“超攻撃的DF”闘莉王は「僕のアイドル」 インドネシア代表の日系人DF、憧れを告白

高い得点力を誇るDFリュウジ・ウトモ、現地ではセルヒオ・ラモスにたとえる声も…

 昨季限りで現役を引退した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、Jリーグ通算104ゴールというDF登録選手史上初となる金字塔を達成。“超攻撃的DF”として一時代を築いた闘将の流儀を、継承する選手が東南アジアで現われ現地で話題を呼んでいる。インドネシアメディア「BOLALOB」が報じた。

「日本代表の試合を観てきた友だちはみんな、タナカを知っているんだ。タナカは僕のアイドルだ。彼のプレーは徹底的で不屈そのものだからね」

 こう語ったのは、ジャカルタを本拠地とするインドネシア1部プルシジャのリュウジ・ウトモだった。

 日系人の母親を持つインドネシア代表DFは、攻撃力にも定評がありクラブでの背番号は「4」。現役時代の闘莉王氏と同じという筋金入りのファンだった。

 記事では「リュウジの刺激となる存在は日本代表DF田中マルクス闘莉王だ。フィールド上で戦う際、長身で筋骨隆々の男だが、不屈さがタナカの特徴だ」と称賛している。

 インドネシアサッカー界では高い得点力で知られるレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにもたとえられることがあるというリュウジ。“超攻撃的DF”の系譜は、東南アジアでも受け継がれているようだ。

Football ZONE web 7/20(月) 19:20配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8fdcdbfbeb25564e00a6430a77a08e4ddbc75320

リュウジ・ウトモが例えられている元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏【写真:Getty Images】
https://news.yahoo.co.jp/articles/8fdcdbfbeb25564e00a6430a77a08e4ddbc75320/images/000




 

2 :2020/07/23(木) 20:38:46.51

ドログバ破壊したしな

 

6 :2020/07/23(木) 20:45:11.10

183センチで25歳か
J2あたりで取ってくれるチームないかな

 

13 :2020/07/23(木) 20:49:15.80

インドネシア監督は韓国人

 

21 :2020/07/23(木) 21:47:36

活躍当時のトゥーリオが欧州でどこまでやれたんだろうな

空中戦はめちゃくちゃ強い
真空飛び膝蹴りでドログバをケガさせる
W前のイングランドとの練習試合で見事なオウンゴールをぶちかます

 

22 :2020/07/23(木) 21:58:40.20

>>21
国内でやったオリンピック予選かなにかで自軍深い所からカウンターでドリで運んで肉離れの癖が付かなければ海外に行けたはず

 



23 :2020/07/23(木) 22:01:07

なんでジーコに嫌われてたんだろうな

 

25 :2020/07/23(木) 22:49:43.83

>>23
攻撃大好きだからじゃね
松田も使わなかったし

 

26 :2020/07/23(木) 23:20:50

サイドバックで使って欲しかった。闘莉王は地味にロングフィードが上手い

 

29 :2020/07/24(金) 07:53:14.25

釣り男が上手いロングヒィード上げて前線にいた中澤が絶妙なトラップで納めたのがあったね

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1595504297/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット