なぜ三笘のドリブルは止められない? 元日本代表DFが解説「“後出しジャンケン”できる」

三笘の驚異的な突破力を栗原氏がCB視点で解説「だからこそ、止められない」

 分かっていても、止められない――。川崎フロンターレのMF三笘薫ほど、今の日本人選手でこの言葉が似合う存在はいないだろう。昨季にデビューを果たしたばかりだが、その驚異的な突破力で早くも“Jリーグの顔”としての立場を確立しつつある。「なぜ止められないのか」との問いに対し、現役時代に横浜F・マリノスで活躍した元日本代表DF栗原勇蔵氏は、「三笘は“後出しジャンケン”のドリブルができる」と、センターバック(CB)視点で卓越した突破力について解説してくれた。(取材・文=Football ZONE web編集部・城福達也)

   ◇   ◇   ◇

 川崎の下部組織で育った三笘は、筑波大学を経て、昨季にプロデビューを果たしたが、J1ルーキー最多得点タイ記録となる13得点をあげるだけでなく、12アシストと計25得点に絡む活躍を見せ川崎のリーグ優勝に大きく貢献。年間ベストイレブンにも選出されるなど、プロ1年目としては歴代最高クラスの強烈なインパクトを放った。

 今季も勢いそのままに川崎の主力として多くのゴールに関与しており、今やJリーグで最も注目すべき存在となっている。圧倒的なドリブル突破を最大の持ち味としているが、「仕掛けてくる」と分かっていても、相手守備陣は三笘を防ぐことができないものなのだろうか。

 栗原氏は「三笘は“後出しジャンケン”のドリブルができる。だからこそ、止められない」と指摘し、三笘の武器を象徴する2つのドリブルのシーンについて解説している。

 まずはJ1リーグ第8節サガン鳥栖戦(1-0)のワンシーンについて言及。1-0で迎えた後半27分、左サイドでパスを受けた三笘は、MF飯野七聖とMF樋口雄太の挟み撃ちに遭うも、独特なステップで振り切ってカットインすると、スライディングタックルを敢行したMF松岡大起も最小限のタッチでかわし、ゴール前までボールを運んでいた。

 いとも簡単にスルスルと相手守備網を打開した突破について「足首でかわすドリブル。代表格で言えば、(バルセロナFWリオネル・)メッシが同じようなドリブルをする。ボールを取れるかもしれないと思わせる絶妙な距離感を保っていて、食いつこうか迷わせた状態で勝負できるから、ずば抜けた特別なスピードが必要なわけでもない」と語った。

「剛速球のストレートを持っているから、フォークやチェンジアップが活きる」

 しかし、三笘の凄みはそれにとどまらない。「先ほどはテクニカルの面を強調したけれど、実際は、シンプルに三笘って飛び抜けて速いんですよ」と切り出し、今度は柏レイソル戦の場面を取り上げた。0-0で迎えた後半35分、左サイドでボールを持った三笘は、爆発的なスピードで対峙していたDF高橋峻希を振り切ってペナルティーエリア左に侵入。MF家長昭博の決勝点をアシストした。

 栗原氏はこのプレーについて「これは本当に相当速い。ゴールラインまで10mくらいのスペースだけど、最後は右足でパスを出せるくらいまで距離を離しているということ。普通であれば、左足で入れる余裕しかないはず。峻希もかなり速いはずなのに、どれだけスピードに差があるんだというレベル。実際に目で見るより、体感スピードは段違いで速いのだと思う」と言及した。

「(川崎の下部組織でコーチを務める)矢島卓郎と少し前に話した時も、三笘はスピードでも川崎で一番速いと言っていた。一瞬のスピードもめちゃめちゃ速いと驚いていた。野球で言えば、剛速球のストレートを持っているから、フォークやチェンジアップが活きる。抜群の縦突破があるからこそ、相手DFは迷ってしまう。食いつけば足首でかわせるし、食いつかなければ縦の突破で振り切られる。つまり、後出しジャンケンができるということ」

 3月26日に行われた国際親善試合のU-24アルゼンチン戦(0-1)で三笘は先発を飾ったものの、本領を発揮するには至らなかったが、「川崎の選手は、三笘の良さを分かっているから、チームメートがドリブルできるスペースを作り出す動きをしているが、アルゼンチン戦では例えば三笘が走り込みたいスペースに味方が走り込む場面も見られたので、そういう点でも、代表では持ち味を発揮するのに苦労したのかもしれない」と振り返っている。

 三笘の備える実力やポテンシャルは申し分がないため、必要なのは国内外での経験値となるが、Jリーグと日本代表の舞台で戦ってきた百戦錬磨の栗原氏も「今後の日本を担っていく逸材であることは間違いない」と太鼓判を押していた。

Football ZONE web 4/24(土) 10:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf27981063c9c0cdf470683f4ab27921b5d6dad

川崎MF三笘薫のドリブルを解説【写真:Getty Images】
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cf27981063c9c0cdf470683f4ab27921b5d6dad/images/000

【動画】栗原氏が解説した川崎MF三笘の2つのドリブル
https://www.football-zone.net/archives/318959/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=318959_6




 

3 :2021/04/24(土) 11:00:04.47

アルゼンチンには止められてたけどね

 

4 :2021/04/24(土) 11:02:19.36

国内限定だけどな

 

5 :2021/04/24(土) 11:03:25.43

スペースに余裕がないと出来ないとか4大クラスの海外は無理じゃん
リーガなんか特に寄せ速いし

 

6 :2021/04/24(土) 11:03:41.10

代表では止められまくりだったがな…

 

9 :2021/04/24(土) 11:05:09.09

相手チームの足が止まった後半限定

 



11 :2021/04/24(土) 11:06:01.86

印象より得点とアシスト少ないな

 

15 :2021/04/24(土) 11:08:00.65

Jだから

 

18 :2021/04/24(土) 11:09:28.29

ディレイ守備の国内限定だろw
アルゼンチンみたいな最短距離でガツンとくる相手には通用しなかったじゃん

 

20 :2021/04/24(土) 11:09:41.52

後出しされる前に体当てちゃえばジャンケンすらできないんだよね

 

22 :2021/04/24(土) 11:10:34.82

日本のDFが緩すぎるんだよ
この手のタイプのドリブルは中東勢にすら通用しない

 

29 :2021/04/24(土) 11:12:24.66

>>22
DFが緩いんじゃなくて、川崎の攻撃陣が強すぎるから。
三笘はその中の一駒にすぎないのよ。

 

23 :2021/04/24(土) 11:10:37.61

国内での活躍のみを考えるならコレで良いんだろうね。相手の足が止まってたり自分に対して引いてくれる相手じゃないとダメなタイプだし

 

24 :2021/04/24(土) 11:11:14.77

jリーグは寄せが甘すぎる

 

31 :2021/04/24(土) 11:12:56.89

今年の神戸戦では止めてた。
筑波でチームメイトだった山川と、菊池のコンビで完勝でしたよ。

 

37 :2021/04/24(土) 11:16:36.41

だからといって、日本でここまで無双できる選手もそんないなかったからな
水準は間違いなく高いでしょ

 

40 :2021/04/24(土) 11:18:12.35

スペース空きまくりのベルギーならJ以上に無双できるだろうな
20ゴール20アシストも可能

 

43 :2021/04/24(土) 11:19:54.40

アルゼンチンには後出しする前に潰されて普通にロストする模様

 

44 :2021/04/24(土) 11:20:35.76

アルゼンチンだと豪速球が普通の球
そうなると変化球も通用しないと

 

50 :2021/04/24(土) 11:25:13.11

なぜアルゼンチン戦だけでダメって言われてるのかわからん
元々五輪世代ではシャドーで使われててそこでは結構よかったのに急に4-5-1で旗手と川崎ごっこさせられたらダメだっただけでしょ
まだ見限るのは早いわ

 

53 :2021/04/24(土) 11:28:07.46

みとまジャパン早く観たい

 

61 :2021/04/24(土) 11:32:27.47

先に動くからや。ディレイに徹しろ

 

64 :2021/04/24(土) 11:32:52.60

マリノスの練習が終わると街のアウトローと決闘した行ってた栗原なら三苫を蹴って止めただろう
なんなら松田と前後から蹴る

 

72 :2021/04/24(土) 11:35:13.71

日本人にドリブラーなんて無理だよ
所詮Jで通用してるだけ

 

73 :2021/04/24(土) 11:35:52.54

>>72
相馬のドリブルはアルゼンチンにめっちゃ通用してたがな。

 

84 :2021/04/24(土) 11:39:52.04

海外リーグでは相馬のほうが通用すると思う。
両足を同レベルで蹴れるから。
縦突破でアウトサイドしか使えないのはどうなのッて思うわ

 

90 :2021/04/24(土) 11:41:49.80

久保が近づいてスペース消して邪魔しないからなJでは

 

91 :2021/04/24(土) 11:42:05.84

もっとスピードがないと厳しそう

 

92 :2021/04/24(土) 11:42:36.89

久保と相馬は相性は抜群だった。

 

96 :2021/04/24(土) 11:45:21.72

相馬と三笘を相手に合わせて使い分けるだろう
カウンター狙うなら絶対相馬だけど
相手引いて中盤で繋げるとなると相馬は不器用で物足りなくなる

 

111 :2021/04/24(土) 11:52:34.75

今季12試合4ゴール2アシストなのか
普通になってるやん

 

112 :2021/04/24(土) 11:53:03.39

アルゼンチン戦からJでも縦にあまり行かなくなったよね。

 

115 :2021/04/24(土) 11:54:23.78

代表では止められまくりって言う人はこないだのアルゼンチン戦しか見てないだろ

 

122 :2021/04/24(土) 11:59:49.11

アルゼンチン戦を物差しにするのは違うかな
久保とスペース潰しあっていてまともに勝負できるシーン自体が少なすぎた印象

とはいえあんまり外人に通用するような持ち方には見えないかな

 

131 :2021/04/24(土) 12:04:23.74

守備ゆるゆるのJリーグで活躍してもなぁ
もうすぐ24歳だし、なるべく早く欧州に行くべき

 

132 :2021/04/24(土) 12:04:49.39

海外で成功するとしても原口みたいなつまらない労働者にされてしまうのが関の山だろう

 

148 :2021/04/24(土) 12:10:48.58

闘莉王は三笘評価してたけど古橋はもっといいと言っていた
とにかく最近は足が純粋に速い選手が増えて見てて面白い

 

152 :2021/04/24(土) 12:12:28.27

ドリブルにこだわってるようではトップリーグではまず無理だと思うよ
ドリブルを活かすじゃないと
それと運動量ふやして守備頑張らな使ってもらえない

 

153 :2021/04/24(土) 12:12:37.27

伊東純也なんかも海外じゃ通用しないとか言われてた

 

166 :2021/04/24(土) 12:23:39.99

>>153
直線番長のほうが海外じゃ可能性あるわ

 

155 :2021/04/24(土) 12:12:59.92

川崎だと三苫に激しく行っても真ん中にダミアンと逆サイドに家長いるしSBが裏狙ってくとかもあるから

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1619229511/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット