークロスを増やした方がよい」と考えている。「何かが起きるし、ブロックを作られた状態でのクロスというのは可能性がない。アーリークロスが一番得点のチャンスがある」からだ。

「そういった練習もしている」と本人もコメントしており、あとはその精度を高めるだけだ。長友佑都や酒井宏樹、酒井高徳ともコミュニケーションをしっかり取れれば、新たな攻撃パターンの誕生に期待が高まる。

 大迫のコンディション次第では、12日のパラグアイ戦でスタメン起用される可能性は十分あるだろう。限られた時間で、チームメイトとどれだけすり合わせられるか。そこをクリアできれば、背番号13が決定力不足に喘ぐ西野ジャパンの救世主になるかもしれない。

サッカーダイジェストWeb 2018年06月09日
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=41785

大迫勇也の負傷を受け、40分に投入された武藤嘉紀。後半は消えてしまい、思うように攻撃に絡めなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
http://www.soccerdigestweb.com/photo/id=41785&page=1&no=01

 

2 :2018/06/09(土) 12:41:17.23

武藤と大迫は似たような発言してるな
動けない本田とか外せよ

 

9 :2018/06/09(土) 12:44:37.26

武藤のプレスは良かった。2列目の出足が遅くてハメられなかったけど

 

15 :2018/06/09(土) 12:47:13.39

その前にお前に何回も味方からパス入ってるのに
どれ一つとして感じてないお前は本当にFWなのか?
毎回パス出されてから「アッ」みたいな動きしやがって
一体どこ見てプレーしてんだ

 

25 :2018/06/09(土) 12:50:08.39

スイスは流していたのに日本は体力的にきついだと?
それなのに守備を減らして攻撃をどうしようか?なんて楽観しすぎじゃね

とりあえず南アの大久保や松井のように、ゲロを吐くんじゃないか?
というくらい走り続けないとやばそうだぞ

戦術以前、攻撃や守備以前にさ、とにかく運動量を上げて走り続けないと穴だらけですわ

 

39 :2018/06/09(土) 12:56:49.80

あのトラップの下手さじゃ点取る以前の問題

 

94 :2018/06/09(土) 13:33:09.58

武藤君、絶好の足元のパス、2回ともろくにトラップできなかったよね?

 

97 :2018/06/09(土) 13:36:04.11

二列目があの面子だといくらワントップがチェスしても無駄でしょ。二列目に運動量とスピードある選手いれないとどうにもならんよ

 

105 :2018/06/09(土) 13:44:16.88

>>1
俺もアーリークロス増やした方が良いと思う
あとはマイナスのグラウンダー

 

111 :2018/06/09(土) 13:50:28.57

カウンターで数的同数なら裏行けよ
そんなのチームで決めとけ
大迫が下がって受けてる間に相手の人数が足りてくる場面多すぎ

 

146 :2018/06/09(土) 14:11:31.07

武藤出てきたのに頑なに足元に出すのは何だったんだろうな
そのプレーさせるならどう考えても武藤というチョイスはないだろ
どういう指示して送り込んだんだ

 

196 :2018/06/09(土) 16:04:14.20

感じてなくて棒立ちだったのは別の理由だろう。

 

207 :2018/06/09(土) 18:33:13.97

武藤の場合、自滅してるようにしか見えないな。
周りと連動せずに走り回ってるし。

 

219 :2018/06/09(土) 19:55:10.04

全部コミュニケーションで解決させるのか?西野なんとかしてやれよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528515623/