1 :2020/04/19(日) 18:22:52.62

ヴィッセル神戸をはじめとしてワールドクラスの外国人選手がプレーする明治安田生命J1リーグ。『Goal』では、2019シーズンのJ1でのプレーを加味しつつ、現役外国籍選手の最強ベストイレブンを選出した。

●GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪/元韓国代表)昨季成績:34試合25失点、15クリーンシート
昨シーズンのJ1で最少失点を誇ったC大阪の守護神を選出。クリーンシートの「15」はリーグトップであり、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下でボール回収後の繋ぎにも磨きがかかった。
チーム全体の強固な守備のなかで、システマティックかつ安定感のあるセービングを披露している。

●DFエウシーニョ(清水エスパルス/ブラジル人)昨季成績:27試合4ゴール4アシスト
川崎FでJ1連覇に貢献し、昨年初めに清水に移籍した超攻撃的右SB。積極的にオーバーラップして攻撃に幾度も絡んでいく姿勢はどのチームにとっても脅威であり、この選手を配置するだけで攻撃の選択肢が1つ増えるほどだ。

●DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台/モザンビーク代表)昨季成績:24試合3ゴール
世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラのレバンテで主力として3年間を過ごしたことのある、仙台の主将。昨年初めにはそれほど多くの出場機会を与えられなかったが、シーズン半ばごろからポジションを奪取すると、
闘志あふれるプレーでファンを魅了した。恵まれたフィジカルを生かして数々の屈強なフォワードに競り勝ち、DFラインの門番となった。


●DFトーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸/ベルギー代表)昨季成績:8試合1アシスト
この現役ベルギー代表は昨年夏にバルセロナから神戸に移籍。半期だったため出場試合数は多くないが、すぐにワールドクラスの実力を見せつけ、神戸の中でも欠かせない選手の1人となった。
ボールを支配するフットボールにおいては世界屈指の素質を備え、守備のみならず攻撃の始点として活躍する。

●DFティーラトン(横浜F・マリノス/タイ代表昨季成績:25試合3ゴール4アシスト
昨シーズンの最終節FC東京戦で先制ゴールを決め、J1制覇に大きく貢献。アンジェ・ポステコグルー監督のもとでサイドをアップダウンするだけではない難しい役割をこなしつつ、“悪魔の左足”から強烈なシュートを放てる瞬間を常にうかがう。

4/19(日) 17:31配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-00010018-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200419-00010018-goal-000-view.jpg

 

2 :2020/04/19(日) 18:23:03.46

●MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌/タイ代表)昨季成績:28試合4ゴール6アシスト
“タイのメッシ”とも称される158cmの小兵ドリブラー。小柄だが厳しいチェックを受けてもしなやかな身のこなしでコントロールし、ゴール方向に突き進んでいく。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督下での攻撃サッカーにおいて、“個”で勝負する重要な役割を担う。

●MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/ブラジル人)昨季成績:27試合4ゴール4アシスト
J1通算最多タイトルを誇る“常勝軍団”鹿島の重要選手。豊富な運動量と高い技術、戦況を把握するスマートさと、中盤の選手として必要なすべての要素を高いレベルで備えている。
膠着した試合においては時折意表を突いたドリブルからゴールに迫り、試合を決めてしまうことすらある。

●MFマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス/ブラジル人)昨季成績:33試合15ゴール5アシスト
同僚FW仲川輝人とともに得点王に輝いた、横浜FMの優勝の立役者の1人。昨シーズン初めはウイングやセンターフォワードで起用されることもあったが、トップ下にポジションが固定されるとその存在感は日増しに高まることに。
抜群の攻撃センスからドリブル、パス、シュートを繰り出し、相手の守備をことごとく切り裂いた。

●MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/元スペイン代表)昨季成績:23試合6ゴール6アシスト
言わずと知れた超一流プレーヤーだが、驚くべきことに2年目を迎えた昨シーズンの神戸ではさらに適応している姿を見せた。味方の動き出しや相手のチェックの詰め方への対応に微調整を加え、
チームプレーヤーとして世界最高峰のテクニックをより存分に発揮できるようになっている。

●FWエジガル・ジュニオ(横浜F・マリノス/ブラジル人)昨季成績:16試合11ゴール1アシスト
抜群の決定力を誇るストライカーは、昨季序盤に得点を量産していたがその後に負傷してしまい長期離脱。それでも得点ランキングでは10位にランクインしており、凄まじい爆発力を示していたことは明らかだ。
新型コロナウイルスの影響でリーグは中断となっているが、超攻撃的サッカーで連覇を目論む横浜FMの最も効果的な“補強”はこの男の復帰だろう。

●FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/ブラジル人)昨季成績:33試合14ゴール3アシスト
クラブ最高位の2位で昨シーズンを終えたFC東京の、最重要選手の1人。スピード、パワー、決定力とストライカーとしてトータルに優れるD・オリヴェイラは足元の技術にも秀でており、
同選手のポストワークから始まる攻撃の加速はチームに欠かせない。得点王には一歩及ばなかったが、果たしている役割の大きさは計り知れないものがある。

 
現役外国籍Jリーガーの最強ベストイレブン(C)J.LEAGUE
https://lpt.c.yimg.jp/im_sigggZA56Ua_m5q.UmwzP8LWpQ---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20200419-00010018-goal-012-view.jpg

 
フォーメーション(4-4-2)
GK:キム・ジンヒョン
DF:エウシーニョ、シマオ・マテ、フェルマーレン、ティーラトン
MF:チャナティップ、L・シルバ、M・ジュニオール、イニエスタ
FW:E・ジュニオ、D・オリヴェイラ

 

3 :2020/04/19(日) 18:24:18.88

なんかショボいな

 

8 :2020/04/19(日) 18:29:53.75

現役か
マリノスの足速いCBは?

 

9 :2020/04/19(日) 18:30:23.80

キムよりスウォビックやろ

 

11 :2020/04/19(日) 18:32:26.44

ジョーが活躍してたらもう少し見栄えしたかな

 

15 :2020/04/19(日) 18:34:45.56

こういうメンツならレアンドロ・ドミンゲスのような燻銀ゲームメーカーが必要だわ

 



17 :2020/04/19(日) 18:35:55.13

ドウグラス入れろよ。
イニエスタより優先されるべき存在だろ。

 

21 :2020/04/19(日) 18:44:03.79

相手が日本人J選抜ならジェイやウェリントン、イバルボ、オルンガあたり入れてゴリ押ししたほうが強そう

 

23 :2020/04/19(日) 18:46:20.62

EJなんかよりどうやったってドウグラスのほうが脅威だろ
選出した奴見て無いだろ

 

25 :2020/04/19(日) 18:47:38.06

ドウグラス入れたら、選出が神戸に偏るから入れなかったんだろ

 

26 :2020/04/19(日) 18:48:30.98

キーパーはランゲラックだろアイツはJでは異次元だわ

 

28 :2020/04/19(日) 18:51:31.41

まあイニエスタは入るよな

 

30 :2020/04/19(日) 18:52:35.07

チアゴマルチンスいねえとか

 

43 :2020/04/19(日) 19:45:30.31

中国に比べてはるかにショボいな

 

46 :2020/04/19(日) 19:56:47.30

>>43
じゃCSL外国籍選手の最強イレブンどんなもんか教えてケロ

 

47 :2020/04/19(日) 19:58:28.16

シマオ・マテオはよく移籍しないで仙台残ったな

 

51 :2020/04/19(日) 20:56:07.84

中盤の組み合わせがちょっと気になるくらいで、まぁ普通に強そう

 

53 :2020/04/19(日) 22:26:16.62

キムジンヒョン(笑)

 

54 :2020/04/19(日) 22:27:41.17

キムジンヒョンてw ランゲラクだろ 失点数だけで判断してるな

 

56 :2020/04/19(日) 23:08:46.21

名古屋サポほどランゲラク手放しで褒めないと思う

 

57 :2020/04/19(日) 23:09:29.21

クリスティアーノはいないのか

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587288172/

記事のタイトルとURLをコピー