なぜ鹿島アントラーズはACL本大会出場権を逃したのか…背景に異常な過密日程

鹿島アントラーズ

なぜ鹿島アントラーズはACL本大会出場権を逃したのか……背景に異常な過密日程

 ブーイングを覚悟しながら、鹿島アントラーズの選手たちは試合後の挨拶へ向かった。4つのタイトルすべてを獲得する目標を掲げて船出した2020シーズン。最初の公式戦でまさかの黒星を喫し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)本大会への出場権を逃した直後の光景だった。
 冷たい雨が間断なく降り続く県立カシマサッカースタジアムへ駆けつけた、サポーターから降り注いできたのはブーイングではなく拍手だった。今シーズンから新たにキャプテンを拝命した、日本代表経験もある23歳のボランチ三竿健斗は、拍手に対して深々と頭を下げた。

「ブーイングされて当然の試合内容だったのに、そのように(サポーターへ)気を使わせてしまったことが本当に申し訳なくて」

 一発勝負の形で28日に行われたACLプレーオフ。勝者が北京国安(中国)、FCソウル(韓国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)が待つグループEに入る一戦で、アントラーズは昨年5月まで本田圭佑が在籍したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で苦杯をなめさせられた。

 放ったシュートは相手の約3倍となる17本。先発陣のなかで最古参となる27歳のMF土居聖真、新加入のMF和泉竜司(前名古屋グランパス)の一撃は相手キーパーに防がれ、逆に昨シーズンまで浦和レッズでプレーしたFWアンドリュー・ナバウトが後半9分に放ったそれは、ブロックに飛び込んだ新加入のDF奈良竜樹(前川崎フロンターレ)の足に当たってゴールネットを揺らした。

「典型的なサッカーの負け方というか、自分たちでまいた種ですね。あれだけボールを支配して、決定機を作っても決められないのは」

 フル出場して攻撃陣をけん引した土居が悔しさを露にする。今シーズンから指揮を執る、ブラジル人のザーゴ監督が先発として送り出した11人のなかには、オフに加入した新戦力が6人も名前を連ねていた。準備期間が短かったのではないか、と問われた三竿はおもむろに首を横に振っている。

「それでも勝たなければいけないし、(準備期間の短さを)言い訳にするつもりもない」

 もっとも、1996年から強化の最高責任者を務める、鈴木満取締役フットボールダイレクターの目には「昨シーズンの後半戦よりはよかった」と映っていた。4冠独占の可能性を残しながら勝負の秋になって大きく失速し、最終的には無冠に終わったのが昨シーズンだった。

「ただ、メンタルもフィジカルも(選手間で)バラつきがある点が、チーム全体の集中力というところにつながっていかない」

 無冠に終わった昨シーズンからの捲土重来を期して、このオフには血の入れ替えを断行した。12人もの選手を放出。新たに獲得した11人のなかでもメルボルン戦で先発した和泉や奈良、DF広瀬陸斗(前横浜F・マリノス)、MF永戸勝也(前ベガルタ仙台)は始動までに1カ月近いオフを取っていた。

 対照的に元日の天皇杯全日本選手権決勝までフル稼働した、三竿や土居をはじめとする主力組が宮崎キャンプに合流したのは今月16日。鈴木ダイレクターが言及したように、既存の選手と新戦力との間で心身のコンディションにバラつきが生じている状況は否定できない。

 原因をさかのぼっていくと、どうしても元日に行き着く。昨シーズンの明治安田生命J1リーグで3位に入り、今シーズンのACLへプレーオフから参戦する権利を獲得していたアントラーズだったが、ヴィッセル神戸との天皇杯決勝を制していれば状況はまったく変わっていた。

 天皇杯覇者にはACL本大会へストレートで出場できる。つまり、極めて稀有なケースとなるが、アントラーズは天皇杯決勝で勝てば比較的ゆっくりとした始動が可能となり、負ければ28日に組まれていたプレーオフへ向けて慌ただしい始動を強いられる状況下に置かれていた。

 実際に0-2でヴィッセルに屈してから中6日で、新加入選手および昨シーズンのプレー時間が短かった選手、あるいはけが明けの選手だけで始動。主力組には選手統一契約書で最低限の期間として定められている、2週間のオフをあえて取らせてから宮崎合宿の終盤に合流させている。

「一番恐れているのが、ずっと主力で出場してきた選手たちの気持ちが燃え尽き症候群というか、なかなか高ぶってこないような状態に少しなってきていること。何年もこういう状況になっているとどこかにしわ寄せがくるし、昨シーズンもけが人が続出した時期があったので」

 主力組や新たに加入したMFファン・アラーノ、FWエヴェラウドを含めた外国籍選手を遅れて始動させた意図を、鈴木ダイレクターはこう説明する。
 新監督として外国人指揮官を招聘したこともあり、ただでさえチーム作りに時間がかかる。ならば、思い切って主力組を休ませる千載一遇の機会にあてたうえで、やり繰りしながら序盤戦を乗り越え、秋口から勝負をかける青写真へと描き直した。

 しかし、メルボルンが勝ち上がってくれば厳しくなる、と覚悟していたシーズン初の公式戦でつまずいてしまった。ACLの舞台に立てなくなったアントラーズは、自動的にYBCルヴァンカップのグループリーグに組み込まれ、リーグ戦開幕前の来月16日に名古屋グランパスとの初戦を迎える。

「どこかで休ませなきゃいけないので、よかったと思うしかないかな。もちろん、よくはないけど」

 ACL本大会に出場した場合に比べて、ほんの少しだけながらも緩和される今後の日程を見すえ、思わず苦笑いを浮かべた鈴木ダイレクターはこんな言葉を紡ぐことも忘れなかった。
「これを踏まえて、いろいろなことを考えていかなきゃいけない。クラブだけで考えてもどうしようもないところもあるし、サッカー界として考えていかなきゃいけないところもある。やっぱりちゃんと休養を取って、リフレッシュした状態で再びサッカーをして、クオリティーを高めていく、というしっかりとしたサイクルにしていかないといけない」

 具体的に言及こそしなかったが、鈴木ダイレクターが訴えたかったのは天皇杯決勝のスケジュールとなる。初詣で明治神宮を訪れる参拝客の1%でもいいから、スタンドへ呼べないだろうか――人気低迷にあえぐ日本サッカー界を盛り上げる起爆剤として、伝統ある天皇杯決勝を旧国立競技場で、しかも元日に初めて開催したのは1968年度の第48回大会だった。

 集客面だけでなく興行面でも狙いは的中し、天皇杯決勝は元日の風物詩として定着した。しかし、半世紀以上の時間が経過したなかでJリーグが産声をあげ、当時にはなかったACLやFIFAクラブワールドカップなどの国際大会も創設された。もはや時代にそぐわなくなったと言っていい。

 今回のアントラーズのように必死になって決勝戦へ進んでも、敗れた場合に「罰ゲーム」のような強行日程を強いられるのは明らかに本末転倒となる。アントラーズに限らず、元日に決勝が開催される限りはオフの期間で必ずJクラブ間で多寡が生じ、不公平感の源になっていく。

 来年度もすでに決勝戦の元日開催が決まっているが、日程を変更するうえでネックになってきたクラブワールドカップが2021年からは夏場に、しかも4年に一度の開催となることが決まっている。リーグ戦の最終節前後へ天皇杯決勝を前倒しして、すべてのJリーガーがほぼ同時にオフに入れるスケジュールを再考できるまたとないチャンスが訪れるわけだ。

「これがいまの僕たちの実力だし、目を背けてはいけない。何を言われても逃げることなくすべて受け止めて、シーズンの最後にここから大きく成長した姿をサポーターのみなさんに示したい」

 仲間たちの思いを代弁するように、タイトル独占の夢を絶たれた三竿が努めて前を向いた。実際にプレーする選手たちの悲壮な覚悟に応えるためにも、天皇杯を主催する日本サッカー協会とJリーグは、いまこそプレイヤーズファーストの視点に立って改革のメスを入れなければいけない。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 1/29(水) 6:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010001-wordleafs-socc

 

4 :2020/01/29(水) 07:30:36

過密日程ってより新しくチーム作り直してるからだろ

 

9 :2020/01/29(水) 07:34:27

何もかも日程が悪い
鹿島は被害者
いつもいつも不利益を受ける

 

10 :2020/01/29(水) 07:35:07

いきなり過密日程になったのかよ!
日程なんて最初からわかってることだろが!!

 

14 :2020/01/29(水) 07:36:43.04

まぁ全く別のチーム作ろうとしてるからしょうがないよな
それで降格するチームもあるんだし短期間じゃ無理だろ

 

16 :2020/01/29(水) 07:37:01.18

今年は鹿島が決勝に残りそうになった段階で日程無茶苦茶に組まれたんだろ?
鹿島サポによるとサッカー協会は常にそういう鹿島いじめをするらしいな
本当だったら酷い話だ

 

18 :2020/01/29(水) 07:37:32.89

>>16
本当じゃないからひどい話では無いな

 

23 :2020/01/29(水) 07:41:43

天皇杯決勝も全く良いとこなかったもんな
内田入れて遊んでる場合じゃないだろう

 

34 :2020/01/29(水) 07:48:56

>>1
鹿島にとって不利な条件が色々と重なった不運はかわいそうだとは思う。
けれど今のチームが弱いという現実から話をそむけるのは違うと思う。

 

50 :2020/01/29(水) 08:09:23.12

国立改修中は元日以外の日に決勝開催もあったので、日をずらしても問題ない。

 

54 :2020/01/29(水) 08:19:51

アジアは一回勝ってるからもういいだろう

 

58 :2020/01/29(水) 08:35:35

絶対的なフォワード不足

 

78 :2020/01/29(水) 09:27:04

>>1
かといって、露骨な手抜きされてもなぁ。

 

95 :2020/01/29(水) 10:01:05.77

完全に落ち目。

 

98 :2020/01/29(水) 10:10:31.85

というかメルボルンナメ過ぎでしょ
勝って当たり前のチームではないはず

 

109 :2020/01/29(水) 10:44:58.38

>>98
レベル低いAリーグで11チーム中8位で残留争いして中3日でクソ寒い日本に来たコンディション悪いメルボルンVが何だって?

 

112 :2020/01/29(水) 10:51:27

鹿島も情けない負け方するようになったな

 

120 :2020/01/29(水) 10:58:56

元日の試合から28日まで試合無いなら休息十分じゃん???
何処が過密日程なの?

 

124 :2020/01/29(水) 11:15:41

>>120
シーズン前に練習しないといけない
普通はキャンプで1シーズンもつ体力つけないといけないから一番ハードな練習をする
だから休息できてない

 

141 :2020/01/29(水) 11:50:12.71

>>120
新監督新選手も来て14日から
キャンプをやってる

 

125 :2020/01/29(水) 11:23:11

メルボルンはこの日程でやってるのに鹿島ときたら
1/17リーグ戦
(中3日)
1/21ACLプレーオフ2回戦
(中2日)
1/24リーグ戦
(中3日+日本への移動)
1/28ACLプレーオフ代表決定戦

 

126 :2020/01/29(水) 11:25:48

片や1月2日から1月27日までの26日間のオフ
片や12月6日から2月15日までの71日間のオフ

このオフ格差は改善しないと駄目だろ?村井チェアマン
日本サッカーを牽引しない雪国クラブばっかり依怙贔屓しては駄目だろ?

 

127 :2020/01/29(水) 11:26:44

ここ数年鹿島と浦和でACL出場枠ストレートイン3+プレーオフ1をやっと取り戻せるところまでポイント稼いでくれた
今シーズンは他のクラブが鹿島浦和と同じくらい稼げばいい

 

129 :2020/01/29(水) 11:30:11

鹿さぽだが…

弱くてスマンね…
敗退の悔しさと過密日程が緩和されるホッした気持ちと
なんか整理のつかないモヤモヤ中

 

133 :2020/01/29(水) 11:35:11

天皇杯も酷かったから日程だけじゃないと思うよ

 

144 :2020/01/29(水) 11:56:42.77

過密日程じゃないんだよな
ダラーッと横に伸びた日程のせいで
纏まった休暇が取れてないってだけで

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580250345/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. ななし より:

    日程は分かっていたこと。
    それを見越しての補強なりじゃないの?
    つまんねー記事。

  2. 匿名 より:

    勝てば常勝、負ければ被害者よ。
    ほんと、性根腐ってんな。

タイトルとURLをコピーしました