リーグ制覇目前のリバプール、市長と真っ向から対立!

リヴァプール

リーグ制覇目前のリバプールが市長と真っ向対立

日本代表FW南野拓実(25)が所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールは、30年ぶりのリーグ制覇を前に、同市のジョー・アンダーソン市長と真っ向から意見対立し、大きな波紋を呼んでいる。

新型コロナウイルス感染拡大で3月13日にリーグ中断に入る前までリバプールは勝ち点82まで伸ばし、2位マンチェスター・シティーに25点差をつけて首位を独走中。残り9試合で2勝すれば、89-90年シーズン以来、実に30年ぶりのリーグ優勝が決まるが、アンダーソン市長は社会的距離ルール違反による市内の混乱を想定し、シーズン打ち切りを要求した。

リーグは6月8日の再開を目指し、5月中旬には練習再開する予定となっているが、4月30日の英BBCスポーツのインタビューでアンダーソン市長は「時期尚早」と持論を展開。無観客試合であってもリバプール優勝が決まった場合、セレモニー行事で数千人が本拠地アンフィールド周辺に群がるとし「シーズンを打ち切ることが最善の策と思う」と口にした。

さらに「リバプールの優勝は明らかで、それに値する。タイトルを獲得すべきだ」としながら「肝心なのは第1が市民の健康と安全。第2がサッカーでなければならない。優勝を祝うために多くの人が来るからだ。もはやチームだけの問題ではない」と口調を強めた。サポーターが路上で社会的距離を無視し、地元警察に大きな負担がかかる心配もあり「多くの人がアンフィールド周辺に集まって祝うことになる。警察の懸念も理解し、私たちの困難にもなる。公衆衛生当局も懸念している」と続けた。

この市長の「横やり」に対し、リバプールは強く反論した。「クラブとして、アンダーソン市長のコメントに失望している。そのような主張を裏付ける根拠が欠如している」などと異例の声明を発表。無観客試合開催を想定したクラブは社会的距離を尊重するため、主要な利害関係者や支持グループから全面協力を確約されたとし「市長や市役所と定期的に連絡を取り合っており、これらの会議が継続できることを願っている」と強く訴えた。

新型コロナウイルスの影響で、30年ぶりのリーグ制覇という大イベントにもかかわらず、リバプールVS行政の対立が激化している。

日刊スポーツ 5/1(金) 9:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-25010094-nksports-socc

 

3 :2020/05/01(金) 13:27:48.82

まあでも群がっちゃうね
おれも行きたい

 

5 :2020/05/01(金) 13:28:16.91

>無観客試合であってもリバプール優勝が決まった場合、セレモニー行事で数千人が本拠地アンフィールド周辺に群がる

うむ。これは怖い

 

8 :2020/05/01(金) 13:35:22.99

無敗じゃなくて逆に良かったよな

 

12 :2020/05/01(金) 14:05:29.07

間違ったことは言ってなくね?

優勝決まった時に人が集まらんと
本気で思ってんのか?

 

15 :2020/05/01(金) 15:27:26.64

イギリスの死者数見たらサッカーどころじゃないだろ。

 

16 :2020/05/01(金) 15:55:49.22

南野良かったな。チームが優勝しそうでw

 

22 :2020/05/01(金) 16:35:23.07

リバポだと数千どころか数万人が集まるだろ

 

24 :2020/05/01(金) 16:42:08.19

このまま優勝でええやん

 

26 :2020/05/01(金) 16:51:51.44

市長の主張は正しい
何かあったらクラブは責任とれるのか
プレミア優勝常連ではないから初優勝で舞い上がったファンは暴走する恐れもある

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588307089/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました