久保建英の存在感は18秒 ヘタフェ大量5失点ボロ負けの深層

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)が、日本時間26日午前5時開始のアスレティック・ビルバオ戦で存在感を示したのは<前半の18秒>までだった。

 主戦場の右サイドMFで先発した久保が開始早々、相手エリアでクリアボールを好カット。すかさずPA内の1トップFWマタにパスを送る。

 そこから右サイドに展開。トップ下MFアレニャがファーサイドに浮き球ラストパス。左サイドMFククレジャがヘッドを叩き込み、久保が開始18秒の早ワザ先制弾をお膳立てした格好である。

 もっとも、ここから後半24分にベンチに退くまで久保は<ピッチ上から消えて>しまった。

 ビルバオ各選手は失点のショックも見せず、前線から強烈プレスをかけまくり。

 これにヘタフェ選手は浮足立ち、久保にしてもボールを足元に収めた瞬間、複数選手に囲まれてボールをロストするシーンも多かった。

 1―1で迎えた後半5分、ビルバオが逆転弾をゲット。前掛かりとなったヘタフェは攻守のバランスを崩し、後半37分までに連続失点。前節まで18試合・18失点の堅守がボロボロになり、屈辱的な大差負けを喫した。

「ビルバオは、どの選手も強度の高いプレーでヘタフェの選手を追い詰めて常に試合を優位に進めていった。同時期にヘタフェ入りした技巧派MFアレニャも先制の場面以外、目立ったプレーは見せられなかった。ビルバオはボールを奪うとサイドに展開し、そこからヘタフェゴール前にクロスを放り込んでいく。このシンプルな戦術が効果的だったのも、この日2得点のFWラウル・ガルシアのような決定力の高いストライカーがいるからこそ。ヘタフェFWマタはPKを失敗した上にポストプレー、競り合いなどの局面でひ弱さが目立った。両チームの点取り屋のレベル差が、試合結果に反映されました」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 ヘタフェは次節、降格圏内の18位アラベスと対戦する。31日午後10時キックオフ。

 久保の移籍後初ゴールに期待したい。

日刊ゲンダイDIGITAL 公開日:2021/01/26 10:40 更新日:2021/01/26 10:40
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/284355


 

9 :2021/01/27(水) 11:05:20.06

ビルバオ強いからな

 

12 :2021/01/27(水) 11:05:59.34

Rガルシアいるししゃーない

 

14 :2021/01/27(水) 11:06:44.35

ゲンダイお得意の適当記事
こいつらまじで取材しないからな

 

30 :2021/01/27(水) 11:13:26.81

相手はカップ戦制して意気揚々だったしPK失敗がもったいなさ過ぎたな

 

32 :2021/01/27(水) 11:14:14.83

もう弱点はバレてる
一皮むけるしかない

 

53 :2021/01/27(水) 11:23:19.10

劣勢の中でどうにかできる選手じゃないとマドリークラスは試合出してくれないぞ

 

61 :2021/01/27(水) 11:25:19.17

久保は守備頑張ってるように見えるが、相手は毎回久保サイドから攻めてきてるのがどういうことかわかるよな?

俺が監督でも久保サイドから攻めさせる

 

95 :2021/01/27(水) 11:34:33.60

久保いると守備ゆるくなるからな
その割に決定的な仕事するわけじゃないし

 

97 :2021/01/27(水) 11:35:27.56

乾はフィジカル特にないけど普通にリーガでやれてるけどね

 

101 :2021/01/27(水) 11:38:53.07

乾には推進力あるドリブルあるから

 

112 :2021/01/27(水) 11:43:22.79

さすがに乾と比較するのは酷じゃね
これからの選手だろう

 

115 :2021/01/27(水) 11:44:50.73

ああいう試合で負けた側の個々の選手について語ってもな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611712691/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク