【J2第17節】町田ゼルビア、前半4発で琉球を下し4連勝!佐野海舟J初ゴール、平戸太貴J2通算100試合出場メモリアル弾、安藤瑞季2発

町田ゼルビア

前半にゴールラッシュ見せた町田。連勝を『4』に伸ばす

ホームの町田にとって、今季初の4連勝を懸けた試合は、怒とうのゴールラッシュで琉球を粉砕した。

先制パンチは11分。左サイドのFKから平戸 太貴がシンプルなボールを入れると、ファーサイドの深津 康太が頭で折り返し、最後に合わせたのは佐野 海舟。25番のJリーグ初ゴールで町田が先手を奪った。

貴重な追加点は19分。髙江 麗央からの縦パスを安藤 瑞季が落とし、そのボールを受けた平戸が右足を振り抜く。琉球戦が節目のJ2通算100試合出場となった平戸が自らのメモリアルに花を添えた。

点差が広がっても攻め手を緩めない町田は26分にCK崩れの展開から吉尾 海夏のシュートをダニー カルバハルがはじき、安藤がこぼれ球をプッシュし追加点。さらに安藤は30分にも平戸のスルーパスを冷静なループシュートで自身2点目を奪った。

相手のチャンスがほぼゴールにつながる展開の中で、琉球はそれでもファイティングポーズを下げなかった。中央に縦パスを打ち込み、勇敢な姿勢で攻めると、風間 宏矢が45+1分にポスト直撃のシュートを放つ。4点を追う後半も「次の1点で流れを変えて意地を見せよう!」と樋口 靖洋監督がハッパをかける中、ギアを上げて反撃。しかし、後半の反撃は相手のオウンゴールと阿部 拓馬による計2点にとどまり、琉球は4連敗となった。

勝利した町田は今季初めて藤田 晋オーナーの“御前試合”となったゲームで4連勝を達成。「毎試合成長した姿をお見せする」。ランコ ポポヴィッチ監督の言葉どおり、琉球戦はチームの進化を印象づけるゴールラッシュだった。

[ 文:郡司 聡 ]

Jリーグ公式サイト
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/090612/live/#recap

 

 

731 :2020/09/06(日) 20:58:44.20

よしゃ!4連勝!初?

 

739 :2020/09/06(日) 21:01:37.94

交代選手に1点取ってほしかったなあ
そこが不満

海舟ヒロイン

 

740 :2020/09/06(日) 21:04:55.26

まずはナイス4連勝、課題は試合の終盤か4連勝したどの試合も終盤ずっと押されてるのはいただけない

 

743 :2020/09/06(日) 21:20:44.96

前半に大量点入るとダレるのはサッカーの常だな
2失点目は反省してくれ

 

744 :2020/09/06(日) 21:27:55.60

クリアが中途半端っていうか
ハイボールのヘディングが相手に行くのどうにかならないの
あれならクリアしたほうが良くね?

 

745 :2020/09/06(日) 21:29:07.83

お!今日はオーナー観覧試合だったのか。

 

746 :2020/09/06(日) 21:33:15.15

せっかく会心のゲームだったのに台風直撃で観衆3桁か、かみ合わないね

 

748 :2020/09/06(日) 21:42:35

琉球から大量得点てJFL時代を思い出す

 

749 :2020/09/06(日) 21:44:57

マソビッチの限界を見た気がしたぞ
見返してくれ

 

751 :2020/09/06(日) 22:10:50.12

やっぱりJ2は走るチームが強いのです

 

753 :2020/09/06(日) 22:58:00

今日の2失点目みたいに奥山のミスマッチ狙われるとまずいから、ステファンとか高さがあるのを入れたくなるのはわかるんだけど、セルビア組はディフェンスの強度が足りないんよなあ…

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1597288372/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました