開幕5戦5発の大久保嘉人はC大阪の何をどう変えたのか?

 敵陣右サイドの深い位置からクロスが放たれた瞬間に、セレッソ大阪のリザーブに名前を連ねていたFW加藤陸次樹(むつき)は味方のゴールを確信した。一挙手一投足を追いかける大先輩、FW大久保嘉人が横浜FCのゴール前で、いつものように相手との駆け引きを制していたからだ。

 敵地・ニッパツ三ツ沢球技場を襲った雷雨の影響で、2時間遅れの午後4時にキックオフされた13日の明治安田生命J1リーグ第4節。最終的には4-1の快勝につながるターニングポイントとなった、大久保らしさが凝縮された今シーズン5ゴール目で勝ち越したのは後半15分だった。

 最終ラインのDF瀬古歩夢からロングパスを受けた右サイドバックの松田陸が、前方のスペースへはたいたボールをMF坂元達裕が拾う。そして、右タッチライン際で坂元が時間を作っている間に松田が内側のレーンへ、マーク役のFWジャーメイン良の背後を突く形で走り込んでいった。

 次の瞬間、坂元は対面にいたDF高木友也の股間を通すパスを、ペナルティーエリア右横に広がるスペースへ通した。トップスピードに乗った状態で追いついた松田が低く、速いクロスをワンタッチで供給するまでの数秒間に加藤は心を震わせていた。視線の先には大久保がいた。

「リク君(松田)がボールを蹴る瞬間に相手の前に入る動きは、本当にタイミングがばっちりでした」

 右サイドで坂元と松田が仕掛けているとき、大久保は横浜FCのセンターバック、伊野波雅彦の死角となる背後で気配を消すように無造作に立っていた。そして、加藤が指摘した通りに、松田がクロスを放つ体勢に入るや、一気にスピードアップして伊野波の前方へ飛び込んできた。

 虚を突かれた伊野波の反応がわずかに遅れる。しかし、ゴール前では一瞬の差が、天国と地獄とを分ける。クロスの落ち際を見極めた大久保は宙を舞い、追いすがる伊野波を自身の身体でブロックしながら、スプリントで生み出された勢いを、頭を介してすべてボールに叩きつけた。

 公式記録では「ヘディングシュート」となっている今シーズン5ゴール目はおそらく顔面で、文字通り執念で押し込んだものなのだろう。チームメイトたちと喜びを共有した後に何度も鼻のあたりを気にしていた大久保へ、加藤はピッチの外からあらためて憧憬の思いを注いでいた。

「ゴールを決めるときには、ボールが来る前に常にいい動きをしている。あの動き出しは見本として、いつもDAZNなどで振り返りながら勉強させてもらっています」

 23歳の加藤は中央大学から加入した昨シーズンのツエーゲン金沢で、42試合を戦う長丁場のJ2戦線にチームでただ一人、全試合に出場。チーム最多の13ゴールをあげた実績を評価されて、昨年末にセレッソへ完全移籍で加入した。そして、年が明けてまもなくして、大久保の復帰が決まった。

「最初はちょっと恐る恐る、という感じでしたけど、いまはいい人だとわかっているので」

 15歳も年が離れた、雲の上の存在と言っていい大久保へ、新チームが始動して間もないころはちょっぴり恐縮しながら、いま現在では積極的にあれこれと聞いていると加藤は打ち明ける。

「一番はやっぱりシュートの打ち方というか、いつも『どうやって打っているんですか』とよく質問しています。でも、ちょっと自分が真似できるような打ち方ではないので」

 大久保の説明や、実際に練習や試合で目の当たりにしたシュートに驚いていると、今度は「自分自身に合ったような打ち方、形を決めた方がいいよ」とアドバイスされた。いまでは「もう練習あるのみだと思っています」と笑う加藤は、横浜FC戦の後半42分に待望の瞬間を手繰り寄せた。

 中央付近でパスを受けたキャプテンのMF清武弘嗣が素早く反転し、左サイドへ駆け出していたFW高木俊幸へスルーパスを通す。スピードに乗った体勢で相手を引きつけた高木が、がら空きとなった中央へ折り返す。全力でフォローしてきたのは、4分前に途中出場していた加藤だった。

「トシ君(高木)が本当に素晴らしいボールをくれたので、僕はしっかりボールを見て右足に当てるだけ、という感じでした。なので、今日はトシ君に感謝しています。とにかく数字を残したかったので、少ない時間のなかで結果を残せたことを本当に嬉しく思っています」

 前節の清水エスパルス戦の終了間際に、加藤は自ら獲得し、蹴ったPKを止められていた。それでも周囲から「次、次」と励まされてから3日後に決めた、記念すべきJ1初ゴールとなる3点目。すべて途中出場ながら、加藤を4試合で起用してきたレヴィー・クルピ監督も思わず相好を崩した。

「チャンスをつかんだときに『絶対に結果を残す』という強い気持ちを常に見せていた」

 がむしゃらさや必死さが現時点における加藤の最大の武器だとすれば、大久保の「自分自身に合った――」というアドバイスが、特にメンタル面でしっかりと生かされていた跡が伝わってくる。

 横浜FC戦を含めて、5試合中で4度にわたって大久保と先発で2トップを組んでいる、26歳の豊川雄太も「日本でナンバーワンのストライカーだと、僕は思っています」と畏敬の念を抱く。

「その人と一緒にプレーできているのはすごく幸せなことであり、学べることが数多くある。一番は点を取れるところを知っている、というのをすごく感じています」

 熊本県の強豪・大津高から鹿島アントラーズ、ファジアーノ岡山、ベルギー1部のオイペンをへて昨シーズンにセレッソへ加入。けがで途中離脱を強いられながらも、復調した後半戦で5ゴールをあげた豊川は、横浜FC戦の前半25分に今シーズン初ゴールとなる先制点を決めた。

 敵陣の右サイドからボランチの原川力があげた、山なりのロングパスが強風に揺られる。素早く落下点に入った豊川は、飛び出してきた相手ゴールキーパー南雄太が味方と重なり、体勢を崩した隙を突いて巧みにバックヘッドを一閃。無人のゴールにボールを流し込んだ。

「キヨ君(清武)やタツ(坂元)、オッ君(奥埜博亮)やリキ君(原川力)がやっぱり前を見てくれるので、僕と嘉人さんはゴールすることに集中できるとプレーしていて感じています」

 チームが開幕から5試合連続で複数得点をあげてきた理由を問われた豊川は、良質なパスを供給してくれる中盤を形成する、左右のサイドハーフとダブルボランチの名前をあげた。横浜FC戦の後半アディショナルタイムには高木もミドルシュートを決め、大久保以外はゴールを決めていなかったフォワード陣でようやく豊川、加藤、高木が「1」で続き、シーズン初の連勝で白星をひとつ先行させた。

 今シーズン最多となる4ゴールのなかでも、大久保のそれは横浜FCへ大きなダメージを与えた。

 5分前の後半10分に清武が放ったミドルシュートのこぼれ球を、誰よりも早く相手ゴール前へ詰めた大久保が拾い、南を十分に引きつけた上で左側にいた豊川へパスを出した。しかし、雨水がたまったピッチが影響したのか。フリーだった豊川の右足は、ボールをとらえられなかった。

 そして、九死に一生を得たとばかりに直後に横浜FCが同点に追いつき、さらに攻勢を強めていた矢先に大久保が雄叫びをあげた。心理的にショックを受けたと、横浜FCのMF松尾佑介は言う。

「同点にして、これからというときに失点してしまったのが痛かった」

 勝負どころも見極めている大久保の一撃がチームを鼓舞し、日々の立ち居振る舞いを介して影響を受けてきたフォワード陣が続いた。ジュビロ磐田でプレーした2019シーズンは1ゴール、J2の東京ヴェルディに所属した昨シーズンは無得点に終わり、限界説もささやかれながら復帰したセレッソで「1試合、1試合必死ですよ」と笑う38歳のベテランが、いまや中心で光り輝いている。

 2019年11月から「185」で足踏みしたままだった、J1歴代トップを独走する通算ゴール数は、開幕から2週間で一気に「190」に達した。前人未到の大台到達へのカウントダウンが進んでいくたびに大久保が放つ存在感が増し、セレッソへさまざまな相乗効果をもたらしていく。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE 3/14(日) 6:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b55cb5816fbd0b1380dbe8954ece9be07ab1d517

また38歳のセレッソ大阪・大久保嘉人が決勝点。自らの持つJ最多得点を「190」まで伸ばす(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b55cb5816fbd0b1380dbe8954ece9be07ab1d517/images/000


 

5 :2021/03/14(日) 09:57:19.97

どっかって言うとセレッソとヴェルディとの違いを見た方が早い

 

9 :2021/03/14(日) 10:22:51.32

めっちゃダサいゴールでも決めるんだよな

 

11 :2021/03/14(日) 10:29:08.96

結局周りのメンバーと戦術で得点に注力できるかどうかで結果は相当変わるね

そういう意味でゴール数やカテゴリーだけでサッカーは語れないという良い例だと思うわ

 

14 :2021/03/14(日) 10:57:43.91

ていうか
大久保ばかりでクルピがまったく評価されてないのが不思議なんだが

 

31 :2021/03/14(日) 12:37:40.35

>>14
負けてもいるからね
失点多いし

 

17 :2021/03/14(日) 11:50:15.77

森島が無理矢理に大久保戻したのは正解だったな
大久保も並の心構えで挑んでないはず
凄えよ

 

22 :2021/03/14(日) 11:59:25.75

40近くなって衰えたどころか今が全盛期なんじゃないかとすら思えるw

 

23 :2021/03/14(日) 11:59:26.99

シュート数みたらスゲー少ないんだよな12本で5点
数少ない決定機を決めてる確変?

 

24 :2021/03/14(日) 12:04:48.74

駆け引きがうまいし常に狙ってるから相手からしたら嫌だろうね
プレスも精力的で驚き

 

26 :2021/03/14(日) 12:14:53.88

清武が怪我してゲームメークはじめたら元に戻るかな

 

29 :2021/03/14(日) 12:36:04.93

>>26
今のセレッソは清武の左サイドというより右サイドからの攻撃の方が主だよ
もちろん清武もすごいんだが

 

27 :2021/03/14(日) 12:23:59.26

お爺ちゃんパワー炸裂

 

28 :2021/03/14(日) 12:25:19.98

ヴェルディ複雑

 

30 :2021/03/14(日) 12:36:16.95

脳筋にみえて実はサッカー脳が高い大久保
2列目以降ならサイド中央トップ下シャドー1トップなんでもござれ

 

33 :2021/03/14(日) 12:50:21.54

今のセレッソってボール出せる選手多いから仕事少なくなってFWとしては楽だわな
貰い手はFWと奥埜ぐらいか

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1615683084/
このエントリーをはてなブックマークに追加