ミケル・エチャリ氏、ウクライナ戦に苦言「1対1の決闘にすべてを託すのは得策ではない」

1 :2018/04/05(木) 17:20:19.30

 日本は本田、原口の2人が高い戦術運用レベルを示している。本田は特に守備での貢献が大きかった。原口はボールを運ぶプレーでも違いを見せ、貴重なFKも奪っている。前半40分にはこれを槙野智章がヘディングで合わせ、追いついた。しかしチーム全体にタクティクスが浸透しておらず、攻撃は単発に終わっていた」

 戦術機能の低さを不安視するエチャリだが、肯定的な面も見ている。

「後半、立ち上がりの日本は見違えるようなプレーを見せている。局面でプレーが改善する点は、日本人選手のよさだろう。気力、気迫を感じさせる。

 ラインの距離感がコンパクトになって、ウクライナの選手を入らせなくなった。ラインが高くなったことで、プレスもはまるようになったし、いい狙いでボールを奪えた。カウンターに関しても、例えば小林悠が左サイドから持ち込もうとしたシーンは、ボールがタッチラインを越えたと判断されたが、際どかった。守から攻の部分の精度がまだ低く、改善の余地はあるが、後半途中までは守備の安定でプレーを旋回させていた。

 ただ、本田が交代で去ってから、特に右サイドのディフェンスが破綻する」

“慧眼(けいがん)”と言われる男は、核心に迫る。

「この日、酒井高はコノプリャンカの突破に手を焼いて、簡単に裏を取られすぎていたが、本田がいなくなって”炎上”する。75分、コノプリャンカがスピードを上げたドリブルをしたとき、酒井高は一発勝負を挑み、抜き去られてしまう。これを山口がカバーするが、彼もスライディングでかわされる。コノプリャンカに選択肢と時間的猶予を与えた後、クロスをマイナス気味に折り返され、後ろから入ってきた選手にミドルを叩き込まれた。

 その後も、日本は2回、ロジカルに右サイドを切り崩されている。川島のセービングや幸運によって、追加点を免れたにすぎない。この数分間で戦術の不具合が露呈し、大差がついてもおかしくはなかった。

 興味深いのは、マリ戦もそうだったが、日本はリードされた展開で終盤、一気にプレーレベルが上がることだ。入らなかったものの、小林悠の落としたボールにアプローチした中島翔哉の2本のシュートは強烈だった。マリ戦のようにはいかなかったが……」

 そしてエチャリはワールドカップに向け、最後にひとつの提言をしている。

「日本は、”一昨年のオーストラリア戦のような試合を90分間やり抜く”という決意を固めるべきだろう。

 日本人選手には速さと持久力があるが、パワーは足りず、1対1の決闘にすべてを託すのは得策ではない。そこで中盤には人を増やし、サイドに速さを持ち味にする選手を入れるのもひとつの手だろう。長谷部をアンカーに、山口、井手口陽介を並べ、両サイドに原口、本田、切り札に乾貴士という4-1-4-1もあり得るのではないか」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010002-sportiva-socc&p=2

 

9 :2018/04/05(木) 17:28:21.18

フィジカルコンタクトを避けるという話じゃないんだよな
中盤を厚くして一対一に持ち込まれるような守備をするなという事じゃないか

 

14 :2018/04/05(木) 17:35:42.73

ゴリが戻れば右サイドはもう少しマシになるだろ

 

32 :2018/04/05(木) 17:45:55.00

嗚呼 エトーを3人で囲んで囲み漁してた頃が懐かしい

 

33 :2018/04/05(木) 17:46:03.07

これは思うわ
日本人で個で勝とうという考えは捨てた方いい
日本人が優れているのはスタミナと組織力
2対1を常に作り出すサッカーじゃないと攻守機能しないだろうな

 

63 :2018/04/05(木) 18:04:08.77

やけに4141を推してくるなこの人

 

87 :2018/04/05(木) 18:16:24.13

1対1どころか3対1でも負けてるからお手上げだよ

 

106 :2018/04/05(木) 18:27:09.19

日本の場合1対1で張り合えるの大迫くらいで
3人で囲い込んでててもとれないんだぜ
マリ戦とか頭痛くなった
もう中央は蠅のように群がるだけの南アの岡田戦法しかないじゃん

 

142 :2018/04/05(木) 18:43:03.34

無理に食って掛かって1枚はがされて守備崩壊してるぞって話じゃないの?これ

 

161 :2018/04/05(木) 18:51:52.76

本田を持ち上げてるようでいて最後まで読むと真逆の結論っていうw

 

167 :2018/04/05(木) 18:55:02.73

>>161
推奨してるスタメンは原口本田の両翼だぞ
速さだけじゃなく、高い戦術運用レベルを重視した結果だ

 

171 :2018/04/05(木) 18:56:57.01

>>167
速さと持久力を持った本田なら絶対使いたいよなw

 

175 :2018/04/05(木) 18:57:57.50

>>171
持久力はあるけどな
守備とか色んな事を考えたら、本田スタメンは当然の結論

サッカー分かる奴ならみんなそう言ってるよ

 

179 :2018/04/05(木) 19:01:22.56

>>175
本田のダッシュ力でオーストラリア戦みたいな守備は無理でーーーーーす

 

182 :2018/04/05(木) 19:03:17.30

>>179
試合冒頭に高徳が突っ込み過ぎて空いた穴に全力で飛び込んで埋めた本田と
埋められなかった久保の違いを考えような

 

184 :2018/04/05(木) 19:04:19.38

そう言う組織作れないでしょハリルには

 

198 :2018/04/05(木) 19:15:38.34

2失点目の時に高徳が一発で交わされたのは
前が久保に替わってるのに本田の時と同じような高いポジショニング取ってたせいだと思うが
酒井だったら守備の時にあんな高い位置に居ないからな

 

203 :2018/04/05(木) 19:17:30.49

>>198
>>1
でも言われてるが、失点後も何度も右サイド割られてるんだよ
久保はまったく追いつけてなかった

 

206 :2018/04/05(木) 19:19:15.85

>>203
いや、だから酒井だったらやられてねぇし

 

207 :2018/04/05(木) 19:20:05.90

山口のカバーリングが全く間に合わないような高い位置を高徳が取ってるからやられるんだよ

 

210 :2018/04/05(木) 19:21:19.47

まあそれやるなら攻撃時にこそ組織守備を考えた動きをやり切れないといかんけどね
まだ少しでもデュエルの意識を植え付けるほうが合理性があるんじゃねえのと思うわ

 

211 :2018/04/05(木) 19:21:25.19

>>206
本田はその酒井の穴を埋めようと努力して、久保は努力しなかったって話だな
それがサッカーIQだ

 

217 :2018/04/05(木) 19:23:40.69

>>211
サッカーIQが足りてないのは
前が本田じゃなくなったのに
本田が居る時と同じように「オーバーラップの準備」を意識した高いポジションに居続けた高徳な
酒井は前が久保だったらもう少し低い位置でボール奪ったら
前の久保を縦に走らせるようなパスを出すんだよ

 

223 :2018/04/05(木) 19:28:45.76

元々高い位置にいたんじゃなくてフリーになってたコノプリャンカに出されるの見て
最終ラインから出て行って距離詰めて取りに行った感じだね
寄って行くこと自体は間違ってないがそのまま取りに行って
簡単にかわされたのが問題だな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522916419/