ガンバ大阪 怒鳴る宮本監督に、冷めたチーム状況 低迷の19年を担当記者が見た

ガンバ大阪

【G大阪】怒鳴る宮本監督に、冷めたチーム状況…低迷の19年を担当記者が見た

 今シーズンもJ1残留争いに巻き込まれ、タイトルと縁のないまま2019年を終えたG大阪。昨季途中に就任した宮本恒靖監督(42)にとっては、キャンプから指揮を執る初めてのシーズンとなったが、天皇杯では3回戦で大学生に敗れ、ルヴァン杯もベスト4敗退。タイトルを夢を見ることすらできなかった、苦しい1年となった。その理由を、G大阪担当の金川誉記者が「見た」。

 2019年の最後に、改めてG大阪の今シーズンを振り返ってみた。リーグ戦は最終的に終盤の3連勝などで7位まで浮上したが、大半をJ1残留争いで過ごした苦難の連続。2年連続で残留争いに巻き込まれた理由は、決して一つではない。

 まずはシーズン序盤のつまずきが痛かった。昨季終盤に9連勝したことで、宮本監督は今季はその布陣をベースに、新戦力の韓国代表DFキム・ヨングォンをセンターバックに加えた4―4―2でスタートした。個々の技術の高さとハードワークをベースに、韓国代表FWファン・ウィジョとFWアデミウソンという強力な個を持った2トップを生かすスタイルの継続を狙った。だがいくつかの誤算があり、チームは機能しなかった。昨季のキーマンだった元日本代表MF今野が、コンディション不良のために調子が上がらず。さらに1月のアジア杯に出場してチーム合流が遅れたDF三浦、キム・ヨングォンのセンターバック・コンビが、フィットするのにも時間を要した。

 第5節の神戸戦から7試合勝利なし(2分け5敗)と、チームはどん底に沈んだ。しかし第12節、C大阪との“大阪ダービー”で3バックに変更して勝利をつかむと、チームは復調の兆しをみせた。格上相手には5バックで割り切った守備もみせ、引き分けでも勝ち点を拾えるようにはなった。しかしそんな時期、迎えた夏の移籍マーケットでエースのファン・ウィジョや伸び盛りの食野や中村ら、選手が大量流出。せっかく連動し始めたものもゼロに戻ると、得点源としてドイツから復帰したFW宇佐美の調子も上がらずにチームは低空飛行に。終盤になって宇佐美が調子を上げ、レギュラー陣もやっと固定されたことでユニットごとのコンビネーションも熟成。終盤の5試合は4勝1敗と浮上した、というのがシンプルに振り返る今シーズンだ。

 しかし中身は複雑極まりない。まずはピッチ上の問題点。開幕直後、宮本監督がキャンプからチームの武器として植え付けようと取り組んできた2トップのスピードを生かす速い攻めの志向は、なかなか浸透しなかった。指揮官は「キャンプから速い攻めを少し意識してきた中で、そこで(開幕戦の)マリノスの試合も(第3節)名古屋の試合も、ヤット(遠藤)ら中盤の良さがでなかった」と語っていた。長年チームのアイデンティティーを担う遠藤は、縦に攻め急ぐスタイルの中で持ち味が発揮されず、先発から外れる試合も増えた。しかしシーズン終盤には宇佐美の調子が戻り最前線でためができるようになると、先発を奪い返した遠藤を中心とした中盤との連動が増加。サイド、中央と使い分けるスムーズな攻撃が発揮できるようになった。来季は終盤の好調を持ち越せなかった今季の反省を生かし、指揮官がキャンプからどんなコンセプトを打ち立て、どんな準備を進めていくかは大きな課題のひとつだ。

 そしてもう一つは、ピッチ外の問題だ。シーズン終了後、関西ローカルでG大阪を特集する番組「ガンバTV」でロッカールームの映像が公開されたが、驚いたサポーターも多かったはず。宮本監督が選手たちに声を荒げるシーンが何度も映し出されていた。ロッカーに立ち入ることができない私もその映像を見て驚いたのだが、改めて引っ掛かったのは当時のチームの空気だ。あれだけ監督が怒鳴っていたのに、当時のチームにはどこか冷めたような空気が流れていると感じていた。

 決して選手たちは危機感を持っていないわけではなかった。9節の仙台戦。相手シュートをDF三浦が頭でブロックしようとしたが、そのままコースが変わってゴールイン。ハーフタイムにはGK東口が激怒し、三浦も応戦する、という場面があった。あの映像だけをみれば、東口がただ味方のミスをとがめたようにも映ったが、彼は対話の少ないチームを常に懸念していた一人だ。何とかチームを変えたいともどかしい思いを抱えていた守護神が、あえてチームの空気を変えるために悪役となったようにも見えた。他にもMF倉田ら、問題点を肌で感じ、何とかしなければと、もがいていた選手はいた。

 熱量の少なさ。これはG大阪が近年抱える大きな問題だ。宮本監督はそんなチームを変えようとアプローチしていたはずだが、その言葉は十分には届いていなかった。外部からすべてをはかり知ることはできないが、選手と年齢の近い若手監督としての特性を生かして対話を増やせば、もっと伝わる言葉はあったのではないかと感じる。一方で選手たちも問題点を感じながらも、自らチームを変えようと積極的に動いた選手が決して多くはなかった。

 監督や選手だけではなく、クラブのマネジメントもチームを冷めさせた要因のひとつだ。夏には元日本代表MF今野ら14年の3冠に貢献した功労者が、急激な世代交代の波に追われるようにチームを去った。選手たちは「あれだけチームに貢献した選手が、こんな形でチームを出ていかないといけないのか…」と感じ、自身のすべてをこのチームのために燃やし尽くす、という空気がそがれたように映った。人と人の結びつきの強さという、チームが一つになるために最も必要な部分が、どこかおろそかになっているように感じた。

 低迷の責任は、G大阪に関わる全てにある。オフの補強状況を見ても、タイトルからもACLからも遠ざかる近年は、かつてのように欲しい選手を次々と補強できるような時代ではなくなった。かつてG大阪でキャプテンを務め、今シーズン限りでJ3長野で現役を引退した元日本代表MF明神は「G大阪はタイトルを取れなかったすべてのシーズンが失敗。そういうクラブなんです」と語っていたが、今やそんな火は消えつつある。もう一度、G大阪が西の名門として復活するため、クラブも監督も選手たちも、プライドをかなぐり捨てたチャレンジが必要な時期を迎えている。

スポーツ報知 2019/12/31(火) 14:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-12310046-sph-socc

11月、ピッチサイドで選手の動きを見守るG大阪・宮本恒靖監督(左は遠藤保仁)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-12310046-sph-socc.view-000

 

6 :2020/01/01(水) 07:14:50

それに比べてマリノスのベンチ裏の一体感は凄いなコミュニケーションとれてて
そりゃ優勝するわな

 

24 :2020/01/01(水) 07:53:58

>>6
そのマリノスも去年は空中分解寸前だったという
結局のところプロチームは勝たなきゃダメ

 

8 :2020/01/01(水) 07:17:33.02

それでも神戸より順位は上なんだよな。

 

12 :2020/01/01(水) 07:22:38

今のチームスポーツは闘う集団を目指すよりも
仲の良い居心地の良い集団を作ったほうがいいのかもな
まあ、一度ほころびがでたら、もろいんだろうけど

 

14 :2020/01/01(水) 07:23:40

浦和とここはフロントがね…
宮本も監督向いてないけど

 

18 :2020/01/01(水) 07:46:53.99

夏あたりなんて前J2の小野瀬だけが頼りっていう恥ずかしい試合ばっかだった

 

19 :2020/01/01(水) 07:48:14.52

関西は神戸に任せておけばいいよ。

 

35 :2020/01/01(水) 08:20:40

>>19
神戸は今年も関西最下位やんけw
しかも未だ無冠

 

76 :2020/01/01(水) 21:22:28

>>35
やっとタイトルとれましたね

 

78 :2020/01/01(水) 22:16:55.07

>>35
応援ありがとう
やっとタイトル獲れました

 

85 :2020/01/02(木) 04:14:31.77

>>78
これで関西クラブみんなタイトル持ちやな
待ってたで牛さんおめでとう

 

20 :2020/01/01(水) 07:48:26.86

何だこの記事
全編思い込みじゃねえか

 

25 :2020/01/01(水) 07:54:12

もう誰が監督したら、チームがまとまるか判ってるじゃん
元日本の心臓と呼ばれた男、遠藤

 

27 :2020/01/01(水) 08:05:40.31

相馬にしても宮本にしても、現役時代頭脳派と言われた選手は監督になったらダメだな。

 

28 :2020/01/01(水) 08:09:45

>>27
自分が当たり前のようにできたことができないから、腹が立つんだろうけどね。
そこは「コイツらは才能がないんだ…」と思って我慢するしかないのに。

 

30 :2020/01/01(水) 08:12:20.59

>>27
意外とそうなんよね
長谷川健太とか現役時代に脳筋みたいなのがかえって結果出せてたりする

 

39 :2020/01/01(水) 08:27:24.32

記事の後半はただの個人の感想。妄想。

 

41 :2020/01/01(水) 08:39:11.28

>>39
今野の話とか妄想の極みだよな

 

44 :2020/01/01(水) 08:59:50

遠藤とたいして歳違わないのな
やりにくいんじゃね

 

45 :2020/01/01(水) 09:20:08

新スタ建ててからいいことないな

 

47 :2020/01/01(水) 10:09:40

ガンバはやっぱり
バカサッカーやってた頃が一番輝いてた

 

48 :2020/01/01(水) 10:13:09.87

どこもフロントは糞って話を聞くよな
良いフロントってどこにあるんだ?札幌くらい?

 

50 :2020/01/01(水) 10:17:32.13

宇佐美、終盤だけで7得点
フルで出たら得点王狙えるな

 

52 :2020/01/01(水) 10:19:34.52

>>50
後半戦のあのクオリティを年間保てるなら狙えるだろね

 

53 :2020/01/01(水) 10:19:52.36

呉屋と一美を戻さなかったのは本当にクソだと思う

小野瀬残留は正解

 

55 :2020/01/01(水) 10:43:54.75

>>53
一美なんて今戻した所で使われないんだからレンタルで修行に出して正解だろ。完全移籍ならアホの極みだが

 

57 :2020/01/01(水) 11:30:50

結果出した健太をブーイングで送り出したクズサポーターのチームだからJ1残れただけありがたいと思え

 

75 :2020/01/01(水) 19:29:34.67

>>57
ドン引きサンドバッグしか出来ないんだからしょうがない

 

59 :2020/01/01(水) 12:03:37.83

>元日本代表MF明神は「G大阪はタイトルを取れなかったすべてのシーズンが失敗。そういうクラブなんです」

わろw
マジで見る影ないね

 

62 :2020/01/01(水) 12:08:03.11

宇佐美のリハビリ済んだからもう大丈夫だぞ

 

64 :2020/01/01(水) 12:17:29

フロントがフットボールを嘗めてる
2012から何も学んでない

 

65 :2020/01/01(水) 12:47:39.96

終わってみれば7位なのに文句言われるほど?

 

68 :2020/01/01(水) 14:28:21

ホーム大分戦でドン引きしたのはびっくりしたね
その選択は正解だけど正解じゃないというか

そろそろ上位でタイトルに絡んでくるガンバが見たいでしょう

 

69 :2020/01/01(水) 14:34:54.58

理論派でもモチベーターでも無さそうなんだよなぁ
2年近くやってるけど、まだ持ち味が分からない

 

81 :2020/01/01(水) 22:31:28.70

J初期みたいなポジションに戻ったってことで

 

82 :2020/01/02(木) 03:16:41.58

ビジュアル的にはカッコええよなあ宮本監督

 

83 :2020/01/02(木) 04:11:51.64

宮本監督はスタートはそこそこ練られてるけどハーフタイムでの修正がさっぱり
だから前半のうちに2、3点取らないとヤバい

札束土下座で片野坂さん呼び戻せ

 

89 :2020/01/02(木) 04:52:22.90

辛抱強く使い続けてやっと計算できそうな頃合いに若手が
次々に流出するループなんだから宮本じゃなくても無理だろう

 

94 :2020/01/02(Thu) 06:12:29

下見ても駄目だけど浦和よりマシやろ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577829798/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました