久保建英は大久保嘉人級の英雄となるか マジョルカが1部残留へ正念場

マジョルカ

久保建英は大久保嘉人級の英雄となるか。 マジョルカが1部残留へ正念場

 2019-20シーズン、久保建英を擁するマジョルカは、リーガ・エスパニョーラの前半戦最後となるグラナダ戦(1月5日)で1-0と敗れている。

「今シーズンの我々の運命は、”苦しみ”である」

 2020年最初の試合で負けた後、マジョルカの指揮官ビセンテ・モレーノは言葉を絞り出した。

「我々は自分たちがどこにいて、どこから来て、何者なのかをわかっているつもりだ。非常に厳しいカテゴリーを戦っている。我々のメンバーは、(2年前まで)12人が2部B(実質3部)でプレーし、他の選手も多くが2部やそれに等しいチームから来た。現実はそこにあって、甘くはない。しかし最後に”褒美”をもらえるように、全力を尽くすつもりだ」

 マジョルカは、18位で後半戦へ折り返すことになった。リーガは18位以下の3チームが2部に降格する。どうにかこらえてきたが、とうとう危険水域に入ってしまった。

 地中海に浮かぶ島を本拠にするマジョルカは、1部に残留できるのか――。

 2018-19シーズン、マジョルカは2部で5位となって、プレーオフを勝ち進んで昇格している。理論上は「1部最弱チーム」ということになる。2年前まで2部Bにいた事実を考えれば、1部にいること自体が奇跡と言える。

 その意味で前半戦は”敢闘賞”に値した。

 マジョルカは4-1-4-1のシステムで、分厚い守備陣形を作りながら、攻め手も講じて敵に対抗している。ガーナ代表MFイドリス・ババとクロアチア人FWアンテ・ブディミルのふたりが戦術軸だ。ババはアンカーとして守備で強固なフィルターとなり、ブディミルは1トップとしてポストワークとクロスに対する強さを発揮し、戦いのバランスをとっている。

 これにアクセントをつけていたのが、久保だった。右サイドで起点になり、卓越した技術とスピードで敵を脅かした。そのキックやビジョンは、チーム内では突出している。試合を重ねるなかで、中央に入って間でボールを受け、巧みにプレーメイクをしながら、決定的な仕事ができるようにもなった。空回りすることはあるにせよ、ドリブルは凄みがあり、慌てた相手のファウルを誘い、PKも奪っている。

 しかしながら、チームとしての非力さは否めない。象徴的だったのが、年明け一発目のグラナダ戦だろう。

 ババ、ブディミルが出場停止だったことで、モレーノ監督は苦肉の策として3-4-2-1を選択した。中を分厚くし、敵地で勝ち点1を拾う戦い方だった。しかし攻撃の形を作れないどころか、ずるずるとラインを下げ、後ろに人が集まった5-4-1の状態に陥った。

 前半23分だった。プレスがかからず、ボールを持ち運ばれると、スライドが遅れる。脇にできたスペースを使われ、折り返しを叩き込まれた。

 先制された後、相手が下がったことでボールを持てる時間は増えたが、緩慢なパス回しで反撃に転じられない。後半途中に4-1-4-1に戻し、終盤は2トップに変更。すると孤立していた久保が息を吹き返し、ようやく形を作れるようになったが、スコアをひっくり返すことはできなかった。

 勝利を収めたグラナダは10位に浮上。彼らも昨シーズンまで2部だったことを考えれば、上々の2020年スタートだろう。”勝ち癖がついた”昇格組の勢いをここまで保っている。

 マジョルカはここまで善戦してきたが、リーグ戦直近の6試合は1分け5敗と完全に失速。序盤に昇格チームの勢いで挙げた勝ち星の貯金は、すでに使い果たした。ここからが正念場だ。

「我々はまだまだよくなる余地がある」

 モレーノ監督は強気に言うが、手札は限られている。ノッティンガム・フォレスト(イングランド2部)のスペイン人FWラファ・ミルに食指を動かしているというが、”強力な援軍”は期待できない。後半戦は消耗戦となり、地力の差が出るだろう。

 たとえば現在、最下位の20位に沈むエスパニョールは、ヨーロッパリーグで決勝ラウンドに進んでいるように、実力的には中位の戦力を有する。さらに、昨年12月に招聘されたアベラルド・フェルナンデス監督の就任で、浮上が見込まれる。年明け初戦のバルセロナ戦も引き分けているのだ。

 マジョルカが生き残る道はこれまでどおり、ホームで勝ち試合を増やすことか(ここまでホームは4勝2分け4敗、アウェーは0勝1分け8敗)。

 本来ならアウェーでも勝ち点を拾いたいところが、敵地ではあからさまに実力差が出る。ホームの声援を頼りに勝利を狙い、勝ち点3を積み上げていくしかない。

 そこで救世主として期待されるのは、やはり久保だろう。何かを起こす予感が、彼にはある。厳しい局面で力を発揮できるパーソナリティーは頼みになるはずだ。

 2004-05シーズン、「残留の可能性は5%以下」と言われるなかでマジョルカは降格を回避した。その立役者は大久保嘉人だった。最終節の熱狂は語り草になっている。

 久保は日本人選手として、再び島の英雄になれるのか。

 次節のリーグ戦は、スペイン国王杯2回戦を挟んで1月19日。マジョルカは本拠地ソン・モイスで6位バレンシアと激突する。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

webスポルティーバ 1/8(水) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00882990-sportiva-socc&p=1

新年初戦となるグラナダ戦にフル出場した久保建英(マジョルカ)photo by MB Media/AFLO
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00882990-sportiva-socc.view-000

 

2 :2020/01/08(水) 08:16:55.72

周りとの信頼関係が出来てなさそう

 

5 :2020/01/08(水) 08:18:20

なりません
チームのコンセプトと全然合っていませんから

他のクラブに行けたら移籍した方がいい

 

7 :2020/01/08(水) 08:18:55.37

セビージャを外せば劇的に改善するのわかってるじゃん

それができないチーム内事情になっている時点でもうあかんやろ

 

66 :2020/01/08(水) 09:30:19.64

>>7
劇的な改善が見込めるほどの控えはいないんだけど

 

15 :2020/01/08(水) 08:24:41.70

マジョルカ成績4勝12敗3分 勝率.250
久保先発1勝8敗1分 勝率.111
それ以外3勝4敗2分 勝率.428

 

19 :2020/01/08(水) 08:26:21.36

まずカウンターの練習しろ
あれでは点獲れる訳ない

 

22 :2020/01/08(水) 08:30:36.80

前の試合ハイライトみたけど左サイドの守備がひどかった

 

25 :2020/01/08(水) 08:35:04

確かに大久保はマジョルカ移籍した一年目にリーグ終盤の試合で何点もとってギリ残留に持ち込ませた記憶あるわ
でも翌年は監督変わって上手くいかなくなったんだよな

 

38 :2020/01/08(水) 08:50:57.79

白髪セビージャはこのチームで外せない何かがあるの?

 

40 :2020/01/08(水) 08:51:38

さっさとソシエダに行った方がいい

 

65 :2020/01/08(水) 09:29:25.92

大久保これは確かに英雄すきる。これ、サポは永遠に覚えてるやつだな

> 残留争いが佳境となった終盤戦には控えとなったガルシアに代わって先発出場し
> 第36節アスレティック・ビルバオ戦及び第37節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦
> それぞれ1得点ずつ挙げた他、2アシストとPK獲得の活躍で
> マヨルカの奇跡的とも言える1部残留に貢献した[
> シーズン終了後、UEFA選出スペインリーグ・若手ベストイレブンを受賞[43]。

これに並ぶのは厳しい。しかも大久保の場合は大爆発したスペインでのデビュー戦で
怪我して戦線離れてたし

でも大久保の場合は選手として成熟する年頃の22歳で
久保くんさん18歳だから同等では比較にはならないけど

 

92 :2020/01/08(水) 10:04:01.69

監督がセビージャと心中するつもりみたいだから降格は不可避

 

105 :2020/01/08(水) 10:29:14.47

セビージャ外せばスピーディで攻撃なチームになる
セビージャ外して久保トップ下が最強

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578438936/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました