岡崎慎司さんへの日本とスペインの評価の違い

ウエスカ

岡崎慎司への日本とスペインの評価の違い。 「泥臭い」「献身的」ではない

「明日には、日本中のテレビでこの映像が流されるだろう。昇格を決めた試合。オカザキ(岡崎慎司)の記念碑的なスーパーヒールシュートだ!」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、Webサイトのニュース記事にその映像を付け、そう見出しを打っている。

 7月17日、リーガエスパニョーラ第41節。ウエスカは本拠地エル・アルコラスにヌマンシアを迎え、岡崎の得点などで3-1と下している。この勝利で、自動昇格圏の2位以内が確定。昨シーズン、1部から降格したが、1年で戻ることが決まった。

 1部昇格を自らのゴールで祝した岡崎慎司(34歳)のスペイン挑戦1年目とは――。

 岡崎はウエスカのエースとして、昇格の決め手になっている。36試合出場、12得点。チーム得点王で、数字も文句なしだ。

 昇格を決めたヌマンシア戦のゴールは、その真骨頂だった。

 77分、右サイドに出たパスに走り込んだ味方FWラファ・ミルとの呼吸を合わせる。岡崎自身もゴールへ向かって走りながら、一度ファーに逃げるような動作で敵の裏をとる。そして一瞬で、ニアサイドにスペースを見つけ出す。折り返してきたボールは体の後方に流れたが、体を柔らかく畳み込んで右足のかかとに当て、コースを変えてネットを揺らした。

「Listeza」(利発さ、鋭敏さ)

 岡崎の特徴は、スペインではしばしばそう語られる。ゴールに向かって、明快なプレーができる。サッカーは人とボールが絶え間なく動き、スペースが広がったり、狭くなったりするスポーツだが、その中で正しい選択ができる。味方の癖を見抜き、敵の弱点をついて、空間を正しいタイミングで動くことができる。準備の時点で、ほとんど勝利=ゴールしているのだ。

 しかし、岡崎はエゴイストではない。周りの選手のよさを引き出すことができる。日本では「がむしゃら」「泥臭い」「献身的」と括られるが、スペインの識者の間では、表現は「スマート」「賢い」「美しい」と語られる。その利発さによって、どんなチームでも、どんなチームメイトとも呼吸を合わせられるのだ。

 今シーズン、岡崎はイングランドプレミアリーグのレスターからマラガに移籍したが、開幕後に登録不可能であることが判明した。緊急的に、ウエスカに再び移籍することになった。そのハンデは想像以上だったと言えるだろう。プレシーズンを過ごしたチームはひとつの形を作っているはずで、外から突然やって来た選手に対する抵抗もある。

 ところが、岡崎はそこに素早く適応したのだ。

 利発さによる適応力。それが、岡崎がスペイン1年目で成功した理由と言えるだろう。

 今シーズンの岡崎のゴールは、クロスに合わせてのヘディングシュートやボレーがほとんどだった。味方とコミュニケーションを取って、そこにボールを呼び込めていた。来たボールをヒットする技術も高いが、それ以上に”味方に愛される”という状況を作り出せていたのだ。

「岡崎のプレーのクオリティは高い」

 ウエスカの選手たちがそう言って信頼するのは、必然だろう。コンビネーションプレーは、戦いを続ける中で最大限に高まっていた。その点、岡崎はスペインサッカー向きだったのかもしれない。

「今シーズン、岡崎の存在は1部昇格において決定的だった。ゴールで貢献しただけではない。静かだが、計り知れない仕事をした」

 スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は、岡崎の仕事ぶりを絶賛している。ボールを引き出し、スペースを作り、プレッシングを行ない、リトリートした時の先手となった。味方を生かし、自らも生きる、戦術的役割の精度は特筆に値した。

 岡崎は、リーガ1部の選手になるに値する戦いをやってのけたと言えるだろう。

ポジションをつかむこと自体、容易ではなかったはずだ。開幕前はレアル・マドリードで得点も記録していた若手FWクリスト・ゴンサレスが先発候補だったが、それを奪い取っている。そしてシーズンを通して主力として戦い、1部昇格を成し遂げた初めての日本人選手となった。VARで7得点も取り消される不運に遭いながらも、雄々しく戦い抜いたのだ。

 2020-21シーズン、岡崎は念願の1部の舞台に立つことになるだろう。ウエスカとは1年契約だが、「昇格した場合は更新する」とのオプションが付いていると言われている。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

webスポルティーバ 7/18(土) 17:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd5fc0aa2db94bae794f063701287c7513fbdd4c

 

14 :2020/07/18(土) 19:28:41.43

岡崎の動きを理解してパスが出せる能力がチームにあるんだろうな

 

16 :2020/07/18(土) 19:35:43.33

予備動作が素晴らしいな

 

19 :2020/07/18(土) 19:37:08.98

そもそもドリブルで何人も抜いたりとかそういうことができないだけで基礎テクは高いだろ
代表の誰かが言ってたがドイツでは岡崎はテクニシャン扱いだったとか言ってたし

 

33 :2020/07/18(土) 19:46:47.40

>>1
>外から突然やって来た選手に対する抵抗もある。
>ところが、岡崎はそこに素早く適応したのだ。

移籍後から試合見てないで記事書いてるのまるわかり
一部の選手にパス貰えなく苦労してたのにな

 

36 :2020/07/18(土) 19:47:53.04

ひとつ前の試合の決勝のヘディングシュートもすごい。
岡崎は真のストライカー。

 

38 :2020/07/18(土) 19:48:50.12

デスポトビッチでも20得点できるリーガ2部で持ち上げすぎ

 

44 :2020/07/18(土) 19:52:40.79

こういうクラブレベルでの活躍見ていると
やっぱ今の日本代表での岡崎の使い方って間違っている気がしてならん

 

50 :2020/07/18(土) 19:57:50.25

何言ってるんだ
スマートな選手なら一発で決めるシュートを1度ポストやGKに当ててから何だかんだで押し込むスタイルだろうが

 

53 :2020/07/18(土) 19:58:41.56

岡崎1年目
清水→天皇杯準優勝
シュツットガルト→EL出場権獲得
マインツ→EL出場権獲得
レスター→プレミア優勝、CL出場権獲得
ウエスカ→一部昇格

 

54 :2020/07/18(土) 19:59:17.09

岡崎みたいにどんな時も全力で一生懸命やってると周りもいつかは認めてくれる

 

56 :2020/07/18(土) 20:00:18.05

エレガントでスタイリッシュな柴犬

 

59 :2020/07/18(土) 20:01:33.83

ワンタッチでゴールするという明確な仕事を与えてる。
相手もわかってるけど対応しきれてない

 

62 :2020/07/18(土) 20:03:50.94

テクニックのスペインで岡崎のサッカーが認められるんだな

 

85 :2020/07/18(土) 20:16:25.80

久保と合いそうだな。使う側と使われる側、お互いスペースを作り見つけるのが上手いしな。

 

94 :2020/07/18(土) 20:21:10.68

代表でワントップだと大迫や前田みたいなポストプレーヤーじゃなきゃ機能しないから、不慣れなポストやキープとかやらされて、岡崎はそれで割食って一時期点取れなくなったよな
ワントップでもしっかり得点に専念出来れば何処でも点取れる選手なのに、代表だと前プレ要員や潰れ役やらされてて不憫だったわ

 

198 :2020/07/18(土) 23:41:12

J1最弱の清水を助けてやってくれよザキオカさん

 

202 :2020/07/18(土) 23:58:44.73

マインツの頃もすげーゴール決めてたけどあれが戻ってきたか

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1595067512/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. 匿名 より:

    残念ながらレスターは、この岡崎の凄さが最後まで分からなかった・・・(呆

タイトルとURLをコピーしました