1 :2020/05/13(水) 07:09:42

横浜FMで活躍したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが日本に最大級の賛辞

 かつて横浜F・マリノスに在籍していたポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラは、2年にわたって滞在していた日本について「清潔で、教育水準が高い」「選手を侮辱することもないし、観客が押し合ったりすることもない」と語り、「日本は信じられないほど素晴らしく、世界一の国だ」と絶賛している。ポルトガルメディア「Maisfutebol」が報じた。

 31歳となったウーゴ・ヴィエイラは、2017年にレッドスター・ベオグラードから横浜FMに加入。Jリーグ1年目にリーグ戦28試合10ゴール、2018シーズンに31試合13ゴールと活躍した。その後はトルコを経て、現在は母国のジル・ヴィセンテに所属している。

 ウーゴ・ヴィエイラは横浜FM加入について、「当時はたくさんのオファーがあったけど、日本行きを決めた。金銭的に良い条件だったのも事実」と明かした一方、「今の自分が知っていることを当時知っていたら、もっと早く日本に行っていたね。日本は信じられないほど素晴らしく、世界一の国だ」と最大級の賛辞を送っている。

 ポルトガル人FWはすっかり異文化に魅了された様子で、「日本はいつでも清潔で、教育水準が高い。僕だけじゃなく、多くの人が暮らしたいと思っている。僕も日本へ行きたいし、平穏な日々だったよ」と率直な思いを口にした。

 日々の生活だけでなく、試合でも日本文化の凄さを感じる出来事があったという。「セルビアでは殴られたり、侮辱されたりした(笑)」と冗談交じりに振り返りつつ、「でも日本は違うんだ」と印象に残った光景を説明している。

「6万人が入るスタジアムでも警察がいないんだ。選手を侮辱することもないし、観客が入場する際にきちんと列を作って、押し合ったりすることもない。子どもたちも安全にスタジアムへ行けるんだ」

つづく

2020.05.12フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/261379?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=261442_2

写真
https://livedoor.blogimg.jp/soccer_time/imgs/5/e/5e50f674.jpg

 

2 :2020/05/13(水) 07:10:14

横浜FMで活躍したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ、退団理由と秘めた思いを告白

 かつて横浜F・マリノスに在籍していたポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが“再来日”を熱望しているようだ。退団した理由を明かすとともに、「一番の目標は日本に戻ること」と秘めた思いを口にしている。ポルトガルメディア「Maisfutebol」が報じた。

 現在31歳のウーゴ・ヴィエイラは、2017年にレッドスター・ベオグラードから横浜FMに加入すると、Jリーグ1年目でリーグ戦28試合10ゴールをマークし、翌シーズンには31試合13ゴールの活躍を披露。2シーズンの在籍となったが、J1リーグ戦通算59試合23ゴールと高い得点力を発揮していた。

 その後、トルコを経て、母国ポルトガルに帰還。現在は古巣ジル・ヴィセンテに所属しているウーゴ・ヴィエイラだが、「シーズンが終わった後、一番の目標は日本に戻ることだ」と思いを語る。その一方、当時の退団理由についても自ら明かした。

「横浜F・マリノスと自分には強い関係がある。当時は僕から退団をお願いした。それは家族の病気という問題を抱えていたからだ。もっと近くにいたかったんだ。何より時間帯を合わせたかった。日本では時差が8時間あり、僕が起きた時に家族が寝るようなリズムだったんだ」

 19年12月に日本復帰のチャンスもあったという。「12月のオファーを受けた。スィヴァススポルを退団し、日本へ行こうとしていた。ただ、クラブ間で合意に至らず、ジル・ヴィセンテに来た」と母国クラブへの加入経緯を振り返っている。

 再びJリーグでのプレーを夢見ているウーゴ・ヴィエイラは、「日本とポルトガルのレベルは大きく変わらない」と言及。「ポルト、ベンフィカ、スポルティング、ブラガ、ギマラインス、リオ・アベなどを除けば、Jリーグのほうがクオリティーは高い」と断言している。

 果たして、今夏の移籍市場でJリーグ復帰となるのか。その動向に注目が集まる。

 

4 :2020/05/13(水) 07:10:47

2020.05.11 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/261349?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=261442_1

 

6 :2020/05/13(水) 07:14:57

レッズの記憶が飛んでる

 

7 :2020/05/13(水) 07:15:55

エスパルスに来いよ

 

8 :2020/05/13(水) 07:18:12

那須よ、ゲストに呼べ。

 

13 :2020/05/13(水) 07:24:02

なぜだろう?全身からグランパス魂を感じる

 

16 :2020/05/13(水) 07:39:36.95

2017年の天皇杯広島戦のゴールが凄い。
しかもアシスト飯倉。

 



18 :2020/05/13(水) 07:41:31.11

セルビアリーグ得点王
現代では珍しいあまり守備をしない生粋のCF。

 

22 :2020/05/13(水) 07:47:53

>>2
> ポルト、ベンフィカ、スポルティング、ブラガ、ギマラインス、リオ・アベなどを除けば、Jリーグのほうがクオリティーは高い

均質化してるんだよなぁ、良いのか悪いのか・・・

 

38 :2020/05/13(水) 08:27:47.46

欧州の一部の国はCLに出れる上が強いだけってのはあるある

 

39 :2020/05/13(水) 08:28:27

イケメンだよな

 

42 :2020/05/13(水) 08:34:57

広島に…と思ったけどメンツ的に今は要らなかった

 

54 :2020/05/13(水) 08:53:15

普通に活躍してたよな。
まあ、歳か。。

 

56 :2020/05/13(水) 08:54:05

89分ボーと歩いてても1分で仕事しちゃうウーゴ

 

57 :2020/05/13(水) 09:00:43

ポルトガルは世界一激しいリーグってツナミが言ってた
というか荒いけど審判が笛吹かないって

 

65 :2020/05/13(水) 09:49:11

マリノスに戻るのは難しいが間違いなくストライカーとしてゴールは計算出来る選手。問題は年俸くらいだな。
特に昇格降格繰り返しクラブはこの人取れば間違いなく上に行ける。

 

74 :2020/05/13(水) 10:47:56

>>65
チャンス作れてるが、あとは決める奴だけってチームには合うと思う

 

67 :2020/05/13(水) 10:13:05

抜けたあとに優勝しちゃったからな

 

70 :2020/05/13(水) 10:24:48

今のマリノスこそ似合いそうに思うよエジガルとマルコスと仲川
エリキとウーゴと遠藤
で超攻撃的で完璧な2チーム作れる

 

71 :2020/05/13(水) 10:25:49

いや、警察いるぞ

 

72 :2020/05/13(水) 10:37:27

中堅クラブなら中島が通用するレベルだもんな
でもCLELで揉まれてるトップ層のクラブはレベル高い

 

83 :2020/05/13(水) 12:03:43

除くのが多すぎないかw

 

93 :2020/05/13(水) 17:33:33.13

他サポだが
活躍してたから
退団って知った時はなんで?
って思ってたがそういう理由があったのな

 

95 :2020/05/13(水) 17:35:53

結局ポルトとかの上位クラブは上なんじゃねーか
やっぱjリーグも一極集中ビッグクラブできるようにした方がいいわ

 

100 :2020/05/13(水) 18:31:34

試合終った後に両方のサポが仲良く同じ電車に乗って帰る光景は日本だけらしい

 

105 :2020/05/13(水) 19:03:42

ポルトはガチで強いけどそれ以外は鹿島や横浜なら勝てるレベルだと思うよ
ただポルトは確かに強い

 

122 :2020/05/14(木) 17:50:13.86

インザーギみたいな選手。得点力は保証出来る。得点力欲しいチームは手を上げろ。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589321382/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー