強すぎ川崎フロンターレの数字をリバプール&マンチェスター・C、全盛バルサと比べても違和感がない衝撃

川崎フロンターレ

強すぎフロンターレの数字をリバプール&マンC、全盛バルサと比べても違和感がない衝撃

 川崎フロンターレが、強すぎる。

 8月にリーグ新記録の10連勝を達成したかと思えば、再び連勝街道を突っ走り、今度は11連勝でレコードを塗り替えた。リーグ戦の3分の2にあたる24節が終わった段階で、実に65の勝ち点を積み上げ、2位のセレッソ大阪とは17ポイントの差が開いている。

 さて、フロンターレはどれほどに強いのか。繰り広げているサッカーの質もさることながら、その勝利数の突出ぶりは数字に表してみるとさらに説得力を増す。

例年ならセレッソ、FC東京も……

 21勝2分け1敗。文字通りの圧倒的独走状態。ここで10月19日時点での順位表を見てみよう。

<勝ち点>
65 川崎フロンターレ(24試合消化)
48 セレッソ大阪(24試合消化)
47 FC東京(26試合消化)

 2位・セレッソ大阪との勝ち点差は17。2位以下が結果を残せていないんじゃないの? と見る向きもあるかもしれないが、それは違う。

 昨年の第24節終了時点でのトップは勝ち点49のFC東京。鹿島アントラーズが勝ち点45、最終的にチャンピオンに輝いた横浜F・マリノスが同42と続いていた。2018年の同時点を振り返ってみても、サンフレッチェ広島が勝ち点52で首位を走り、川崎が同47で追走。そこからさらに6ポイント離れてFC東京と北海道コンサドーレ札幌が追う展開だった。

 今季のセレッソやFC東京は、十分に優勝争いの主役となり得る成績なのだ。“例年”ならば。

「負けも分けもしない」恐ろしさ

J1における最多勝ち点)

 18チームの現行方式になった2005年以降のJ1における1シーズンの最多勝ち点は、2015年に広島が、また翌年に浦和レッズが記録した「74」となっている。一方でガンバ大阪が勝ち点60で頂点に立った2005年を筆頭に、優勝ラインが勝ち点60台中盤に落ち着いたシーズンも少なくない。

 フロンターレがここまで獲得してきた勝ち点「65」は、やっぱり明らかに異常なペースといえる。

 昨年のフロンターレは負け数がリーグ最少の6だったにも関わらず、リーグ最多となる12度の引き分けを経験し、時に勝ち点2を取りこぼしていた。前半戦に記録した15試合連続無敗も、5つの引き分けが含まれている。

 開幕から19試合無敗を続けた2015年のレッズだって、そのうち6試合はドローに終わっていた。それでも十分すぎる数字だった。

 今季のフロンターレがちょっと異常なのだ。いや、圧倒的におかしい。

 「負けない」ではなく、「負けも分けもしない」。そんな常勝軍団が、2020年のJ1を席巻している。

得失点差「48」がエグすぎる

得点、失点、得失点差)

 続いて得点、失点に目を向けてみる。ここでも数字はフロンターレの異常ぶりを雄弁に物語る。

<総得点>
68 川崎フロンターレ(24試合消化)
52 横浜F・マリノス(26試合消化)
45 柏レイソル(23試合消化)

<総失点>
19 川崎フロンターレ(24試合消化)
23 名古屋グランパス(23試合消化)
25 セレッソ大阪(24試合消化)
25 ガンバ大阪(23試合消化)

<得失点差>
48 川崎フロンターレ(24試合消化)
12 名古屋グランパス(23試合消化)
11 セレッソ大阪(24試合消化)

 ご覧の通り、得点の多さが群を抜いており、加えて失点数もリーグトップの少なさを誇る。それが意味するのはすなわち、圧倒的な得失点差だ。得点数が最少の湘南ベルマーレとは50得点差、得失点差が最も低い数値となっているベガルタ仙台とは73の開きがある。

 総得点で後続のF・マリノスや柏レイソルの得点が例年のペースに比較して少ないわけではなく、むしろ今季はリーグ全体として多い。その中でも川崎は突出している。昨季のチーム総得点「57」に19試合を終えた段階で並び、抜群の攻撃力を誇ったF・マリノスの「68」にも早くも並んでいる。

1試合平均得点を98年磐田と比べても

 シーズンの総得点数という指標に注目すると、川崎が2006年に記録した「84」が現行制度になって以降最多となっている。

 延長Vゴール方式が採用されていた時代まで遡ると、1998年ジュビロ磐田の「107」がJリーグの最多記録。1試合平均得点は3.15と、唯一3点を上回り図抜けている。中山雅史が4試合連続ハットトリックでギネス記録を樹立したあの年だ。ちなみに06年の川崎の平均得点は2.47、今季の川崎の平均得点は2.83(24試合消化時点)となっている。

 06年のフロンターレは84得点、55失点。撃ち合い上等だった当時はFC東京と4-5の激闘を演じたりしたこともあり失点数もかさんだ。この得失点差「29」はさほど特筆すべき数字ではないものの、驚くべきは98年のジュビロが107得点、39失点で記録した得失点差「68」だ。

 今季の川崎は相手に2桁シュート本数を許したのがわずかに4試合。チーム全体の守備意識が高く、決定的なシーンを作らせていない。

 ジュビロの数字にどれだけ近づくことができるかが、 “強すぎる”鬼木フロンターレを見ていく上で1つのトピックになるかもしれない。

世界のメガクラブと比較してみると

世界の強豪クラブとの比較)

 圧倒的なフロンターレの数字は世界的に見るとどうなのだろうか。Jリーグに歴史をつくった伝説のジュビロに続いて、今度はヨーロッパの強豪クラブの成績を紐解いてみる。

 今回比較対象とするのは5大リーグと呼ばれるプレミアリーグ(イングランド)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)、リーグアン(フランス)で最多勝ち点を記録したクラブだ。

マンチェスター・シティ(2017-18 プレミアリーグ)
勝ち点100、32勝4分け2敗、106得点27失点、得失点差79

レアル・マドリー(2011-12 リーガ・エスパニョーラ)
勝ち点100、32勝4分け2敗、121得点32失点、得失点差89
バルセロナ(2012-13 リーガ・エスパニョーラ)
勝ち点100、32勝4分け2敗、115得点40失点、得失点差75

バイエルン・ミュンヘン(2012-13 ブンデスリーガ)
勝ち点91、29勝4分け1敗、98得点18失点、得失点差80

ユヴェントス(2013-14 セリエA)
勝ち点102、33勝3分け2敗、80得点23失点、得失点差57

パリ・サンジェルマン(2015-16 リーグアン)
勝ち点96、30勝6分け2敗、102得点19失点、得失点差83

1試合平均ペースにならすと……

 あのジュビロがかすんでしまうほどの驚愕の数字が並ぶ。ここで挙げた5つのリーグは、J1と同じ34試合制のブンデスリーガを除いては年間38試合であるため、1試合平均ベースにならし、今季のフロンターレ(24試合消化時点)を組み込んでみた。

ユベントス(13-14)
勝ち点2.684、得点2.105、失点0.605
バイエルン(12-13)
勝ち点2.676、得点2.882、失点0.529
レアル・マドリー(11-12)
勝ち点2.631、得点3.184、失点0.842
バルセロナ(12-13)
勝ち点2.631、得点3.026、失点1.052
マンチェスター・シティ(17-18)
勝ち点2.631、得点2.789、失点0.710
パリ・サンジェルマン(15-16)
勝ち点2.526、得点2.684、失点0.500
川崎フロンターレ(2020)
勝ち点2.708、得点2.833、失点0.791

 遜色ないというべきか、違和感が、ない。全くない。

 フロンターレの勝ち点ペースは38試合制に換算すると年間102.91となる。

 マンチェスター・シティがプレミアリーグ新記録の勝ち点100を達成した当時、MFケビン・デブライネは「勝ち点100はとても特別なもの。3桁の勝ち点を再現することはとても困難で、これを成し遂げるのは特別なことだ」と語っていたわけだが、今年のフロンターレはその特別な領域に挑戦できるだけの数字を残しているのだ。

野暮な突っ込みを許さないほどに強い

 「強さ」を説明するのは往往にして難しい。サッカーの内容は「攻撃的」だとか「守備的」だとか「魅力的」だとか、知らない立場からすると時として抽象的な言葉で表現されたりもする。

 Jリーグ史上最強と名高い2002年のジュビロも、年間勝ち点74を積み上げた2015年のサンフレッチェも、2016年のレッズも、確かに強かった。素晴らしいサッカーで見る者を魅了し、相手に白旗を掲げさせていた。

 ただ、普段Jリーグを見ていない人たちに“どれだけ強いのか”を説明するのが難しいこともあった。

 最多勝ち点? それってどのくらい凄いの? という感じだ。

 しかし今年のフロンターレは、そんな野暮な突っ込みを許さないほどに強い。ここまで4度「圧倒的」という形容詞を用いてきたが、分かりやすく強すぎる。

 なぜこれほどまでに強いのか、それは実際に試合を見て確認してほしい。きっとそこには、「やっぱり強い」川崎フロンターレがあるはずだ。

(「JリーグPRESS」斎藤純 = 文)

Number Web 10/21(水) 11:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae7f82eec825ae81b10f8f59977e2691fe83cea6

とにかく強いフロンターレ。2年ぶり3度目のJ1制覇はすでに目前だ photograph by Getty Images
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae7f82eec825ae81b10f8f59977e2691fe83cea6/images/000

 

2 :2020/10/21(水) 13:32:58.67

そりゃそうでしょ
俺はJも欧州リーグも見る欧州主要リーグに行っても
上位争いできるよ

 

3 :2020/10/21(水) 13:33:02.68

常勝川崎

 

4 :2020/10/21(水) 13:34:39.57

どうせ国内専用

 

8 :2020/10/21(水) 13:40:36.20

もしかして鬼木って名将なの?

 

9 :2020/10/21(水) 13:41:45.27

国内リーグのフィジカルレベルの平均的な低さに助けられてるだけ
フィジカルレベルが世界標準(Jより数段上)になると同じようなサッカーは出来ない

 

12 :2020/10/21(水) 13:44:26.49

川崎が強いのは出場選手みんな代表クラスで控え含めて実力が拮抗してるから
誰かに頼るとかない自分でできるやつばかり

 

18 :2020/10/21(水) 13:47:23.38

経営陣が圧倒的に優秀なんだろ
いつもイベントやってる企画力もそうだし、
新入団は大卒ばかり、
移籍でとる選手も優秀だけど絶妙代表には選ばれない選手
監督が変わってもクラブのビジョンはぶれない感じ。中村憲剛が一筋なのも魅力的なチームなればこそだろう

 

21 :2020/10/21(水) 13:50:25.20

アジアで優勝してから

 

23 :2020/10/21(水) 13:51:29.72

でも何故か歴代最強のような感覚はないよな。過去にもっと強いチームたくさんあったわ。

 

33 :2020/10/21(水) 13:59:27.34

ACLで浦和に大逆転負けしてから意識変わったよな
あの年にJで優勝してから今に続く

 

36 :2020/10/21(水) 14:04:19.02

欧州と比べるまでもなくACLでゴリゴリに削られれば川崎が今やってるサッカーは出来ないだろうね

 

37 :2020/10/21(水) 14:05:56.39

Jの特殊なジャッジ基準専用チームだからなあ
あとピッチコンディション悪くなると全然ダメだし

 

45 :2020/10/21(水) 14:11:09.19

その前にACLで勝ってください
そしてクラブワールドカップで力を示してください

 

50 :2020/10/21(水) 14:14:23.29

代表だって欧州に親善試合とかだといい勝負しちゃうじゃん
でもガチ試合じゃほとんど勝ててないやろ

 

53 :2020/10/21(水) 14:17:23.48

>>50
W杯シード国レベル以外の欧州なら大体互角にやれるぞ
実際W杯本大会での戦績がそうだし

 

57 :2020/10/21(水) 14:21:56.15

>>50
ここ20年のワールドカップの対欧州勢の成績は
2勝3引き分け4敗。まぁ、言う程悪くなは無い。

 

54 :2020/10/21(水) 14:20:27.52

今年は降格が無いのがデカいんだよ
下位でもドン引きで守ってくるようなチームはほとんど無いし
みんな正々堂々とぶつかって実力通り負けてる
例年なら守って守ってワンチャンカウンターのチームに取りこぼしてたような試合も勝ててるからこうなる

 

64 :2020/10/21(水) 14:30:33.72

>>54
それより5人交代の影響が大きいと思う

 

79 :2020/10/21(水) 15:45:00.90

>>64
層暑いよな。
交代で出ていく選手も入る選手も、他のクラブなら即スタメンのやばいやつらだもんよ。
勝ってる状況の交代で小林悠や大島入れてくるとかどんないじめだよ。

 

73 :2020/10/21(水) 14:42:59.03

パス回し見ると丁寧で上手いけど
速さと強さが足りないから
欧州トップには敵わない

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603254692/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. 匿名 より:

    他サポなので川崎の事はあまり好きじゃないが、今年の川崎はJリーグ史上最強と認めざるをえない。
    ボール回しが上手いが、去年までみたくただ後ろで回してるだけじゃない。今年は隙あらば個のドリブル突破で前に来る。そしてシュートも積極的でシュート精度も高い。ドリブルするかパスするかの判断もいい。
    守備でもただディレイしてるだけじゃなく、相手ボールを奪い返そうとしてるのがいい。今年の川崎からは欧州サッカーの香りがする。

タイトルとURLをコピーしました