ヘタフェがウエスカ撃破で8試合ぶり勝利…久保建英はベンチ入りも出場機会なし、岡崎慎司は77分から出場

25日に行われたラ・リーガ第33節、ウエスカ対ヘタフェは2-0でヘタフェの勝利に終わった。ウエスカFW岡崎慎司、ヘタフェMF久保建英はともにベンチスタートとなり、岡崎が77分から出場して久保は出場機会なし。日本人対決は実現しなかった。

1週間で3試合行われるラ・リーガの3戦目。ウエスカは前節がアトレティコ・マドリー戦(0-2、岡崎が先発出場)、ヘタフェは前々節がレアル・マドリー戦(0-0)、前節がバルセロナ戦(2-5、久保が先発フル出場)と、両チームともに勝利の見込めない試合をこなしてきたために、残留を果たすべくこの一戦に懸ける想いは強い。

前半から主導権を握ったのは、ヘタフェだった。とりわけ非ボール保持時のアグレッシブさ、プレッシングが凄まじく、ボルダラス監督が率いるチームの最盛期が戻ってきたよう。そうして時間の問題のように思えた先制点は、20分に生まれる。ダミアンのクロスにニアのハイメ・マタが合わせ、これはGKアンドレス・フェルナンデスに弾かれるものの、こぼれたボールをエネス・ウナルが押し込んだ。

1-0で前半を終えたヘタフェは、52分に追加点を獲得。ジェネのボール奪取を起点に速攻を仕掛けると、サイドから内に切れ込んだエネス・ウナルがグラウンダーのシュートでネットを揺らし、ここ2試合で3得点目を記録した。

ウエスカのパチェタ監督は77分にサンドロとの交代で岡崎を投入。以降、日本人FWの精力的なプレーもあって攻勢を強めた同チームはラファ・ミルを中心に決定機を迎えていったが、決め切れない。対してボルダラス監督はアレニャーを投入するなどしてボールを落ち着かせ、ウエスカに1点を返されることもなく試合終了のホイッスルを迎えている。

じつに8試合ぶりに勝利を手にしたヘタフェは勝ち点34で15位に位置。3連敗のウエスカは勝ち点27で降格権19位に沈んでいる。

GOAL 4/25(日) 22:48配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d66783743577c8604679325a83788bbe1bd6347f

写真
https://twitter.com/SDHuesca/status/1386298055209615371

Highlights SD Huesca vs Getafe CF (0-2)
https://youtu.be/7WJ8UEpI0eo




 

506 :2021/04/25(日) 21:21:47.35

誰も動いてねぇ

 

507 :2021/04/25(日) 21:51:50.99

何時からだっけ

 

508 :2021/04/25(日) 22:09:11.37

21時
終わってないけど負けました

 

511 :2021/04/25(日) 22:24:33.76

しかしつまんねーサッカーだな

 

512 :2021/04/25(日) 22:32:12.90

岡崎キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

 



514 :2021/04/25(日) 22:48:50.13

岡崎が出れたのはよかった

 

515 :2021/04/25(日) 22:48:52.18

こんだけ球おさめてスペース作ってんのに何見てんだろ

 

516 :2021/04/25(日) 22:50:00.45

岡崎は相手ひきつけてラファミルフリーにしたり、かなりいい働きしてた

 

518 :2021/04/25(日) 22:53:33.46

やっぱり岡崎最初から出したほうがいい
アトレティコ戦見て思ったけど今日確信した
あとラファミル最近調子悪いね。どっか痛めてるのかなあ

 

519 :2021/04/25(日) 22:58:50.78

>>518
疲れてるよなどうみても

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611409809/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット