香川真司が語る、南野拓実リヴァプール移籍「同じセレッソ育ちとして、本当に感慨深い」「マンチェスター・Uでの経験は財産」

未分類

[独占]香川真司が語る、南野拓実リヴァプール移籍「本当に感慨深い」「マンUでの経験は財産」

現地時間12月19日、ついに日本代表MF南野拓実がプレミアリーグの名門リヴァプールに移籍すると正式に発表された。

奇しくも、この移籍報道が出た12月12日、『REAL SPORTS』では香川真司にインタビューを実施していた。香川のインタビュー記事は後日あらためて掲載するが、今回はその中から、ビッグクラブへとステップアップした同じ“セレッソ大阪育ち”の仲間について話してくれた部分を先行してお届けする。

(インタビュー・構成=岩本義弘[REAL SPORTS編集長])

自分の力でリヴァプール移籍を勝ち取った南野は「本当にすごい」

――南野拓実選手のリヴァプール移籍が確定的となりました(編集部注:このインタビューは南野選手のリヴァプール移籍確定的報道が出た2019年12月12日に実施。その後、12月19日にリヴァプールが南野選手の加入を正式に発表)。

香川:いや素直にビックリしました。拓実はすごいと思います。それこそ、2018年のロシア・(FIFA)ワールドカップ前、2月に(UEFA)ヨーロッパリーグでドルトムントと(レッドブル・)ザルツブルクが対戦した時、僕はケガしてその試合には出られなかったんですが、その時に拓実と話して。なかなか試合に出られていない状況だったのに、アイツはよく耐えたなと。耐えたというか、そもそも、拓実はザルツブルクにもう5年もいたわけじゃないですか。いや、僕は正直、「早く移籍しろ」とずっと思ってました。もちろん、彼自身、移籍したい想いはずっとあったと思いますが、そこで粘ってやり続けて、また試合に出られるようになって、(UEFA)チャンピオンズリーグでの出場も勝ち取って。代表でも結果を出して、自分自身で(ビッグクラブ入りを)勝ち取った。本当にすごいと思います。

――ザルツブルクで試合に出られない状況から、たった1年ですもんね。

香川:本当に早いんですよ、サッカーは一日一日が。明日、何が起こるかわからない世界ですからね。でも、いや、ホンマにすごい。彼自身としてだけじゃなく、ヨーロッパの中位国でプレーしていても、ビッグクラブにいけるという道を彼が作ったわけですから。後に続く日本人選手にとっても大きいと思います。

――それにしても、リヴァプールはトップトップすぎて、いきなりあのレベルで大丈夫か、とも思ってしまいますが、監督が(ユルゲン・)クロップ監督だというのが心強いですよね。

香川:最高だと思いますよ。拓実もやっぱりクロップに合うプレースタイルですし。もちろん、ポジション争いは熾烈だと思います。だって、世界ナンバーワンのクラブですからね。でも、そこでやるということを、本当に楽しんでほしいと思います。他人事みたいに聞こえちゃうかもしれないですけど、本当に楽しんでほしいなって。やっぱり、サッカー選手にとっては、25歳から29、30歳までがベストな時間だと思うから、拓実自身で勝ち取ったこの環境を、最大限に楽しんでほしい。もちろん、その壁は本当に厳しいものだと思うし、苦しい時も多いだろうし、むしろそういうことばかりかもしれない。いや、ホンマに他人事に聞こえちゃうけど、それでも楽しんで自分の最高の時を過ごしてほしいなと思います。

ビッグクラブ移籍は「身を置かなきゃわからないこともある」

――振り返って、香川真司にとって、自分自身のマンチェスター・ユナイテッドでのキャリアというのは、どういう時間だったんでしょう?

香川:財産ですよ。あの時間がなかったら、今の僕はありませんし。

――あの時のマンチェスター・ユナイテッドも、今のリヴァプールと同じく、本当に世界のトップトップでした。そのマンチェスター・ユナイテッドに鳴り物入りで入って、もちろん、本人としては納得いく活躍ではなかったかもしれないですが、でも間違いなく、何度もあのメンバーの中で輝きを放ちました。

香川:セレッソ(大阪)からドルトムントに行って、変な話、あんまり苦労せずにリーグ戦連覇して、(2011-12シーズンは)カップ戦でも優勝して2冠を達成して、「もう何も怖いものはない」という感じでマンチェスター・ユナイテッドに行って。でも、ユナイテッドは(ドルトムントとは)全くの別物でしたね。環境だけじゃなく、戦術一つにしても。「全然、連動性ないやん、マンチェスター・ユナイテッド。めっちゃ、個で解決しようとするやん、ユナイテッド。守備陣も全然押し上げてくれへんやん」みたいな(苦笑)。でも、(リオ・)ファーディナンド、(ネマニャ・)ヴィディッチ、(パトリス・)エヴラとか、最終ラインの一人一人の雰囲気は本当にすごくて、多少はやらしても、身体能力でどうにかしちゃう感じだった。ドルトムントも個の能力はもちろん高かったけれど、よりチームとして連動して走って戦う感じで、若い選手も含め連動性が特徴だったから。でも、マンチェスター・ユナイテッドは全く違うから、そこが衝撃的だった。前線の選手たちも、全然連動しないし、守備のサポートもしないし、でも、最終的には(ウェイン・)ルーニーや(ロビン・)ファン・ペルシーが解決する。個の力はやっぱり圧倒的にすごかったですね。結局、優勝したわけですし。ただ、自分はあそこで勝ち取れなかった。結果的に、2年で出たわけだから。やっぱり、それはすごく悔しい。ただ、あの経験があったからこそ、またいろんな自分に気づくことができたし、あの時の自分はただただ、まだ甘かったなと。本当にそう感じてます。もっとやれる努力であったり、気持ちであったり、本当にすべてをかけてやっていたのかと言われたら、やっぱりまだまだ甘かったっていう想いが強い。実際、2014年のブラジル・ワールドカップはそれがシンプルにピッチに表れたし、でもそれを得たからこそ2018年のロシア・ワールドカップにつながったとも思ってます。

――マンチェスター・ユナイテッドで味わった悔しさがあって、その後もあがき続けているからこそ、成長もあるわけだと。

香川 結局、実際に、そういうところに身を置かなきゃわからないと思うんですよね。想像はあくまで想像でしかなくて、実際に直面してみないと本当のところはわからない。でも、もう僕には23歳の時は返ってこないから、だからこそ、それを経験した人間としては、拓実にはとにかく楽しんで頑張ってほしいなって。その挑戦はオマエにしかできないし、ただ、最高な経験であることは間違いないから、それを楽しんでほしいなと心から思う。そうやって勝ち取って、それをまた下の世代につなげてもらいたい。僕はビッグクラブでは最終的には勝ち取れたかと言ったら勝ち取れていないわけで、でも、拓実にはリヴァプールというビッグクラブで勝ち取ってほしい。そういう日本人選手が出てこないといけないと思うから。それにしても、マンチェスター・ユナイテッドとセレッソが試合した時、わざわざ、「ユニフォームを交換してください」って言ってきたあの男が、今じゃリヴァプールの選手になるわけですから(笑)。同じセレッソ育ちとして、本当に感慨深いです。とにかく、楽しんで、そして活躍してくれることを願ってます。

<了>

インタビュー・構成=岩本義弘[REAL SPORTS編集長]

REAL SPORTS 12/19(木) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00010002-realspo-socc

南野拓実のリバプール移籍を、香川真司が自身のマンチェスター・ユナイテッド時代を振り返りながら語る。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00010002-realspo-socc.view-000

 

11 :2019/12/19(木) 23:07:39.54

香川とクロップとの人間関係も南野の移籍にちょっとは好影響あったのかな?

 

14 :2019/12/19(木) 23:11:23.31

>>11
あったろうね
香川で日本人への偏見はなくなってたろうから、南野を獲る事に抵抗は少なかったろう

 

16 :2019/12/19(木) 23:12:38.12

南野はユナイテッド時代の香川くらい活躍できたら十分でしょうね

 

19 :2019/12/19(木) 23:13:35.33

中位国って言っても、そこのリーグの1強所属でCL出れるってのが条件だからな
元ザルツの選手がスタメン張ってるってのも大きい
あとはレッドブルだからかな

 

22 :2019/12/19(木) 23:15:41.03

マンU以降に香川が活躍した記憶がほとんどないわけだが

 

111 :2019/12/20(金) 00:11:37

>>22
年間ベスイレとかCLベスイレとか普通に選ばれてたよ

 

25 :2019/12/19(木) 23:16:09.42

香川はガム爺が辞めてなければまた違ったと思うよ
その点南野はクロップが数年見てくれるから安心できるね

 

28 :2019/12/19(木) 23:17:01.16

香川って自分で言うほど連動性意識しないよな
特に守備では

 

90 :2019/12/19(木) 23:55:10.73

>>28
いいときのドルでは香川が追い始めるのが連動した守備のスイッチやぞ

 

29 :2019/12/19(木) 23:17:05.11

まあマンUがギリギリトップと言える時代だったな
今じゃもう見る影もないほどの低調としょぼい選手ばっかになったが

 

41 :2019/12/19(木) 23:20:36.08

ファーガソンがやってた時はまだ最終的には押し上げて圧力かける文化が残ってたと思う
モイーズで消えた

 

46 :2019/12/19(木) 23:22:22.91

モイーズのクロス地獄の中でボランチをやったのはいい経験だったろ
あれを経験すればどんなサッカーでも驚く事はないな

 

67 :2019/12/19(木) 23:35:45.34

ユナイテッドいって香川はもっと凄くなると思ってた

 

74 :2019/12/19(木) 23:40:29.29

https://i.imgur.com/jNJF7Ge.jpg

 

88 :2019/12/19(木) 23:53:08.01

香川は入った瞬間マンU暗黒期に入ってたから残念だったな 南野は今絶好調のリバポに入るからいい経験になるだろう 控えだとは思うけど

 

116 :2019/12/20(金) 00:18:52.30

香川がプレミアで失敗扱いのが納得できないんだよな
一応ファンハールが来るまではレギュラーといっていいくらいは試合に出てただろ
ドルトムントに出戻りはせずにプレミアに残るかバレンシアに行っとけばよかったのにと今でも思うわ

 

117 :2019/12/20(金) 00:21:37.02

マンU行ってドリブル捨ててただの平均的なパサーになったのが財産か

 

119 :2019/12/20(金) 00:22:47

>>117
一応モイーズのときにサイドでのハードワークも身につけたけど、ドルに戻ったらすぐに忘れた

 

131 :2019/12/20(金) 00:40:29.72

その財産を生かしきれてないけどね

 

157 :2019/12/20(金) 01:34:11

日本人最高峰の場所に先にたった香川の言葉は重みがあるな
やっぱカッコいいわ

 

178 :2019/12/20(金) 04:17:37.52

南野の移籍は香川の影響が間違いなくある
https://i.imgur.com/sCwTknR.png

 

181 :2019/12/20(金) 05:36:09

>>178
クロップおじさんほんとすき

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576763990/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました