日本サッカー協会、欧州駐在員を派遣へ 約50人に増えた海外組をサポート

日本代表

日本サッカー協会、欧州に駐在員 海外組50選手をサポート

 日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開き、約50人に増えた海外組のサポートのため、欧州駐在員を派遣することを決めた。選手の状態把握、代表招集に伴う移動などの調整に従事する。4月以降に事務所を開設する予定で、ドイツのデュッセルドルフなど日本人街のある都市が候補に挙がっている。

 5月開幕の第100回天皇杯全日本選手権で準決勝からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を採用することも決めた。前回大会は決勝だけだった。

共同通信 2/13(木) 18:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000144-kyodonews-socc

 

8 :2020/02/13(木) 19:39:04.61

今までいなかったのかよ…

 

24 :2020/02/13(Thu) 20:40:07

この50人って過去に年代別の常連だったり代表に絡みそうなやつだけの人数だからな
欧州辺境や2部のひっそり組入れたらもっともっといる

 

26 :2020/02/13(Thu) 20:43:43

どーせ集金試合を国内で開催するから選手の移動負担軽減にもならねーしどーでもいいな

 

29 :2020/02/14(金) 00:36:16

藤田がもうやってなかったっけ

 

30 :2020/02/14(金) 01:54:26

つか50人も居るのか。時代だねぇ昔はオランダ二部に居ただけでトップスター扱いだったのに

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581589713/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました