【メキシコ戦のスタメン予想】“ベストメンバー”で最高の相手に挑戦か。真価が問われる一戦に

パナマ戦は3-4-2-1で臨んだが…

 日本時間の11月18日(水)の早朝5時に日本代表は、オーストリアでメキシコとの強化試合に臨む。森保一監督が「ワールドカップの常連国で、常にグループリーグを突破する強豪。我々の力、立ち位置を知るための最高の相手」と称するように、日本にとっては貴重なゲームになる。

 同13日に1-0で勝利したパナマとのゲームでは、指揮官は3-4-2-1を採用。「多くの選手を起用しながら戦術理解度を上げてもらう」ことを目的に戦い、植田直通、三好康児、橋本拳人ら、10月の2連戦(カメルーン戦、コートジボワール戦)で出場時間が限られた、もしくは参加できなかった選手たちをピッチに立たせ、後半から出場した遠藤航、鎌田大地らが光るプレーを見せるなど収穫もあった。

 そのパナマ戦を経て、強敵メキシコとの一戦には、今シリーズのいわゆる“ベストメンバー”をぶつけることが予想される。
 
 GKはパナマ戦にも出場して7試合連続完封を果たした、序列の一番手、権田が考えられるだろう。もっとも10月はシュミットも併用しており、足もとの技術に長けた後者を先発させる可能性もある。

 最終ラインは戦術理解度を上げるという視点に立てば、今度は細かい動きの確認を含めて、メインシステムの4バックを採用するはずである。そうなれば、“鉄板メンバー”右から酒井、吉田、冨安、長友という顔ぶれとなるだろう。変更があるとすれば、左SBに10月のコートジボワール戦でまずまずの働きを見せた中山を入れる形か。

 ボランチも森保監督が全幅の信頼を置く柴崎と、パナマ戦で改めて能力の高さを示した遠藤がファーストチョイスになる。橋本、左SBと併用の中山が割って入る形も考えらるが、メキシコ相手に今後の中心になるであろう柴崎、遠藤のコンビを試すほうがベターに映る。

前線は「南野+鎌田」のセットも考えられる

 中盤2列目は先のパナマ戦で久保を72分までプレーさせたことを考えれば、左に原口、右に伊東の配置が予想される。久保はジョーカーとしての起用が考えられるだろう。

 前線はパナマ戦で鎌田が好調ぶりを示したが、やはりここは本職のCFである鈴木と軸の南野の組み合わせか。

 3-4-2-1で戦ったパナマ戦は南野をCFに置いただけに、「南野+鎌田」のセットも考えられるが、これまでの傾向を見れば、CFにはやはりストライカータイプを置く線が高いだろう。
 ちなみに現地のオーストリアは、17日から3週間のロックダウン(都市封鎖)が実施されている。それでも、現時点では試合は行なわれる予定だ。

 森保監督は「規制が厳しくなるということを聞いていますが、現場では最善の準備をできればと思っています」とコメント。

 一方でメキシコは、15日に韓国と現地で強化試合(3-2でメキシコの勝利)を戦っており、ヘラルド・マルティーノ監督は「(日本戦のメンバーは)ふたつのコンセプトに基づいて選びたい。ひとつ目はフィジカル面で100パーセントの選手だけを選ぶということ。ふたつ目はリスクを決して犯さないということだ。明日の試合は、親善試合。重要な位置づけではありますが、私たちが望んでいるのは、もちろん選手たちに良い試合をしてもらいたいということですが、しかし良い状態でクラブチームに戻ってもらいたい。それも非常に大事なことだと思っています」と説明。慎重な姿勢を見せる

 それでも日本はメキシコに勝利すれば、確かな手応えを得られるはず。その意味でも注目の一戦となるだろう。

SOCCER DIGEST Web 11/17(火) 17:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3378091be2b627f79f0d9a75a88b44a25ce3f146

メキシコと対戦する森保ジャパン。貴重な強化試合となる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3378091be2b627f79f0d9a75a88b44a25ce3f146/images/000




 

5 :2020/11/17(火) 17:53:50.71

韓国にベスメンぶつけて日本はサブ中心だとよw

メキシコ指揮官は元バルサ監督&南アW杯で日本撃破…あすの親善試合は主力欠場示唆「リスクがあれば起用しない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef4a66c367b1bf67b95e3669e1518c7d23c837c5

 

13 :2020/11/17(火) 18:04:28.90

メキシコ代表 メキシコ紙予想スタメン
Mexico: Guillermo Ochoa; Jorge Sanchez, Nestor Araujo, Cesar Montes, Jesus Gallardo; Rodolfo Pizarro, Luis Romo, Orbelin Pineda; Uriel Antuna, Henry Martin, Diego Lainez.
https://www.quadratin.com.mx/Deportes/hegemonia-de-mexico-sobre-japon/

コロナもロサーノもラウルヒメネスもいない完全な2軍の模様

 

14 :2020/11/17(火) 18:06:09.88

守備だけなら歴代最強レベル

 

20 :2020/11/17(火) 18:18:28.66

そろそろ長友じゃ厳しいから中山スタメンで見たいなあ

 

21 :2020/11/17(火) 18:31:24.37

鎌田いないとまともに中盤でボール収まらないから先発で使わないとキツいだろう
柴崎も前目で収まらないと横パスしかしないから、遠藤が自ら運んで捌いたりする羽目になるんだろうな

 



30 :2020/11/17(火) 19:13:05.35

また中の枚数揃ってないのに伊東がキープせずクロス上げるのを見るんか

 

34 :2020/11/17(火) 19:28:27.45

メキシコA代表
・対戦成績は日本の1勝4敗
・日本が唯一勝ったのも1996年
・W杯7大会連続16強
・南アW杯で日本に勝った元パラグアイ代表監督
(バルサやアルゼンチン代表監督も経験)
・韓国にも先週の試合で連続3得点で3-2勝利
・昨年パナマに2試合で6得点1失点の2勝、アメリカにも3-0勝ち
・今年10月にはオランダに1-0で勝利

 

39 :2020/11/17(火) 21:07:18.24

当然のように柴崎を予想スタメンに入れてんじゃねえよ
残念ながらスタメンなんだろうが
専門誌としてダメなもんはダメだと指摘くらいしろ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1605602995/

記事のタイトルとURLをコピー