サンフレッチェ広島、歴代最強外国籍選手5人 ハシェック、ストヤノフ、ミキッチ…親日家たちと歩んできた歴史

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島、歴代最強外国籍選手5人。ハシェック、ストヤノフ、ミキッチ…親日家たちと歩んできた歴史

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、サンフレッチェ広島で活躍した外国籍選手を5人紹介する。

引退後はチェコに日本食レストランを開店

イワン・ハシェック(元チェコ代表)

生年月日:1963年9月6日(56歳)
在籍期間:1994年〜1995年
J通算成績:83試合出場/42得点

 母国の弁護士資格も持つインテリは、チェコやフランスでセントラルMFとして、チェコ代表では右サイドバックとしてもプレーしていたが、日本ではストライカーのイメージが強いだろう。サンフレッチェ広島加入初年度の1994年はリーグ戦で19得点を挙げ、1stステージ優勝に大きく貢献。1995年にはリーグ戦で11得点、さらに天皇杯準優勝においても重要な存在だった。

 小柄ながら空中戦に強く、ポストプレーにも長ける稀有な特徴を持ち、パンチ力あるシュートから数々のゴールを奪った。1996年にはジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に移籍し、シーズン途中まで在籍したのち、1997年に母国の古巣スパルタ・プラハで現役引退を表明した。

 その後はスパルタ・プラハでスポーツディレクターを務めたほか、監督として欧州や中東、アジアを渡り歩き、2004年にはヴィッセル神戸も率いた。Jリーグ25周年を記念してインタビューを受けた際には、母国チェコに日本食レストランをオープンしたことも明かしている。

●1994シーズンの基本先発メンバー

▽GK
前川和也

▽DF
森山佳郎
柳本啓成
佐藤康之
片野坂知宏

▽MF
ノ・ジュンユン
森保一
風間八宏
パベル・チェルニー

▽FW
イワン・ハシェック
高木琢也

韓国でスパイ扱いされても…

ノ・ジュンユン(元韓国代表)

生年月日:1971年3月28日(49歳)
在籍期間:1993年〜1997年
J1通算成績:215試合出場/43得点
J2通算成績:33試合出場/5得点

 ノ・ジュンユンは韓国代表として初めてJリーグでプレーした選手だが、当時の日韓関係は今よりも険悪で、風当たりは強かった。代表活動中は日本側に通じるスパイ扱いも受けたという。彼にとって日本への移籍は自らの力を試し、成長するためのステップアップだった。

 韓国で嫌われても広島では愛され、チームに欠かせない選手として活躍した。豪快な突破力で高木琢也やハシェック、パベル・チェルニーと強力な攻撃ユニットを形成。在籍2年目にはリーグ戦10得点、3年目は13得点を挙げ、2年連続で二桁得点を達成している。1995年の天皇杯準優勝にも大きく貢献した。

 1994年アメリカワールドカップのアジア最終予選中、複数チームが宿泊する合同宿舎では広島のチームメイトだった森保一ら日本代表選手たちにキムチなどの差し入れをしたことでも知られる。その後、ワールドカップには1994年と1998年の2度にわたって出場した。

 広島退団後はオランダに渡ってNACブレダでプレーし、セレッソ大阪やアビスパ福岡でも活躍。Jリーグでは通算248試合に出場した。

●1996年1月1日:天皇杯決勝・名古屋グランパス戦の先発メンバー

▽GK
前川和也

▽DF
小島光顕
柳本啓成
上村健一

▽MF
笛真人
桑原裕義
路木龍次
ピーター・ハウストラ
森保一

▽FW
ノ・ジュンユン
高木琢也

監督として古巣・広島を破りACL制覇へ

トニー・ポポヴィッチ(元オーストラリア代表)

生年月日:1973年7月4日(46歳)
在籍期間:1997年〜2001年
J1通算成績:87試合出場/13得点

 1992年バルセロナ五輪に出場したU-23オーストラリア代表で指導を受けたエディ・トムソン監督に請われ、1997年に来日を果たすと、4年にわたって最終ラインの主軸を担った。特に上村健一や同胞のハイデン・フォックスと組む3バックはJリーグ屈指の堅牢さを誇り、1990年代終盤の広島を力強く支えた。

 類まれなリーダーシップでチームを統率し、PKキッカーを務めるほど周囲からの信頼も厚かった。広島退団後はイングランドで活躍し、クリスタル・パレスの一員としてプレミアリーグでのプレーも経験。オーストラリア代表としても2006年ドイツワールドカップに出場した。

 現役引退後は指導者に転身し、ウェスタンシドニー・ワンダラーズの監督時代には小野伸二や高萩洋次郎、田中裕介、楠神順平といった日本人選手を次々に獲得したことでも知られる。そして2014年、ウェスタンシドニーを率いて古巣の広島とAFCチャンピオンズリーグのラウンド16で対戦し、2戦合計スコア3-3ながらアウェイゴール差で勝ち上がると、そのままオーストラリア勢としては初めてアジアの頂点に立った。

●1999シーズンの基本先発メンバー

▽GK
下田崇

▽DF
ハイデン・フォックス
上村健一
トニー・ポポヴィッチ

▽MF
沢田謙太郎
森保一
服部公太
山口敏弘
藤本主税

▽FW
久保竜彦
高橋泰

引退後は広島や山口で活動

イリヤン・ストヤノフ(元ブルガリア代表)

生年月日:1977年1月20日(43歳)
在籍期間:2007年〜2010年
J1通算成績:118試合出場/6得点
J2通算成績:58試合出場/4得点

 ジェフユナイテッド千葉で2シーズン半プレーするも、アマル・オシム監督と対立して契約解除となり、2007年夏に広島へやってきた。そのシーズンはJ2降格となってしまうも、残留を選び1年でのJ1復帰に貢献した。

 広島では加入当初こそ中盤で起用されていたが、主に3バックの中央で活躍。柔軟なテクニックと卓越したフィード力を武器にするリベロとして輝いた。2011年にはJ2のファジアーノ岡山でプレーするも、負傷の影響でコンディションが上がりきらず、その年限りでスパイクを脱ぐ。

 現役引退後は日本に残って2012年から広島でレストランを経営しつつ、指導者としても活動している。2014年には広島の店を閉めて拠点を山口県に移し、レストランのプロデュースや自ら設立したFCストヤノフアカデミーを運営している。

●2008シーズンの基本先発メンバー

▽GK
佐藤昭大

▽DF
森脇良太
イリヤン・ストヤノフ
槙野智章

▽MF
リ・ハンジェ
青山敏弘
森崎和幸
服部公太
高萩洋次郎
森崎浩司

▽FW
佐藤寿人

クロアチアに日本風スイーツ店をオープン

ミハエル・ミキッチ(クロアチア出身)

生年月日:1980年1月6日(40歳)
在籍期間:2009年〜2017年
J1通算成績:227試合出場/8得点

 広島の3度のリーグ優勝はミキッチなくして成し遂げることはできなかった。2009年にディナモ・ザグレブから加入すると、すぐ主力に定着して圧倒的なスピードと献身性を武器に右サイドを制圧。2012年と2013年のJ1連覇、2015年の3度目のリーグ優勝を全て中心選手として支えた。

 Jリーグでは通算227試合に出場し、そのほとんどは広島で記録している。キャリア終盤は負傷が多くなり、全盛期ほどのスピードも見られなくなったが、類まれなリーダーシップや豊富な経験は色あせず。2018年に湘南ベルマーレで1年間プレーしたのちに現役を引退した。

 その後、母国クロアチアに戻って2019年に日本風のスイーツを提供するカフェをオープン。インタビューなどでは度々日本や広島への愛着を口にする、Jリーグでプレーした外国籍選手の中でも歴代屈指の親日家だ。

●2013シーズンの基本先発メンバー

▽GK
西川周作

▽DF
塩谷司
千葉和彦
水本裕貴

▽MF
ミハエル・ミキッチ
青山敏弘
森崎和幸
山岸智
高萩洋次郎
石原直樹

▽FW
佐藤寿人

フットボールチャンネル 2020年04月30日(Thu)7時15分配信
https://www.footballchannel.jp/2020/04/30/post372312/

【写真:Getty Images】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200430-00010003-footballc-socc.view-000

 

800 :2020/04/30(Thu) 08:40:40

サンフレッチェ広島、歴代最強外国籍選手5人。ハシェック、ストヤノフ、ミキッチ…親日家たちと歩んできた歴史
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200430-00010003-footballc-socc

歴代最強外国籍選手5人に
ハシェック ポポヴィッチ ノジュンユン ストヤノフ ミキッチ

 

801 :2020/04/30(Thu) 09:17:24

ドウグラスが入ってないやり直し

 

802 :2020/04/30(木) 10:06:50.54

最大瞬間風速ならウタカやドウグラスだな
長年に渡る貢献度ならまた別だが

 

803 :2020/04/30(Thu) 10:36:47

ウエズレイ忘れんな

 

806 :2020/04/30(Thu) 11:12:03

> サンフレッチェ広島加入初年度の1994年はリーグ戦で19得点を挙げ、1stステージ優勝に大きく貢献。 1995年にはリーグ戦で11得点、さらに天皇杯制覇の原動力にもなった。

天皇杯制覇…?

 

809 :2020/04/30(Thu) 12:55:39

>>806
サンフレッチェになってからはまだ制覇してねえよなあ?
俺もおや?ってなったわ

 

813 :2020/04/30(Thu) 13:29:41

実績なら優勝3回全てでスタメンのミカが断トツだろう
在籍年数でもインパクトでも文句なし

在籍短くてインパクトあったのは
ドグ、ウタカに加えてムジリおじさんかな
テクだけなら異次元だったわ

 

829 :2020/04/30(Thu) 18:39:04

>>813
テクニシャン多いメキシコリーグでMVPのサントスが抜けてるぞ

 

830 :2020/04/30(木) 18:50:58.38

ナビスコの鞠戦のサントスは異次元の凄さだった
録画してなかったのが悔やまれる

 

831 :2020/04/30(木) 18:53:21.11

上手さでいうとサントスとムジリ、この2人は別格だったわ

 

832 :2020/04/30(Thu) 19:12:52

シュートはレアンペが別格だわ

 

833 :2020/04/30(Thu) 19:28:36

>>832
今のところウタカの方がシュート上手いイメージ

ただ今年はペレイラに得点王期待している。
試合が出来ればやってくれるはず。

 

841 :2020/04/30(Thu) 20:10:13

ミカ、ドグはタイトルって結果を残したから、外せんよな

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1586875197/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました