ハリルホジッチ氏、突然の解任劇は「最悪の悪夢でも、想像したことはなかった」

ハリル氏 解任に恨み「最悪の悪夢でも、想像したことはなかった」

 サッカー前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。

 ハリル氏はまず、記者からの質疑応答に入るまで約50分も一方的に話し、冒頭では「私は日本に3年間いました。非常に美しい国。私と私の家族はこの国を愛していました。その文化、習慣、健全な文化、それを高く評価してくれました」と、日本への愛着を口にした。そして現在の状況を「みなさんの美しい国に帰ってきた。しかし、観光客として帰ってきたわけではない。それ以上のものを求めて帰ってきた」と、説明した。

 突然の解任劇に、「この美しい国をこういうやりかたで離れるとは思わなかった。最悪の悪夢でも、想像したことはなかった。私のやり方で仕事をやろうと思った。この4月7日から、私の人生で一番つらい時期をすごしてきた。人間として失望して傷ついた」と怒りをにじませた。

 ハリル氏は「ワールドカップの準備をするために来たし、育てるためにきた」と就任からこれまでの思いを回想。そして「わたしはサッカーで45年、仕事をしてきた。監督としての職業ははかないもの。どんなことであろうと何が起こるか分からない。物事を知らなかったこともあったのかも」と今回の解任劇を振り返った。

 その上で自身の貫いてきた指導方針に「後悔はしていない。チームのため、成功するためにやってきた仕事ばかりだから」と顔を上げ、「私に対して通告されたことは失望した。私に対してのリスペクトがなかった。私自身、3年、しっかり誇りを持って仕事をしてきた。そういったものを責任者として果たして来た」と主張した。

 解任理由として挙げられていたコミュニケーション不足について「コミュニケーションは毎日とっていた」と反論。「練習の質、集中をどう高めるか。3年間、だれとの問題もなく、特に選手との問題はなかった。海外の選手とも電話で話していた」と強く訴えた。グラウンドのコミュニケーションについても「ちょっと違うなと思うときには面とむかって話していた」と、問題がなかったことを繰り返し強調した。

 一方で、昨年、W杯本大会出場を決めたホームでのオーストラリア戦の後に、2人の選手が試合に出られなかったことを理由に落胆していた“舞台裏”を明かした。日本はオーストラリアをホームで浅野拓磨と井手口陽介のゴールで2-0で快勝。W杯予選でオーストラリアに勝つのは史上初めてだったため、ハリル氏は「歴史的」と振り返った。

 しかし、その後のチームの様子について口を開いた。「オーストラリア戦の後ですら、2人の選手ががっかりしていた。試合に出られなかったということでがっかりしていた。(その選手は)その前何度も試合に出ていたわけです。それでがっかりしていること自体、悲しく思いました」。コミュニケーションは取れているとしながら、一部選手の態度にショックを受けたことを伺わせた。

 職務に対し、全身全霊をかけてきた思いも述べた。「2カ月、休みも取らず働いてきた。休みを取ることも可能だったが、この日本にきたのは日本を育てるため。ワールドカップの予選を通過するため。『それが終わったら、またいろいろやりましょう』ということだった。(予選は)首位で通過したわけです。歴史に残るような試合もした。初戦を落として通過するチームは初めてですから」と、結果を出したことも強調した。

 この日は一般紙、スポーツ紙、サッカーライター、海外のジャーナリストら幅広いジャンルのメディアが集結。テレビ各局も駆けつけた。スポーツジャンル以外からはTBSの人気番組「サンデー・ジャポン」の取材クルーの姿もあり、関心の大きさをうかがわせた。

 同氏は3月に行ったベルギー遠征での選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄くなったことを理由に、日本サッカー協会の田嶋幸三会長から今月7日にパリで解任通告を受けた。

 ハリル氏は「就任したのはワールドカップがあるから。そこで、海外遠征を2回した。世界における最高峰の相手をセットした。去年の11月ですね。そして今年の海外遠征」と振り返り、親善試合の内容について「代表チームの調整だと思っていた。中盤、フォワード、何かいい解決策がないかと思っていた。ワールドカップでパフォーマンスを出せることを求めていた。ですから、今まで以上にもっと幅広いものをもって、プレーできるようにと考えた。ですから、結果のことは頭になかった」と、解任は不当であることを繰り返し訴え続けた。

 21日に来日した際には「私をうんざりさせるような状況に追いやって、私をゴミ箱に捨てたような状態で。ただ、私はまだ終わっていないと思っています。私の誇りを傷つけるようなところは戦わないといけないと思っています」と、真相究明への意欲をみなぎらせていた。

 だが、記者からの解任の真実は見つかったかの問いに、「残念ながら真実は見つかっていない」と落胆。続けて「何人かの選手がもらしているというのは聞いている。会長とやりとりされているようですが、テクニカルスタッフ何人かともコンタクトをとったようだ。西野監督がそのなかでどういった役割かはわからない。ただ、『何人かの選手と話をしたほうがいいかもしれない』と、いいかけたことがあった。本当だったら会長がこういう問題が起こっているといってくれたらよかったのに。どうしてなのか、答えを知りたい」と、首を横に振った。

 結局、会見は93分にも及んだ。最後は花束を受け取り、笑みも見せたハリル。「私は日本のサポーター。いままで関わってきたチームそれぞれと私は親密な関係を築きたい。日本、これからも頑張ってください」とエールも送った。

 ハリルホジッチ氏の後任監督には西野朗技術委員長が就いている。

デイリースポーツ online 2018.04.27
https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/27/0011203345.shtml

https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/27/0011203345.shtml?ph=2

 

11 :2018/04/27(金) 17:56:05.82

うだうだ言ってるけど肝心のサッカーの試合内容で結果出せなかったのを認めろや

 

13 :2018/04/27(金) 17:56:34.95

想像すらしなかったの?(´・ω・`)

 

21 :2018/04/27(金) 17:58:50.42

>>11
W杯出場がかかった大一番でオーストラリアを倒した
その後は、いろいろテストをしてただけ

 

23 :2018/04/27(金) 17:59:05.00

過去最高難易度の予選を首位で通過したんだから結果は出てるよね

 

27 :2018/04/27(金) 18:00:11.65

そんな無神経さだから成績や内容に不満感じているのも
選手に嫌われているのにも気づかなかったんだな

日本みたいに空気読めとかじゃなくはっきり言わないとダメなんだな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524819235/

10 :2018/04/27(金) 18:00:23.49

自己評価高すぎ

 

21 :2018/04/27(金) 18:04:23.87

突然過ぎたというのもわかるけど、結果を出していないんだから解任もやむなしだな

誰にも文句付けさせないくらい結果出していれば、解任はなかった ハリルでは勝てる気がしなかった

 

30 :2018/04/27(金) 18:10:47.11

日本だからこんな穏やかな雰囲気で済んでるけど、海外の発展途上国なら、
ピストルで撃たれて死んでも文句言えないくらいひどい成績だぞ

 

33 :2018/04/27(金) 18:12:31.20

>>30
予選は突破したよ?

 

38 :2018/04/27(金) 18:13:58.46

>>33
誰でも突破する。セルジオでも突破する。

 

57 :2018/04/27(金) 18:41:44.86

>>38
今のアジア枠4・5だもんな
今の枠ならプロ化前ですら1~2回は突破出来てる

 

67 :2018/04/27(金) 18:52:15.02

予選を通過できたんだからそれで仕事は終わった

 

74 :2018/04/27(金) 18:54:51.08

結果出さなきゃ居場所がない世界に長年身を置いてるくせに今更何言ってんだコイツ?

 

108 :2018/04/27(金) 20:02:40.13

俺もハリルジャパンには失望して傷ついた

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524819439/