イングランドのレジェンドが新型コロナで死去。1966年W杯優勝メンバーの一人

 元イングランド代表DFのノーマン・ハンター氏が、現地時間17日に76歳で死去した。イングランドサッカー協会(FA)や英国メディアなどが伝えている。

 報道によれば、ハンター氏は今月10日に新型コロナウイルス感染のため入院。治療を受けていたが17日に死去したことが明らかになった。

 1943年生まれのハンター氏は1962年にデビューしたリーズ・ユナイテッドで14年間にわたって活躍し、クラブ初の国内リーグ優勝に貢献するなど黄金時代の主力として活躍。他にブリストル・シティやバーンズリーでもプレーした。イングランド代表でも28試合に出場し、1966年の自国開催のワールドカップでは出場はなかったものの優勝メンバーの一員となった。4年後の1970年ワールドカップにも出場している。

「非常に悲しい知らせだ。近年の彼はイングランド代表を応援するためいつもウェンブリーを訪れており、私も彼と知り合う幸運に恵まれた。彼の情熱と知識にはいつも感銘を受けていた」とFAのグレッグ・クラーク会長は追悼の言葉を述べている。

フットボールチャンネル 4/18(土) 14:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00371078-footballc-socc

【写真:Getty Images】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00371078-footballc-socc.view-000




 

4 :2020/04/18(土) 15:19:46

ボビー・チャールトンの頃の選手か
さすがに知らない(´・ω・`)

 

17 :2020/04/18(土) 15:44:40

ゴードンバンクスはもう亡くなってんだな昨年に

 

18 :2020/04/18(土) 15:48:49

イングランド代表の補欠がレジェンドか

 

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587190517/



 
記事のタイトルとURLをコピー