原口元気、“本田侮辱”騒動の真相告白「分かっている人が分かってればいい」「良い意味での、ワンテンポ遅くというのはある」

原口「1テンポ遅く動くとちょうどいい」“本田侮辱”騒動の真相告白

【オーストリア・ゼーフェルト5日(日本時間6日)発】サッカー日本代表で復権したMF本田圭佑(31=パチューカ)を“ディスった”という渦中の男が激白だ。6月14日(同15日)開幕のロシアW杯に臨む西野ジャパンで、本田との連係について語った3日のコメントが「皮肉たっぷり」「本田批判」などと一部サポーターの間で騒動となっているMF原口元気(27=デュッセルドルフ)を直撃。注目発言の真意とは――。

 ――本田からのパスについて“1テンポ遅く動くとちょうどいい”という趣旨の発言が一部で話題になっている

 原口:そうなんですか。ああ、なんか…。

 ――“本田にスピードがない”との指摘と受け取った人も多くいた

 原口:別に分かっている人が分かってればいい。分からない人は、どう説明しても分からないんじゃないか。彼(本田)の持ち味はしっかり“タメれる”ことであって、そこで時間ができることによって、相手が食いついた瞬間に裏(を狙う)というのもある。良い意味での、ワンテンポ遅くというのはある。

 ――具体的には

 原口:(2016年10月のW杯アジア最終予選)アウェーのオーストラリア戦のとき。良い感覚で(本田は)普通だったらダイレクトで(パスを)出すところをターンしたりとか。あのシーンも1個、ワンテンポ遅く出てちょうどよく(自分がゴールを)決められた。ああいうイメージかな。どちらかというと。

 ――そうした本田独特の間合いは武器になる

 原口:もちろん、間違いなく僕らフリーランする側からするとすごく助かる。常に一辺倒のタイミングじゃなくて彼が入ることによってタメができて、僕じゃなくて、さらにサイドバックが上がったりとかできるから。そういうこと(攻撃に厚みが出る)ですよ。

 ――クラブでは主に左サイド、代表では右サイド。カットインの練習は違和感を埋める作業か

 原口:もちろん、一番得意なのは左だけど(前所属の)ヘルタ(ドイツ)でも長い時間、右サイドをやっていたし、そんなに違和感なくやれる。ドリブルに関しては左サイドのほうがやりやすいけど、やるからには突破したいし、シュートに持っていきたいので、今日(の練習)は相手を付けて良い感覚を取り戻せるようにした。

 ――初めてのW杯に向かっていく中でコンディション、メンタル、どう持っていくトライか

 原口:僕は何も心配していない。普通。普通にやっていれば必ず…。コンディションに関しては何年も自分と会話してきた、自分の体と。どうしたら上がっていくかとか、どういうタイミングでトレーニングしたら上がっていくかとか分かっている。その気持ちの面も含め、本当に一発勝負でグッと入る試合は得意だと思っている。あんまり心配していない。

 ――W杯最終予選では4試合連続ゴールと勢いがあった。8日(日本時間9日)のスイス戦で得点すれば波に乗れる

 原口:もちろん、どの試合も(ゴールを)取りたいし、取れたらいい…。難しいけど本番で取れたらいい。でも次(スイス戦)に取れたらいいね。自信になるから。

【一部発言だけ切り取られ対立あおられる】

「本田ディスり」騒動の発端は、原口が3日の練習後に取材で語った言葉だった。

 西野監督が取り入れた3バックシステムで、同じ右サイドでコンビを組む本田との連係について「一番ボールが収まる選手。彼に当てたときは、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思う。うまく使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」とコメントした。

 すると、原口の発言を目にした一部ファンの間で「他の選手よりも1テンポ遅い」との部分だけがクローズアップ。スピードのない“本田批判”との声が続出した。「これ実質的な本田dis(ディス)だな」「これ相当イラつかれてんな」「ケイスケホンダ嫌味言われてて笑える」などと、原口と本田が対立しているかのような構図となり“炎上”していた。

【“炎上隊長”長友が絶賛】“炎上隊長”の日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)が原口を絶賛した。「あれだけ走ってくれるのは彼も海外にいて、自分のことを理解し、スプリントを磨いている。今日もジムに行ったら、トレーニングしている姿を見た。今の活躍も、裏づけされていますよね」と話した。また、自身の現状についても「難しい状況の方が燃える。何度も『長友は厳しいんじゃないか』と言われてきた。その度に反骨心にして絶対に這い上がってやると思ってやってきた」と。気合をみなぎらせていた。

東スポWeb 6/7(木) 11:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000004-tospoweb-socc

 

15 :2018/06/07(木) 15:00:00.94

タメが出来てサイドバックも上がれるが、当然相手も戻る時間があるw

 

25 :2018/06/07(木) 15:02:48.60

原口のような前目からSBになった選手としては前がアタッカーよりはやりやすいではあるんじゃね

 

34 :2018/06/07(木) 15:06:55.46

W杯のレベルだと、ワンテンポ遅かったらパスすら出てこないだろうけどね。
この辺が俺達のサッカーが通用しない理由。

 

37 :2018/06/07(木) 15:07:55.84

速い攻撃が存在するのならタメは有効だろうよ
両方できるならより効果的な方を選ぶだけだからな

 

41 :2018/06/07(木) 15:08:58.93

一流はワンテンポ早くすることも遅くすることもできる

 

52 :2018/06/07(木) 15:10:32.03

以前はワンテンポ遅らせてる感じはあったが、
今は単に遅いだけになった

 

83 :2018/06/07(木) 15:17:27.47

スペインの目利きと言われるコーチの分析も両サイドの上がるタイミングが早い、だったな

 

97 :2018/06/07(木) 15:20:52.24

1テンポ遅いをタメを作るってわからない人はサッカーを知らない人

 

122 :2018/06/07(木) 15:28:13.22

こうしてみんなメディアやSNSにウンザリしていくんだろうな

 

159 :2018/06/07(木) 15:38:12.06

ワンテンポ遅れる間に2メートルぐらいは動けるな。
それだけスペースがなくなるって事

 

203 :2018/06/07(木) 15:47:13.08

原口干されないか心配だわ
西野の本田贔屓は異常だからな
しかし本田もそうだけど大迫をスタメンで本当にいいのか?
大迫はタメ作れるけどゴール少ないしカウンターサッカーするなら合わないよ
スピードある武藤の方がいいんじゃないか
大迫はトップ下ならいいと思うけど

 

209 :2018/06/07(木) 15:48:37.71

>>203
大迫は、いい意味で、ゴールに背を向けたプレーで輝くFW

 

259 :2018/06/07(木) 16:02:48.26

戻ってくる時はワンテンポ早くしてほしいと言えよw

 

288 :2018/06/07(木) 16:09:41.09

効果的にタメを作る時ともっさりと無駄に遅い時と両方あるのが本田。

 

306 :2018/06/07(木) 16:16:32.13

イタリアで本田のためとか鬼キープとか言ってほめてるの見たことないわ

ミランOBやイタリア紙に遅いとかカタツムリとかボロクソ言われてたのは知ってるけどw

 

311 :2018/06/07(木) 16:19:12.69

>>306
アバーテとのコンビは褒められてたよ
なんでも叩かれた時のことしか覚えてないのは不健全だぞ

 

336 :2018/06/07(木) 16:27:56.23

メキシコとかの見るとダイレクトで出したりもしてるし本田が上がりを感じれば出てくるんじゃね?あとダイレクトでリターン欲しかったら左で蹴れる所にな右足に出したら左に持ちかえるからワンテンポ遅れる

 

338 :2018/06/07(木) 16:28:04.32

本田が遅いと言ったら素人ダーってw
じゃあセードルフも素人やんけ

セードルフ「本田はもう少し速くプレーする必要がある、私がイタリアで彼の起用に困っていた理由はプレーの遅さだ。」

 

363 :2018/06/07(木) 16:35:49.37

テンポなんてのは状況に応じて変化するもので、1テンポ遅くなんて表現はおかしい
原口は本田が遅いと言ってるんだよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528350854/