神戸が2度のVAR判定に泣き延長でACL決勝進出を逃す…三木谷会長は意味深ツイート

 メインスタンドで思わず立ち上がり、祈りを込めるように戦況を見守っていたヴィッセル神戸のキャプテン、アンドレス・イニエスタが目の前の手すりに身体を預けながら顔を沈めた。

 中東カタールのアルジャノブ・スタジアムのピッチ上では、PKを決めたFWジュニオール・ネグランを中心に、蔚山現代(韓国)の選手たちが歓喜の輪を作っている。延長戦が終了する直前に喫した痛恨の逆転ゴールとともに、アジア制覇を目指した神戸の挑戦が夢半ばで終わりを告げた。

 新型コロナウイルスによる長期中断を経て、先月下旬からカタールにおける集中開催の形で再開されたACLは13日に東地区の準決勝1試合が行われ、蔚山が延長戦の末に2-1で神戸を撃破。すでに西地区を勝ち抜いているペルセポリス(イラン)が待つ、19日の決勝進出を決めた。

 延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込んだ水原三星(韓国)との準々決勝から中2日。神戸を率いる三浦淳寛監督は右足のつけ根を痛めている大黒柱のイニエスタを先発だけでなく、ベンチ入りメンバーからも外して、今大会を無敗で勝ち上がってきた蔚山との大一番に臨んだ。

「アンドレス・イニエスタという選手がいるといないのとでは当然、差があると思います。ただ、非常に残念な結果になりましたけど、一体感のもとに勇敢に戦った選手たちを誇りに思います」

 悔しさを押し殺すように、試合後の記者会見で三浦監督は淡々とした口調で120分間におよんだ激闘を振り返った。7日の上海上港(中国)との決勝トーナメント1回戦で負傷交代し、10日の水原戦ではPK戦をにらんで延長後半の途中から強行出場。1番手を託されたPK戦で確実に決めた直後に患部を押さえ、苦痛で表情を歪めたイニエスタの状態は、途中出場すらかなわないほど重症だった。

 今シーズンのJ1リーグを振り返れば、イニエスタが先発しなかった場合は2勝6分け3敗の星を残してきた。神戸をけん引する36歳の大黒柱が見守るなかで、準々決勝までの8試合で大会最多の19得点を叩き出してきた蔚山の攻撃陣を、神戸は気迫のこもった守備で封じ込める。

 迎えた後半7分に獲得した右CKで試合が動いた。直前にも蹴った右CKをニアサイドへ、低く速いクロスを供給していたMF安井拓也は、一転してペナルティーエリアの右角あたりへ侵入してきたゲームキャプテン、MF山口蛍へのグラウンダーのボールを送る。

 実は安井がボールを蹴る直前に、神戸の選手4人がいっせいにニアサイドへ移動していた。蔚山の選手たちを誘きよせるサインプレーが鮮やかに的中し、フリーの状況になった山口が右足を一閃。ペナルティーエリアの対角線を縫うように、蔚山ゴールの左隅へ待望の先制点が突き刺さった。

 同30分には敵陣で安井が相手ボールを奪取。すかさず発動させたショートカウンターから、ペナルティーエリア内の右側へ走り込んでいった安井が右足を振り抜く。シュートは相手キーパーに防がれたものの、逆サイドを詰めていた途中出場の21歳、FW佐々木大樹がこぼれ球を押し込んだ。

 しかし、勝負を決する2点目が決まったかと思われた直後に、ナワフ・シュクララ主審(バーレーン)がおもむろに試合を中断する。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)とのやり取りとモニターによる映像確認を経て、安井のボール奪取時に反則があったとしてゴールが取り消された。
 準々決勝から導入されているVARは同36分にも試合を大きく動かす。味方が放ったシュートに、前方にいたFWビヨルン・ヨハンセンがわずかにボールに触れる。コースを変えた一撃は神戸ゴールの右隅へ転がり込んだが、ヨハンセンのオフサイドと判断した副審が旗を上げた。
 シュクララ主審も一度はオフサイドと判定したが、VARの連絡を受けて再び試合を中断。今度はシュクララ主審が映像を確認するまでもなく、VARのみの判断でゴールが認められた。直後に蔚山のペナルティーエリア付近で佐々木が倒されるも、チェックに入ったVARはファウルを取らなかった。

 VARが介入するたびに神戸にとって不利な判定が下され、試合の流れが蔚山へと傾いていく。冷静な心理状態を保つのが難しい判定の連続を、DF酒井高徳は「事実というものを(VARが)見ているのであれば、しょうがないことだと思います」と努めて潔く受け入れた。
「いままでわからなかったところがサッカーの醍醐味であったのかなと思いますけど、世界のルールが変わってきて、そのルールに則ってやっているので。すべてを含めて、今日の結果だと思っています」

 1-1のまま突入した延長前半には、GK前川黛也がビッグセーブを連発してゴールを死守。後半開始早々には蔚山のパスミスを拾ったFWドウグラスが相手GKと1対1になったが、膨らんだ勝ち越し弾への期待はドウグラスがFW古橋亨梧へのパスを選んだ瞬間に潰えてしまった。

 そして、再びPK戦に入る予感が漂ってきた後半終了間際に、左サイドから放たれたクロスに対して果敢に飛び出した前川がキャッチし損ねてしまう。こぼれ球をつかもうとネグランと激しく争った際にペナルティーエリア内で倒したとして、シュクララ主審がPKを宣告した。

 残り時間がほとんどない状況で奪われたリードは、2試合続けて延長戦を戦う神戸の選手たちにとってあまりにも重たかった。PKのコースを読みながらわずかに届かなかった前川は、すべての責任を背負うかのように敗退直後から号泣する。
今シーズンに入って出場機会を大幅に増やしている26歳の前川をかばうように、山口は「単純に自分たちより蔚山の方が強かった」と振り返った。

「いまの自分たちがもっている力をすべて出したと思う。結果を出せなくて(日本で応援してくれているファン・サポーターに)すごく申し訳ないですけど、ここまで来られたことに対して誇りをもって、胸を張って日本に帰りたい」

 トルステン・フィンク前監督のもとで少数精鋭を掲げてスタートした今シーズンの神戸は、J1リーグで選手層の薄さを露呈していた。9月から指揮を執る三浦監督はACLを見すえて、カタールへ発つ直前までのリーグ戦で積極的に若手を起用。安井や佐々木、前川、23歳のDF山川哲史、24歳のDF菊池流帆らがカタールの地で、未知の敵を相手に歯を食いしばりながら奮闘した。

「目標は達成できませんでしたが、我々が歩んできた道は決して間違っていなかった。この経験を生かしてヴィッセル神戸というクラブがさらなる成長を遂げられるように、引き続き努力していきたい」

 三浦監督はチーム全体を底上げできた確かなる手応えが、無念の準決勝敗退で得た収穫だと力を込めた。ACL出場クラブは帰国後の14日間の待機期間中でも、新型コロナウイルス感染の防疫措置を講じた上で練習や試合参加などの活動が可能になった。近日中に帰国する神戸は気持ちを切り替え、J1リーグで唯一残されている、19日のFC東京との最終節(味の素スタジアム)へ備える。

 もっとも、日本で戦いを見守っていた神戸の三木谷浩史会長は、敗退が決まった直後に自身のツイッター(@hmikitani)を更新。つぶやきのなかで「ジャッジには疑問が残りますが、本当に最後までよく戦いました」と選手やスタッフらをねぎらうとともに、AFC(アジアサッカー連盟)に抗議文などは提出しないのでしょうか、というリプライにこんな返信を投稿している。
「関係者の相談の上、適切なアクションを取りたいと思います」
 2018シーズンからクラブスローガンのなかに掲げてきた、アジアのナンバーワンクラブになるための初めての挑戦は道半ばで幕を閉じたが、ピッチ外での戦いはもう少し続くかもしれない。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 12/14(月) 5:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/e662a12a5c3926ee8793449596f382d14587e8b7

神戸は延長で蔚山に敗れACL決勝進出を果たせなかった(写真・AP/アフロ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e662a12a5c3926ee8793449596f382d14587e8b7/images/000




 

4 :2020/12/14(月) 09:18:31.98

山口蛍とか複数の選手が実力で負けたって言ってるのに

 

6 :2020/12/14(月) 09:19:24.07

>>4
おやー?でも審判韓国寄りですよねー?

 

13 :2020/12/14(月) 09:23:56.58

>>4
そりゃその場で審判批判できるわけないじゃん

 

5 :2020/12/14(月) 09:18:44.65

これがアジアだイニエスタ

 

7 :2020/12/14(月) 09:20:20.11

さすがにこれは切れていい

 



19 :2020/12/14(月) 09:26:30.54

三木谷頼む!
アジアのサッカーの為に八百長韓国をサッカー界から追放してくれ!

 

23 :2020/12/14(月) 09:31:15.37

イカサマW杯から学ばない国だなー

 

24 :2020/12/14(月) 09:31:37.54

まあ負けるシナリオだったからどうしようもない

 

25 :2020/12/14(月) 09:31:42.48

流石にちょっとやり過ぎてる感あるなぁ

 

26 :2020/12/14(月) 09:33:23.88

関係者なんだから潔く負けを認めろよ
山口は相手へのリスペクトを忘れなかったのに

 

28 :2020/12/14(月) 09:34:22.71

今回もヒュンダイが絡んでるからな
疑われて当然だよ

 

30 :2020/12/14(月) 09:34:48.09

2点目の取り消しは酷いわ
あんなの取られたらサッカーできないだろ

 

32 :2020/12/14(月) 09:36:13.63

蔚山が普通に強かった 延長とか完全に力負けしてた

 

34 :2020/12/14(月) 09:36:37.42

こりゃ三木谷さんに頑張ってもらうしかないね。ひっくりかえる事はないが日本相手に無茶苦茶やるとあとで大変になるという事を示さないとまたやられる

 

37 :2020/12/14(月) 09:38:00.70

まあこう言うのはやった方がいいな
非があろうが無かろうが何も言ってこない相手と思われるのは不味い

 

38 :2020/12/14(月) 09:38:21.72

言うべき事は言う!
ミッキー頑張れ!

 

39 :2020/12/14(月) 09:40:05.64

いやいやw
VARで判断されたなら仕方なくね?w

逆にVARで判断されずに審判の主観で不利な裁定ばかりされたら怒ってもいいけどさぁ

 

50 :2020/12/14(月) 09:56:01.99

>>39
VARが人間じゃないと思ってる?
ビデオ見て裁く人が増えただけでその人が偏ってたら意味ないよね

 

51 :2020/12/14(月) 09:57:27.15

ユン・ビッカラムが上手いな
これで韓国代表に入れないのが韓国の層の厚さ

 

53 :2020/12/14(月) 10:02:29.53

日本も政治力を身につけないと

 

56 :2020/12/14(月) 10:04:35.63

韓国に忖度しまくるからよえーんだよ
中国ならおかまいなしに抗議するだろうによ
三木谷がんばれ

 

60 :2020/12/14(月) 10:07:12.11

ドウグラスを放出しろ
もうダメだろ

 

65 :2020/12/14(月) 10:22:53.95

韓国勢買収ばれてまともになったんじゃなかったのかよ

 

69 :2020/12/14(月) 10:28:39.49

頼もしいぜ三木谷

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1607905031/

記事のタイトルとURLをコピー