「間違いかと思った…」「あれが全てを変えた」トッティ、伝説のユーベ戦での中田英寿との“交代劇”を語る!

「ナカタが入ったことでより…」

 2001年5月6日に行なわれたセリエA第29節のユベントス対ローマは、日本のサッカーファンにとっても忘れられない伝説の一戦だ。

 首位ローマと勝点6差の2位ユベントスとの直接対決は、スクデット(優勝)の行方を左右する天王山だった。この試合で大きな仕事を成し遂げたのが、元日本代表の中田英寿だ。

 2点ビハインドで迎えた60分、ローマのエースであるフランチェスコ・トッティとの交代でピッチに立った中田は、79分に中盤でボールを奪うと右足を一振り。強烈なミドルシュートでネットを揺らす。さらにアディショナルタイムにも、再び中田がペナルティーエリア外からミドルシュートを放つと、GKエドウィン・ファン・デル・サールが弾いたところをヴィンチェンツォ・モンテッラが押し込んだのだ。

 敗色濃厚だった一戦で土壇場にポイントをもぎ取ったローマは、そのまま首位を保って逃げ切り。18年ぶり通算3度目となる優勝を果たした。

 出場機会に恵まれず、不本意なシーズンを過ごしていた中田だが、この頂上決戦での活躍でスクデットへの貢献度を高く評価されている。

 では、ロマニスタの絶対的なアイドルだったトッティは、中田との交代をファビオ・カペッロ監督に命じられ、何を思っていたのだろうか。

 ローマ専門サイト『frozaroma.it』によると、インフルエンサーとのインスタグラムでの対談で、トッティは、「(交代は)間違いじゃないかと思ったよ。0-2で負けていて、試合をひっくり返さなきゃいけなかったしね。でも、あの交代からすべてが変わった」と話している。

「中田が入って、ゴールを決めて、同点につながるシュートを放った。交代が大当たりしたんだ。事前にそうなると分かっていたら、前半が終わった時に交代していたよ。いや、出場すらしなかったさ」

 さらに、“カルチョの偉大なる王子”は、「あの流れでは悶々としてもおかしくない。スクデットがかかった、あれほど大事な試合で交代させられるんだからね」と続けた。

「最後は交代がすごく当たった。あの状況では自分のことではなく、チームのことを考えるものだ。その時は悶々とするかもしれないけど、過ぎ去るものだよ。ナカタが入ってからより、自分がいた時のほうがチームは苦しんでいた。カペッロが正しいタイミングで理解し、変えたんだ。拍手するしかない」

 大一番で交代させられた悔しさをにじませながらも、中田の功績やカペッロ采配が奏功したことも認めたトッティ。悲願のスクデットを手にしたことで、屈辱も二の次とできたのかもしれない。

SOCCER DIGEST Web 4/25(土) 6:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00010002-sdigestw-socc

今もなおロマニスタから愛されて止まないトッティ(左)が、中田英寿(右)との交代劇について振り返った。 (C) Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00010002-sdigestw-socc.view-000




 

https://twitter.com/OfficialRoma_ID/status/1003716624451399680

 

3 :2020/04/25(土) 19:21:16.37

いよっしゃあああ

 

4 :2020/04/25(土) 19:23:55.68

この試合もそうだったけど中田が良いプレーするのってトッティ不在の時なんだよな
カペッロは中田をボランチで起用してトッティと共存させる計画だったけど結局中田の適正はトップ下だった

 

73 :2020/04/25(土) 20:11:37.78

>>4
結局カペッロもそれに気づいてエメルソン取ってきたからね

 

6 :2020/04/25(土) 19:24:39.68

中田ってCLで何かやった記憶ないけど何があるっけ?

 

7 :2020/04/25(土) 19:25:18

>>6
パルマ時代に予備予選に出ただけだから

 



26 :2020/04/25(土) 19:35:25

>>6
唯一いけそうだったパルマ時代のCL予備予選でハリルホジッチに対策を取られて敗退

 

8 :2020/04/25(土) 19:25:26

この頃のモンテーラの切れ味は凄まじかったな

 

11 :2020/04/25(土) 19:27:16

>>1
アレが無かったら、トッティは中途半端な選手で終わったかもしれない

 

24 :2020/04/25(土) 19:35:02

中田のこの試合のゴールと俊輔セルティックCLホームのマンUフリーキックはもうお腹いっぱいだけどやっぱり何度見ても良い

 

25 :2020/04/25(土) 19:35:09

バティもカフーもいた
凄いチームだった

 

35 :2020/04/25(土) 19:41:18

ユーベとは相性がいい
ペルージャのデビュー戦もユーベ

 

46 :2020/04/25(土) 19:53:21

まあ今更言うまでもなく中田のおかげ
カペッロもさすが

 

51 :2020/04/25(土) 19:57:21

>>46
あの状況でトッティ→中田を選択するのは凄いな
これでそのまま負けてたらどれほど叩かれてたことか

 

52 :2020/04/25(土) 19:59:55

https://www.ne.jp/asahi/hp/silverfox/game/websaka_mixi/ura/img/roma0001_01.png

 

55 :2020/04/25(土) 20:02:04.91

あの試合と言うかシーズンを機にトッティはプレースタイルかなり変わったと思う

 

59 :2020/04/25(土) 20:03:07.02

トッティ、プライド高そうだけど賢者だったんだな

 

74 :2020/04/25(土) 20:11:45.42

>>59
賢者なら背後からバロテッリ蹴ったりしない

 

63 :2020/04/25(土) 20:04:58.98

カペッロは外国人枠の制限問題で中田を使いたくても使えなかった
外国人枠の制限が無かったらマンUのスールシャールみたいに切り札として毎試合使われるレベルだったと思うよ

 

64 :2020/04/25(土) 20:06:05.46

何か知らんが頑なにヨーロッパのパスポート取らないバティストゥータのせいで外国人枠埋まってたんだよな

 

66 :2020/04/25(土) 20:07:51.82

外国人枠の制限が撤廃されたのが天王山の数日前という奇跡
ドラマがありすぎたわ

 

67 :2020/04/25(土) 20:08:32.93

そのシーズンで中田はフル出場が2試合だけ
完全に控え選手で途中出場も残り10分以内の時間稼ぎ用員が多かった

 

133 :2020/04/25(土) 20:49:59.22

トッティは中田のこと昆虫みたいな顔とか言ってだいぶディスってた

 

134 :2020/04/25(土) 20:50:15.06

セリエAのリーグランキング
3位 2004-05
2位 2005-06
3位 2006-07
3位 2007-08
https://www.uefa.com/memberassociations/uefarankings/country/#/yr/2005

 

156 :2020/04/25(土) 21:01:28.97

ローマもこれ以来優勝してないからなぁ

確か当時のサッカー選手の年収でベッカムに次いで中田が2位だった記憶ある

 

158 :2020/04/25(土) 21:02:05

ローマ時代の中田を語る時にEU外枠のことをよく言われるけど枠に入るだけの実力がなかったってことなんじゃないの?

 

161 :2020/04/25(土) 21:04:55

>>158
そうだよ
ライバルがブラジル代表とかだったからな

 

163 :2020/04/25(土) 21:06:33

>>158
枠があったのにシーズン途中にチームメイトのパスポート偽造問題でいきなりなくなったんだよ
そしてその外国人枠がユベントスの天王山直前に突然撤廃された
そしてカペッロは満を持して中田を使うことが出来た
それがあのシーズンローマの運命の分かれ道だった
ユーベ側からすりゃシーズン中にいきなり外国人枠が撤廃されて不満たらたらよ
シーズン終了後デルピエロがあれが無ければ俺たちが優勝してたのにって愚痴りまくってた

 

165 :2020/04/25(土) 21:06:50

実力なら一時期マジで中田がトッティを凌駕したのでは?と思うレベルだったよな

 

172 :2020/04/25(土) 21:10:22.43

たしか試合で試したのはリーグ戦のウディネーゼ戦一試合だけだった記憶があるんだがバティストゥータとトッティの2トップに中田がトップ下って試合があって滅茶苦茶攻撃が機能して面白ろかった試合があったんだがカペッロは二度とその布陣は使わなかったんだよなあ

 

191 :2020/04/25(土) 21:28:42

トッティも丸くなったな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587809983/

記事のタイトルとURLをコピー