宇佐美貴史×柿谷曜一朗、天才が語る“天才論” 「あのゴールは象徴」と語った衝撃の瞬間とは?

セレッソ大阪 ガンバ大阪

宇佐美×柿谷、天才が語る“天才論” 「あのゴールは象徴」と語った衝撃の瞬間とは?

【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第2回】宇佐美が驚愕した、“ジーニアス”柿谷が輝きを放ったワンシーン

 大阪の宿敵2チームが誇る“天才”同士の対談が初めて実現した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そして「天才が語る天才論」とは――。

柿谷「(天才と呼ばれることに対して)嫌ではないよ。でも、自分より上手い選手とか、自分よりアイデアを持っている人もいっぱいいる。でも、小さい時から自分も面白いことができると思っていた。それでも、自分の中でミスのほうが多いのは分かってるから、成功することもあるけど、それ(成功)を見た人はそういう(失敗の)イメージを持たへんと思うし、いいところばっかり見てくれてんねんな、という感じ。

 俺が思う天才はまず左利き。レフティーっていうのが8割占めている。クリスティアーノ・ロナウドって『天才』かと聞かれたら、『ん?』って思う人多いと思う。でも、(アンドレス・)イニエスタは天才。イニエスタの左利きが一番凄いと思う」

宇佐美「僕は(自分を天才と)思ったことがないから、心底。いいように言うてくれているな、とは思うけど。でも、曜一朗くんを見ていると、天才ってこういうことなんやな、と思う。『こういうこと、こういうこと、これ天才』っていうのがあって。キンチョウ(スタジアム)の群馬戦かな」

柿谷が4年前の群馬戦で決めた衝撃のヒール弾に宇佐美も驚愕

 宇佐美が切り出した試合は2016年3月12日、J2第3節ザスパクサツ群馬戦(1-0)。スイスの強豪バーゼルからC大阪へ復帰したこの年、第2節水戸ホーリーホック戦(1-0)で復帰後初ゴールを挙げて迎えた一戦だった。0-0の後半14分、ブラジル人FWリカルド・サントスのヘディングでの折り返しを相手ゴール正面で受けた柿谷だったが、ゴールに背中を向けた状態。しかし、右足でトラップするやいなや左足にボールを送ると、ヒールキックで、相手GK清水慶記の虚を突いた。衝撃のヒールシュートは、ふわりとした軌道を描いてゴールネットを揺らした。

宇佐美「ダブルヒールみたいなの、あんなのやっちゃダメ(笑)。衝撃。俺も声『えっ』て出たし、あのシーンで一番見て欲しいのは、(相手の)センターバックとGKが、曜一朗くんが点を取ってゴールセレブレーションに向かう背中を、ずっと後ろから『えーっ』て顔で追いかけていて」

柿谷「見られていたね」

宇佐美「相手がとりあえず脱帽していて。あの顔をさせられるゴールって普通の人じゃ取れない。想像を上回るレベルを、さらにもう1個、2個上回ってこないとあのリアクションってさせられへんと思うねんな。どの世界でも相手にあんなリアクションをさせるゴールって、あんまりない。あれを見た時にアイデアとして出てきて、実行しようとしたのも凄い。左足でずらして右ヒールならまだ分かるけど、右足でずらして左ヒール。利き足じゃないし。

 実はあのゴールを見た後に、次の日やってみたんよ。でも、右足でずらして左ヒールは当てられへんかった。普通は当てられへんのに、あんなに飛ばしてGKのタイミングをずらして打つ。こういう天才という人を見て、『自分はそうじゃない、そうじゃない』と、思える。天才の象徴なんじゃない、あのゴールは」

 柿谷が見せた技術だけではなく、相手のリアクションからも“凄さ”を感じたという宇佐美。その衝撃は忘れられないようで、表情も生き生きしていた。宇佐美“記者”の取材は止まらず、当時のヒールシュートの秘話に迫った。

「0.5秒ぐらいの間での判断」 柿谷の衝撃ヒール弾に「This is ジーニアス」

宇佐美「あれ、どういうつもりでやったんですか?」

柿谷「あのシュートの前、俺ちょこんってジャンプしているの知っている?」

宇佐美「右でのタッチでずらす前?」

柿谷「そう。リカルドがヘディングする時ぐらいに俺、ほわってジャンプしてるねんやんか。(当時)たぶん、ヘディングであそこに落とすと思わへんかってん。前にいるDFを越えて俺もヘディングでいこうと思っていて。でも、ジャンプした時ぐらいからもう(ボールが)右足に向かって来ていた。めっちゃゴール近いのは分かっていたし、前に(杉本)健勇おるのも分かっていたけど、健勇に落とすコースもない。右に敵おる、左から(DFが)戻って来ている、ぐらいまでは覚えているねんけど、0.5秒ぐらいの間での判断やったんかな」

宇佐美「咄嗟でしょ。気付いたらやっていた」

柿谷「右足に(ボールが)止まった瞬間に『あっ』みたいな。そこから咄嗟やと思う。相手の場所に合わせて(シュートを打ったの)やと思う」

宇佐美「説明できひんゴールがいいんですよ。俺は大体『GKがこうきましたから打ちました』っていう、そういうゴールが多いけど、『分からへん』『それぐらいまでは覚えているねんけど』とか言ってみたい(笑)。あれ、文字に起こしても伝わらないよな。『天才とはなんぞや』というのには、この動画を貼り付けたらいい。This is ジーニアス」

 思わず宇佐美が前のめりになってしまうような芸術的なシュートだったが、柿谷自身も引き出しからアイデアを選別する感覚はなかったようだ。まさに体が勝手に動いた一発。“天才”としてその名を知らしめてきた2人だが、共通して豊かな感性を表現するプレーに心を打たれるようだ。

Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi

Football ZONE web 5/18(月) 10:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/247681910f3cbd23d1eb61c885b6705b326a224b

ガンバ大阪FW宇佐美貴史(左)とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗【写真:高橋学 & Getty Images】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200518-00262446-soccermzw-socc.view-000

 

 

4 :2020/05/18(月) 19:13:03

整っていればな

 

5 :2020/05/18(月) 19:16:34

この2人を見てフィジカルがいかに重要か分かったよ
足元はさほど必要無い

 

36 :2020/05/18(月) 19:47:25

>>5
戦術理解度も足りていない

 

6 :2020/05/18(月) 19:17:51.47

役に立たない天才と役に立つ馬鹿
どちらが必要か

 

7 :2020/05/18(月) 19:20:20.45

まあ日本で本物の天才は小野伸二だけ

 

11 :2020/05/18(月) 19:23:08

柿谷曜一朗   今、私が最も興奮する男の名前である

 

12 :2020/05/18(月) 19:23:17

二人とも元天才な

 

14 :2020/05/18(月) 19:24:39

悲しい対談だな

 

15 :2020/05/18(月) 19:24:40

フランス戦ですげえの決めてたな

 

16 :2020/05/18(月) 19:24:57

小野伸二より天才はいない

 

17 :2020/05/18(月) 19:25:32

海外で通じなかった者の末路

 

18 :2020/05/18(月) 19:27:12

ジニアス--天才。
世界で「プレーする」日本人選手ではなく、 世界のスーパースターとなる日本人選手が
誕生したのではないか、と。 メッシにも、ボジャンにも負けない至高の才能が現れたのではないか、と。

 

22 :2020/05/18(月) 19:31:54

結果が伴ってこその天才かなとは思う
そうでなければただの曲芸

 

38 :2020/05/18(月) 19:52:41

>>22
この二人はそんなに曲芸が上手いタイプでも無い

 

24 :2020/05/18(月) 19:33:38

柿谷は天才というより変態

 

30 :2020/05/18(月) 19:39:18

アレは凄かった。バーゼルから日本に戻った直後というのもあってスイスメディア?(海外メディア)が取り上げてたな

 

33 :2020/05/18(月) 19:44:17

この2人はまだ曲がりなりにW杯選ばれてるからな
むしろ家長とかの方が才能や実力の割に代表に縁なかった感じするわ

 

40 :2020/05/18(月) 19:56:19

u17フランス戦をリアルタイムで観てた。
あの局面であの判断は天才でしょ

 

51 :2020/05/18(月) 20:07:49

ネイマールに言われた通りなんだよ
日本サッカー界は弱いくせしてカッコつけるのだけは一人前

 

53 :2020/05/18(月) 20:09:14

香川乾組
宇佐美柿谷組だったら
どっちが天才なの?

 

75 :2020/05/18(月) 20:30:18.31

>>53
乾は柿谷が一番の天才って言ってたな

 

57 :2020/05/18(月) 20:12:53

小野伸二が柿谷のこと天才って言ってたからな
考えられないアイデアを思いついて実行できて成功させるって

 

59 :2020/05/18(月) 20:15:03

少なくともこの二人は天才ではないな

 

60 :2020/05/18(月) 20:16:53

まぁ、コイツ等は和製イブラヒモヴィッチの平山相太さんの足元にも及ばないけどな

 

64 :2020/05/18(月) 20:19:41

ふたりとも天才やで
ただ体作りを怠って才能を伸ばしきれなかった天才

 

66 :2020/05/18(月) 20:21:21

クラブの最高傑作とか言って甘やかしたから

 

67 :2020/05/18(月) 20:21:31

この二人にはがっかりだよ

 

69 :2020/05/18(月) 20:21:58

なんというか…
こんな残念な組み合わせの対談を始めて見た気がする…

平山相太も加えてトリオでやれよ

 

83 :2020/05/18(月) 20:38:46

柿谷ってまじでアホなんだろうな
イニエスタは右利きなのに

 

85 :2020/05/18(月) 20:40:47

こいつらより、
石原直樹みたいにいろんなクラブ渡り歩いてコンスタントに点取るプレイヤーの方が好きだわ

 

95 :2020/05/18(月) 20:51:53

セレッソに入団した頃の香川はマジで天才だと思った
相方に乾を得てからさらにやばかった

 

99 :2020/05/18(月) 21:04:30

二人とも天才と呼ばれてた割にショボい実績やな

 

101 :2020/05/18(月) 21:06:33.15

得点王も一度も取れず現役終了するつもりか

 

103 :2020/05/18(月) 21:08:08.80

前俊を諦めない

 

104 :2020/05/18(月) 21:14:44.15

日本代表

宇佐美 27試合3得点
柿谷 18試合5得点

原口 53試合11得点

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589796515/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

Facebook Comments

タイトルとURLをコピーしました