サンフレッチェ広島、歴代ガッカリ外国籍選手5人 あまりに重かったアフリカンDF、ガッカリは成績でなく…

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島、歴代ガッカリ外国籍選手5人。Jリーグに適応しきれなかった4大陸の勇士たち

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、サンフレッチェ広島で活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入当時のもの

恩師を慕って来日も…

アウレリオ・ヴィドマー(元オーストラリア代表)

生年月日:1967年2月3日(当時31歳)
在籍期間:1998年〜1999年
J1通算成績:24試合出場/6得点

 スタンダール・リエージュ時代の1994/95シーズンにベルギー1部リーグ得点王に輝いた経歴を持ち、当時オーストラリア代表ではキャプテンを務めていた。オランダのフェイエノールトやスイス、スペインでもプレーし、1998年7月に来日を果たす。

 オーストラリア代表でも指導を受けたエディ・トムソン監督の下で残留争いを抜け出すための切り札的な活躍を期待されたが、なかなかコンディションが整わず1年目はリーグ戦15試合出場で2得点にとどまった。

 翌シーズンも広島でプレーを続けたが、J1リーグ戦で9試合出場2得点と結果を残せず、1999年6月に退団。その後はオーストラリアに戻ってプレーを続け、2004年に現役を引退した。その後は指導者に転身し、アンジェ・ポステコグルー監督の下でオーストラリア代表のアシスタントコーチなどを歴任。現在はシンガポールリーグのライオン・シティ・セイラーズF.C.の監督を務めている。

●1998年Jリーグ2ndステージ第3節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
下田崇

▽DF
ハイデン・フォックス
ランコ・ポポヴィッチ
上村健一

▽MF
柳本啓成
吉田康弘
桑原裕義
山口敏弘
服部公太

▽FW
久保竜彦
アウレリオ・ヴィドマー

あまりに重かったアフリカンDF

ミシェル・パンセ・ビロング(元カメルーン代表)

生年月日:1973年6月16日(当時28歳)
在籍期間:2002年
J1通算成績:25試合出場/0得点

 1998年フランスワールドカップにカメルーン代表として出場した実績を持つ、身長192cm体重90kgの巨漢センターバックだった。空中戦の強さは圧倒的だったものの、見た目通り動きが鈍重でスピードに欠け、サンフレッチェのJ2降格を阻止するほどの活躍は見せられなかった。

 ロシアのアンジ・マハチカラからの期限付き移籍だったため、広島でプレーしたのは1年のみだった。2001年にはカメルーン代表の一員としてFIFAコンフェデレーションズカップに出場するため来日していた。当時アンジの前に1999年まで所属していた韓国の城南一和天馬時代に740万ウォン(現在のレートで約74万円)相当の小切手を盗んだ容疑をかけられてクラブから訴えられ、代表チームから追放されたと英『BBC』が報じるなどいわくつきの選手でもあった。

●2002年J1・1stステージ第2節:柏レイソル戦の先発メンバー

▽GK
下田崇

▽DF
沢田謙太郎
ミシェル・パンセ・ピロング
川島眞也
駒野友一

▽MF
梅田直哉
森崎和幸
森崎浩司
藤本主税

▽FW
大木勉
久保竜彦

ガッカリは成績でなく…

ベット(元ブラジル代表)

生年月日:1975年1月7日(当時29歳)
在籍期間:2004年〜2006年
J1通算成績:55試合出場/3得点
J2通算成績:7試合出場/1得点

 ベットが“ガッカリ”だったのは、ピッチ上での成績ではない。むしろ2004年夏の加入直後から2005年にかけて、1年半にわたって攻撃の中心として活躍した。失望を買ったのは退団の要因になった素行面だった。

 2006年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任してから出場機会が減少していたベットは、同年9月末に知人男性への傷害容疑で逮捕された。事態を重くみたサンフレッチェは、10月5日に契約解除を通告して元ブラジル代表MFを解雇した。

 1995年から1999年にかけてブラジル代表にも選ばれ、1995年のコパ・アメリカにも出場した実績を持つ選手ではあったが、日本ではあまりいいイメージを残していない。2003年にはコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)に加入するも、ホームシックなどが原因となってわずか3ヶ月で退団していた。

●2005年J1最終節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
佐藤昭大

▽DF
駒野友一
小村徳男
西河翔吾
服部公太

▽MF
大木勉
リ・ハンジェ
森崎和幸
ベット

▽FW
佐藤寿人
ガウボン

ストヤノフの後継者候補

アンテ・トミッチ(クロアチア出身)

生年月日:1983年5月23日(当時27歳)
在籍期間:2011年
J1通算成績:9試合出場/1得点
J2通算成績:43試合出場/2得点

 サンフレッチェでレジェンドになったミハエル・ミキッチと同じディナモ・ザグレブ出身だが、トミッチは期待されたほどの活躍を見せることはできなかった。2011年に来日してキャンプでのトライアルを経てサンフレッチェに加入するも、負傷の多さも響いてリーグ戦は9試合の出場にとどまった。

 もともとは前年限りで退団したイリヤン・ストヤノフの後釜としてリベロ的な起用法が模索されていたようだが、トミッチはどちらかといえばセントラルMF気質で、フィジカルもそれほど強靭ではなかった。サンフレッチェ退団後に在籍した愛媛FCでは、主にセントラルMFとして起用され2シーズンでリーグ戦43試合に出場した。

●2011年J1第33節:大宮アルディージャ戦の先発メンバー

▽GK
西川周作

▽DF
森崎和幸
中島浩司
水本裕貴

▽MF
森脇良太
青山敏弘
アンテ・トミッチ
山岸智
李忠成
高萩洋次郎

▽FW
佐藤寿人

輝く場のなかった点取り屋

ベサルト・ベリーシャ(元コソボ代表/元アルバニア代表)

生年月日:1985年7月29日(当時32歳)
在籍期間:2018年〜2019年
J1通算成績:6試合出場/0得点

 欧州ではなかなか輝けなかったが、オーストラリアでは眠っていた才能が開花してAリーグで2度の得点王に輝き、ブリスベン・ロアーとメルボルン・ビクトリーで通算3度のリーグ優勝を経験していた。Aリーグでは歴代最高の外国籍選手ともいわれるほどに評価されていた、生粋のストライカーだった。

 しかし、2018年6月に加入したサンフレッチェでは出番に恵まれず、リーグ戦6試合のみの出場で無得点。2年目の2019シーズンは公式戦のピッチに一度も立たないまま、同年8月にクラブとの契約解除が発表された。

 基本的にはペナルティエリアの中でのみ力を発揮するタイプで、抜け目ない動き出しや優れたシュート技術が武器だった。しかし、サンフレッチェでは適正ポジションがなかなか見つからず、コンディションも整っていなかったようだ。

 サンフレッチェ退団後は永住権を取得したオーストラリアに戻り、Aリーグに新設されたウェスタン・ユナイテッドFCに加入。今季のリーグ戦19試合で14得点を記録しており、衰えない得点力で再び評価を高めている。

●2018年J1第18節:浦和レッズ戦の先発メンバー

▽GK
林卓人

▽DF
和田拓也
水本裕貴
千葉和彦
佐々木翔

▽MF
柴崎晃誠
稲垣祥
青山敏弘
柏好文

▽FW
ティーラシン・デーンダー
パトリック

※ベリーシャは68分からティーラシンに代わって途中出場しJリーグデビュー

フットボールチャンネル 2020年05月20日(Wed)7時15分配信
https://www.footballchannel.jp/2020/05/20/post374385/

【写真:Getty Images】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200520-00010003-footballc-socc.view-000

 

615 :2020/05/20(水) 09:52:36

https://www.footballchannel.jp/2020/05/20/post374385/
ヴィドマー、ビロング、ベット、トミッチ、ベリーシャ

 

621 :2020/05/20(水) 12:41:28.18

元ブルガリア代表のミロこと
ネスコ・ミロヴァノヴィッチがいない時点でなってない

 

622 :2020/05/20(水) 12:45:27.74

ミゲルとか猛犬弟とかもいねーのか

 

623 :2020/05/20(水) 12:49:01.89

ゼロックスの全国中継で、思い切った助走から想像通り宇宙開発したユキッチさんを忘れるな

 

634 :2020/05/20(水) 16:09:01

>>615
ランコじゃなくて
トニーだろ
ポポヴィッチは

 

636 :2020/05/20(水) 18:36:18

中身読んでないけど、ベッドって外れだったか?
ペトロヴィッチに干されるまでは十分戦略だったよな

 

637 :2020/05/20(水) 18:37:51

>>636
古き良き時代の気まぐれ10番タイプだったっけ

 

639 :2020/05/20(水) 18:51:45

ナカノンのなかではミゲルとバーンズが外れなんかぁ

 

640 :2020/05/20(水) 18:56:42.58

フトチャンの記事はそこそこ出た選手だからな

 

642 :2020/05/20(水) 19:08:49

期待値の割にってのだとチアゴとガウボンかなあ

 

643 :2020/05/20(水) 19:33:39

期待との落差という意味ではフェリペだな、
それなりに活躍もしたし悪い選手ではなかったけど

 

645 :2020/05/20(水) 21:25:21

>>642
ガウボンは9点取ってるから悪くはないんだけどねぇ
開幕前の練習試合で無双してたけどシーズン終盤はスタメン落ちしてたし

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1588463019/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました