【J1第1節】王者横浜F・マリノス、G大阪に敗戦で開幕黒星スタート

王者・横浜FMが開幕節で敗れる!! MF遠藤が大記録達成のG大阪、猛烈プレスで2発白星

[2.23 J1第1節 横浜FM1-2G大阪 日産ス]

 J1リーグは23日、第1節3日目を各地で行い、ガンバ大阪が昨季Jリーグ王者の横浜F・マリノスを2-1で破った。40歳のMF遠藤保仁がJ1リーグ歴代最多タイ631試合出場を達成。クラブ在籍20年目を迎えたレジェンドの節目を開幕白星で彩った。

 ホームの横浜FMは日本代表DF畠中槙之輔が負傷欠場。19日のACLグループリーグ第1節・シドニーFC戦(○4-0)に続いてDF伊藤槙人が先発に入り、外国籍選手枠の関係でACL登録外のGK朴一圭も名を連ねた。一方、G大阪は16日のルヴァン杯・柏戦(●0-1)から2人を入れ替え、節目の試合を迎えた遠藤とDFオ・ジェソクが入った。

 試合は昨季J1リーグ王者の横浜FMに対し、4-1-4-1の布陣でハイプレッシングをかけたG大阪が主導権を握った。前半3分、まずはMF倉田秋のスルーパスに1トップのFW宇佐美貴史が抜け出し、朴を強襲する左足シュート。同4分にはセットプレー崩れから宇佐美がゴール前にクロスを送ると、DF三浦弦太が惜しいヘディングシュートを放った。

 するとG大阪は前半6分、早々にスコアを動かした。自陣でビルドアップを試みた横浜FMは、伊藤のバックパスを受けた朴のトラップが長くなり、これを宇佐美が奪取。すかさず横パスを送ると、これを倉田が落ち着いて流し込んだ。G大阪にとっては同カードの昨季開幕戦(●2-3)と同じく、前半早い時間帯の先制点となった。

 昨季はここから3点を奪われたG大阪だったが、今季はなおも攻勢の手を緩めない。前半23分、宇佐美のCKに合わせたDFキム・ヨングォンのヘッドがポストに直撃。33分には宇佐美の猛烈なプレッシャーが実り、またも朴がパスミスを犯すと、倉田が繋いだボールをMF井手口陽介がロングキックで狙い、朴はかろうじてコーナーキックに逃げるしかなかった。

 そして前半34分、このセットプレーからG大阪に2点目が入った。横浜FMがクリアしたボールがG大阪の中盤を経由してGK東口順昭まで戻ると、守護神はダイレクトのロングキックで前線へ。これにフリーで抜け出したのは倉田。左サイドをえぐって折り返し、最後はMF矢島慎也が落ち着いて流し込んだ。

 直後、副審がオフサイドのフラッグアップを行ったためゴールが取り消されるかと思われたが、ここで今季から導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。国際副審として豊富な経験を持つAVARの相樂亨氏らが再確認を行い、主審がモニター確認を行わない「VARオンリーレビュー」の末にゴールが認められた。

 王者・横浜FMは開幕節から重い2点のビハインドを背負ってハーフタイムへ。後半のスタートから猛烈なラッシュをかけたが、MF遠藤渓太の折り返しに合わせたFWオナイウ阿道の左足シュートは枠を外れ、早々に訪れたビッグチャンスを逃した。その後はG大阪も落ち着きを取り戻し、前半と同様の組織的な守備で横浜FMの攻撃をせき止め続けた。

 横浜FMは後半20分、ボランチのMF喜田拓也に代わってFWエリキを投入。システムを4-2-3-1から4-1-4-1に変更し、エリキは2列目インサイドハーフに入った。25分には対策を受けていたDFティーラトンに代わってDF高野遼を起用するなど、アンジェ・ポステコグルー監督は次々に攻勢の手を打った。

 すると後半27分、横浜FMは高野の斜めのスルーパスにオナイウが抜け出し、折り返しに反応したエリキのダイレクトパスからMFマルコス・ジュニオールがシュート。これは東口のビッグセーブに阻まれたが、直後の29分、ゴール前で縦パスを引き出したマルコスが振り向きざまのシュートを蹴り込み、ようやく1点を返した。

 G大阪は後半30分、矢島に代えてFWアデミウソンを投入するなど、前線をフレッシュな選手で固める。終盤は攻め込まれる展開が続いたが、アディショナルタイムの大ピンチはDF藤春廣輝が決死のブロック。最後は2-1で競り勝ち、昨季のJリーグ王者から金星を収めた。一方、横浜FMはAFCチャンピオンズリーグで開幕2連勝を果たしたが、リーグ戦では苦しい黒星スタートとなった。

ゲキサカ 2/23(日) 15:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-43478477-gekisaka-socc

G大阪が昨季開幕のリベンジ達成(C)J.LEAGUE
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010029-goal-socc.view-000

 

 

932 :2020/02/23(日) 15:55:28

走れてない。パスが遅い。
そりゃ勝てんわ。

 

938 :2020/02/23(日) 15:56:30

芝が深いようにも感じたけど、どうなんだろ?

 

940 :2020/02/23(日) 15:56:38

もったいねーな、完全に油断からの自滅

 

944 :2020/02/23(日) 15:57:01

思った以上にACLの負担があったかね

 

947 :2020/02/23(日) 15:57:20

アドはせめて後半頭のやつぐらい決めてくれりゃな

 

948 :2020/02/23(日) 15:57:23

こんなもんだ
高野は良かった

 

953 :2020/02/23(日) 15:57:41

オナイウ収まらないし一歩目が遅いわ

 

959 :2020/02/23(日) 15:57:49

マジでパクのパスミスに頭くるわ

 

968 :2020/02/23(日) 15:58:18

ゼロックスの反省が何も活かされていなかった
何なのあの前半は
パスもトラップもミスばっかりで全然集中できてなかった

 

978 :2020/02/23(日) 15:58:45

うまく守られたなあ
パギのミスで早々に失点したのが痛すぎたな

 

982 :2020/02/23(日) 15:59:12

ガンバの個の力に負けたな

 

994 :2020/02/23(日) 16:00:02

ガンバのプレスもよかったわ

 

996 :2020/02/23(日) 16:00:17

高野が普通にやられてたのは朗報
ティーラトンとのターンオーバーはなんなくできそう

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1582283061/

19 :2020/02/23(日) 16:02:33.77

ボスは悪いやつを代えるって普通の事がなんで出来ないんだ?

 

24 :2020/02/23(日) 16:02:59.96

オナイウがことごとく蓋になっててもう

 

26 :2020/02/23(日) 16:03:06.93

エジカル入れるの遅くね?
しかも交代相手はオナイウだと思うぞ

次はエリキCFで頭から行って欲しいな

 

54 :2020/02/23(日) 16:05:25.88

>>26
相手ドン引きだったから頭でワンチャンあるオナイウは変えれなかったんだろ
相手引きつけてたところはあったし理解はできるよ

 

27 :2020/02/23(日) 16:03:16.49

伊藤の異物感半端なかったな
ポステコ初めてすぐのボンバー栗原みたいな

 

31 :2020/02/23(日) 16:03:30.22

しかし負けはしたが最終版の攻撃の迫力に希望を感じる

 

48 :2020/02/23(日) 16:04:52.82

良いところ挙げるならマルコスのゴールは見事だったな

 

63 :2020/02/23(日) 16:06:06.14

後半ロスタイムのパクのチアゴへのパスミス腹立った

 

98 :2020/02/23(日) 16:09:49.96

仲川は使いたいスペースをいつもオナイウに邪魔されてる

 

102 :2020/02/23(日) 16:10:04.65

アウェイでガンバが守備から入ってミス待ち作戦は想定内だったはずなのに

 

110 :2020/02/23(日) 16:10:18.50

ガンバが集中してたのもあるけど今日は失点が2点とも残念すぎたからな

 

126 :2020/02/23(日) 16:12:14.85

藤春が良かったからなあ
テルももう一皮むけて欲しい

 

132 :2020/02/23(日) 16:12:59.41

恒さんにやられるの何回目だ

 

135 :2020/02/23(日) 16:13:12.40

藤春は徹底してたな
ちょっと危ないと思うとすぐタッチラインに逃げる
実はこれがうちにとって一番嫌なんだよな

 

145 :2020/02/23(日) 16:14:22.02

判断力良いのがパギの長所と思ってたけど
今日のパギは悪い時の飯倉だわ

 

165 :2020/02/23(日) 16:18:34.91

今日は全然オフサイドが仕掛けられなかった。

 

219 :2020/02/23(日) 16:27:05.51

喜田とブンを外した采配はさすがだったけどオナイウを残したのはダメよポステコ

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1582283266/

コメント

タイトルとURLをコピーしました