柴崎岳が出身地の青森へマスク1万枚寄付

 スペイン2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳(27)が新型コロナウイルス対策への支援として、出身地である青森県の福祉現場へマスク1万枚を寄付するとマネジメント会社「UDN SPORTS」が7日、発表した。

 「UDN SPORTS」は、一般社団法人「Get in touch」の活動である「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトに対してマスクの寄付などを協力。今月1日にも、柴崎ら契約している75選手が資金を出し、全国の学童や医療従事者向けにマスク20万枚を寄付すると発表していた。

スポーツ報知 5/7(木) 18:57配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/464b032b9a9dd775a15218c88bd5acabd31149a6




 

3 :2020/05/08(金) 13:01:58

スペインに寄付した方が良いかもね

 

10 :2020/05/08(金) 13:10:19

早く代表戦観たいわ~

 

12 :2020/05/08(金) 13:10:37

マスクをどこから調達したのか教えてくれ

 

16 :2020/05/08(金) 13:22:50

立派だな

 

26 :2020/05/08(金) 13:47:46

助かるじゃ

 



27 :2020/05/08(金) 13:48:14

買占めやめろよ

 

32 :2020/05/08(金) 13:56:52

青森からこのレベルの才能が生まれたの凄いな
18年大柴崎の大会みたいなもんだし

 

37 :2020/05/08(金) 14:15:15

1万枚もどうやって手に入れたんだよ…

 

39 :2020/05/08(金) 14:16:44

死亡率考えると日本人よりスペイン人に配った方が良さそう

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588910407/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー