無観客試合に約1万3000人がスタンドに集結! ブンデスリーガでなぜ?

16日にヨーロッパ5大リーグの先陣を切って再開したブンデスリーガ。無観客で行われる試合は異様な雰囲気に包まれていた。

それから1週間、2週目の開催も同様に無観客であり、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止策を厳重にとって行われた中、あるスタジアムのスタンドには多くの観客の姿が…。

スタジアムには300名程度しか入れない中で、その数1万2993人。由々しき事態かと思いきや、これはダンボールで作られた人だった。

この試みをしたのはボルシアMG。再開後初のホームゲームとなったレバークーゼン戦でお披露目となっていた。

ボルシアMGのファンは1人19ユーロ(約2200円)で段ボールを購入し、自身の写真が貼られた段ボールがスタンドに。およそ1万3000人も集まると、遠目には一瞬観客がいるようにすら見えるから不思議だ。

これは中断明けが無観客試合となることが予想され、閑散としたスタジアムをどうにか解消するために、ボルシアMGのサポーターグループ『FPMG』が発案したもの。サポーターは“ドッペルゲンガー(分身)"をスタンドに送り込み、チームをサポートするというものだ。

なお、この19ユーロのうち、2.5ユーロ(約290円)が『FPMG』の収益となり、2ユーロ(約230円)が『FPMG』の慈善キャンペーンに、さらに2ユーロが地元地域への貢献のためにボルシア財団に送られる事になる。残りは段ボールサポーターの制作費に当てられる。

日本では、2014年5月28日に、大宮アルディージャがアウェイの鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦した際に段ボールにユニフォームを着せてサポーターを増やしたことが話題となっていた。

一方、お隣韓国ではFCソウルが無観客のスタンドを賑わすためにラブドールでファンを模したものの、これは大きな問題となり、韓国サッカー界史上最高額となる1億ウォン(約876万円)の罰金処分が下されていた。

ちなみに、ドイツ『ビルト』によると、レバークーゼン側にも6人だけ“ドッペルゲンガー”サポーターがいたようだ。

超WORLDサッカー! 5/24(日) 14:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00375061-usoccer-socc

写真:Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00375061-usoccer-socc.view-000




 

2 :2020/05/24(日) 15:06:30

韓国だけがバカ丸出しというニュース

 

3 :2020/05/24(日) 15:06:53

大宮「時代が追い付いた」

 

9 :2020/05/24(日) 15:15:11

音シーンとしてるからあれなんだろうけど画像だけだと普通に雰囲気出ててワロタ

 

11 :2020/05/24(日) 15:18:42

これ並べる人が大変だなあ……

 

14 :2020/05/24(日) 15:23:24

段ボールにウィルスがついてないかちゃんと検査したか?

 



18 :2020/05/24(日) 15:26:03

何気に3000万近くの金が動いてる

 

19 :2020/05/24(日) 15:27:35.82

>>1

客席に1万3000人の「厚紙ファン」登場 独サッカーの無観客対策
2020年5月24日 11:13 発信地:メンヘングラッドバッハ/ドイツ
https://www.afpbb.com/articles/-/3284563

 
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/0/1000x/img_90f1242a067ea5d236cd502dd54b3eb1280668.jpg
19-20ドイツ・ブンデスリーガ1部第27節、ボルシア・メンヘングラッドバッハ対バイヤー・レバークーゼン。
スタンドに置かれたファンの姿の切り抜きと、「幽霊試合に反対」(上段)、
「ファンのいないサッカーは無価値」(下段)と書かれた横断幕(2020年5月23日撮影)

 

45 :2020/05/24(日) 15:46:50

元祖
https://pbs.twimg.com/media/CG_O7ltUAAAD-fB.jpg

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590300277/



 
https://twitter.com/borussia/status/1264183266296377345
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー