宮澤ミシェルさん「リバプールで勝負している南野拓実はやっぱりすごいよな。ほかの日本人選手の戦っているステージとは数段違う」

リバプール

宮澤ミシェルが分析する欧州でプレーする日本人選手たちの現在地「南野が戦っているステージは、ほかの選手とは数段違う」

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第169回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、欧州でプレーする日本人選手たちについて。今年も多くの日本人選手たちが欧州リーグの舞台に挑戦しているが、彼らたちそれぞれの現在地はいったいどこなのか。宮澤ミシェルが解説する。

*****

ビジャレアルの久保建英ばかりが注目されているけどれ、欧州各国で開幕したリーグ戦では、久保以外の日本人選手たちもやってくれそうな予感がしているよ。

ラ・リーガでいえば、岡崎慎司も楽しみなんだけど、今季から乾貴士のいるエイバルへ移籍した武藤嘉紀が気になるね。

プレミアリーグのニューカッスルでの2シーズンはさっぱりの成績だったけど、エイバルは昨季限りで36歳のブラジル人FWシャルレスを放出して軸になるFWがいないから、武藤にもチャンスはあると思うよ。

サイドに流れてパスを受けたり、DFラインのギャップに入り込んだり、裏のスペースを狙ったりする武藤らしさを発揮できれば、マインツ時代くらいのゴール数は決めるんじゃないかな。

日本人選手の欧州移籍の登竜門的な色合いが強いベルギーリーグには、森岡亮太(シャルルロワ)や三好康児(アントワープ)、植田直通(サークル・ブルッヘ)、鈴木武蔵(Kベールスホット)がいて、シント=トロイデンには鈴木優磨やシュミット・ダニエル、中村敬斗などが所属しているけど、そのなかでも目が離せないのが伊東純也(ヘンク)。

8月上旬にベルギーリーグが開幕してからフル出場を重ね、第7節までに2得点。チャンスは数え切れないほどつくり出している。日本にいた頃は縦へのスピードだけの選手だったけど、いまはあらゆる部分で格段に進化しているよ。

いつプレミアリーグやブンデスリーガのクラブに移籍しても不思議じゃないレベルだし、個人的にはラ・リーガでやって欲しい選手の一番手だよ。

今冬の移籍期間や2020-2021シーズン終了後には、いいステップアップを果たすんじゃないかな。それくらい違いを生み出しているんだよ。だからこそ、伊東のプレーぶりはしっかりチェックしてもらいたいね。

ブンデスリーガの1部は、フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地、ブレーメンの大迫勇也に加えて、この夏に遠藤渓太が横浜F.Mからウニオン・ベルリンへ、堂安律がPSVからビーレフェルトに移籍したけど、楽しみなのがシュツットガルトの遠藤航だね。

昨季は2部を戦ったチームで中心的な存在になった遠藤航が、今季は1部でチームをどこまで牽引できるのかとても興味深いよ。ポジションやプレースタイルだけではなく、キャプテンシーの部分でも、長谷部誠のようになれる資質を遠藤航は持っているからね。外国人選手のなかに入っても、しっかりリーダーシップを発揮してほしいね。

個人的にはやっぱりDF出身だから、守備の文化が根強いイタリアのセリエAで評価を高めている冨安健洋(ボローニャ)や吉田麻也(サンプドリア)の動向は追っちゃうし、フランス人の父親を持った身としては、リーグアンのマルセイユで酒井宏樹と長友佑都がチームメイトだっていうんだから、すごい時代になったなって感じるよね。

とはいえ、世界最高峰のレベルにあるクラブの壁は、まだまだ厚いよな。欧州リーグでプレーする日本人選手だけで日本代表を組めるけれど、ほとんどの選手の所属クラブのレベルは各国リーグの中位から下位のクラブだもの。チャンピオンズリーグに出られるクラブでプレーできるのは一握りもいないくらいなのが実際のところだよね。

今季のチャンピオンズリーグに出場する日本人選手は、ポルトガルのポルトの中島翔哉とマルセイユの2人、そしてリバプールの南野拓実。

こうして名前をあげてみると、リバプールで勝負している南野拓実はやっぱりすごいよな。ほかの日本人選手の戦っているステージとは数段違う。

南野は足元のうまさやスピードがあるのが特長だけど、なによりも頭の良さがあるよね。サッカーを理解する力が高いからこそ、あのレベルのクラブに行けた。でも、それだけではスタメンで試合に出られないのが、やっぱりリヴァプールだよな。

ただ、プレシーズンマッチやカップ戦でのプレーぶりを見ていると南野はしっかりレベルアップしているから、チャンスはそのうち訪れるはずだよ。そのワンチャンスで大暴れしてほしいね。そして、日本からもビッグクラブでプレーできる選手は輩出できるってことを証明してもらいたいよ。

構成/津金壱郎 撮影/山本雷太

週プレNEWS 10/6(火) 11:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fb8c4757c8fb19db1fa340c1f60d17e97a20f7d

 

6 :2020/10/06(火) 22:33:26.63

確かにな
いい経験してると思う

 

15 :2020/10/06(火) 22:42:55.22

去年の今頃よりは相当上手くなってるわ
それでもスタメンの選手はやっぱり違うわな

 

18 :2020/10/06(火) 22:51:46.35

>>2
> 今季のチャンピオンズリーグに出場する日本人選手は、ポルトガルのポルトの中島翔哉とマルセイユの2人、そしてリバプールの南野拓実。

奥川…

 

27 :2020/10/07(水) 00:05:05.99

今のリバポはかなり特殊だからな
単に能力のある選手を並べてる訳じゃなくて戦術にあった選手を集めて
その精度とスピードで相手を上回るって感じだから
その中に新しい選手が入っていくのはかなり難易度高い

 

30 :2020/10/07(水) 00:14:09.57

リバプールは強い
ほんとに挑戦って感じだな
数少ないチャンスをモノにしてほしい

 

31 :2020/10/07(水) 00:23:13.58

間違いなく日本人が所属した歴代クラブの中では最強だからな
ベンチでも履歴書に箔がつくってもんだ

 

50 :2020/10/07(水) 01:02:48.66

そらそうだろな世界30万クラブの1番だからな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601990769/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました