ロブレン、セルヒオ・ラモスへの意図的な肘打ちを認める「彼は自分がやったことの報いを受けるべき時だった」

リヴァプール

ロヴレン、セルヒオ・ラモスへの意図的な肘打ちを認める「報いを受けるべき時だった」

ゼニトに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスへの意図的な肘打ちを認めた。

両者に関しては、2018年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝から因縁の関係に。当時、リヴァプールは、エースのモハメド・サラーがセルヒオ・ラモスとの接触プレーで負傷し、31分に交代。リヴァプールは1-3で敗れて戴冠を逃した。

その後、クロアチア代表としてUEFAネーションズリーグでスペイン代表と対戦した際、ロヴレンはセルヒオ・ラモスと相まみえることに。試合中、セルヒオ・ラモスに対して肘打ちととれる接触をしていたロヴレンは試合後、その写真を自身のSNSにアップするなど挑発。さらに、「ハッ、ハッ、3-2だ。彼らは女々しい奴らだ」などとコメントしていた。

そのロヴレンが、エジプトのテレビ番組『Sada El Balad』で、「サラーのことがあったからラモスに意図的に仕掛けたか? そうだ。そうだろうね」と口にし、当時の肘打ちが意図的なものであったことを認めた。

「クロアチア代表としてスペイン代表と対戦した時、ルカ・モドリッチは僕とセルヒオ・ラモスに冷静になるように促していた。意図的にエルボーを食らわしたと彼に話したよ」

「ラモスのことは選手としては敬意をもっている。彼が今までチームで成し遂げてきたことはね。多くのタイトルを獲得してきた。だが一方で、選手を壊したりするような振る舞いはいけ好かないね」

「話を大きくしたくはないが、ラモスは友人を意図的に負傷させた。彼は、自分がやったことの報いを受けるべき時だった」

「チャンピオンズリーグの決勝、僕たちはサラーが負傷するまでレアル・マドリーよりもうまくプレーしていた。彼の負傷交代は大きな痛手だった。そこから彼らが試合を支配し始めたんだ」

GOAL 8/21(金) 15:32配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e7f965ea7a4ab5263291555c217e25db729ddd3

 

823 :2020/08/21(金) 20:24:20

ロヴレンやっぱ神だわ

 

825 :2020/08/21(金) 21:11:32

ロブレンやっぱ熱い男だな

 

827 :2020/08/21(金) 21:28:52

ロヴレンのラモスへの肘打ちは報復だった認めたって記事出てるな
ロヴレン好きだわ
しかしなんでロヴレンがあそこまでサラーのこと好きなのか分からん
国籍も出自も性別も違うのにな

 

833 :2020/08/21(金) 21:49:21

アッガーの肘打ちといい熱いCBが多いな

 

834 :2020/08/21(金) 21:52:21

ロブレンは実力伴ってないのがあかん
どうでもいいとこで熱くならんでいい

 

837 :2020/08/21(金) 22:00:12.04

リバポでは出番がないので代表戦でやりました
執念深いな
https://pbs.twimg.com/media/Ef8BqghU0AINptc.jpg

 

841 :2020/08/21(金) 22:08:05

報復発言はエジプトのTVらしいから多少はリップサービスだよ

 

842 :2020/08/21(金) 22:10:56

まぁラモスには空中戦は普通に勝ってたからな。ちょうど肘の辺りにポマードで固めた汚い金髪が来るんだろ

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1597643054/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました