中国・武漢のサッカークラブが約3か月ぶりに“帰国”サポーターが歓迎 元浦和FWも所属

 中国1部リーグの武漢に所属する選手たちが、約3か月ぶりに武漢市へと戻った。18日付けの英国紙「ザ・サン」によると、チームは1月下旬にスペインで合宿をスタートさせたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中国に戻ることができず。3月に帰国したが、武漢市が封鎖されていたため近郊での滞在を余儀なくされていた。

 同紙は多くのサポーターがマスク姿のまま横断幕を掲げてチームの帰国を出迎える写真を掲載した。武漢に所属する元浦和のFWラファエルシルバは19日、自身のインスタグラムを更新し、全身防護服の職員の横を通り、集まったサポーターを撮影する写真を投稿した。

スポーツ報知 4/19(日) 16:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-04190082-sph-socc

ラファエルシルバ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-04190082-sph-socc.view-000




 

3 :2020/04/19(日) 18:44:00

まじで良くなってきたっぽいな

 

8 :2020/04/19(日) 19:03:50

これで感染者出たら悲劇以外の何物でもないな

 

10 :2020/04/19(日) 19:13:04.95

ひとまず戻れる様になって良かったな

 

12 :2020/04/19(日) 19:15:28.68

スペインで感染してんじゃないのか?

 

13 :2020/04/19(日) 19:22:20

ラファエルシルバあんな中国の山奥のチームにいるのかよ

 



15 :2020/04/19(日) 20:25:50

いや、まだ早いだろ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587289079/

記事のタイトルとURLをコピー