なぜリバプールは南野拓実の獲得を急ぐのか?背景にある「リアルな評価」と「宿敵との駆け引き」

リバプール

なぜリバプールは南野拓実の獲得を急ぐのか。背景にある「リアルな評価」と「宿敵との駆け引き」

交渉が一気に加速! 来週中にも契約成立か

 レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW、南野拓実のステップアップ移籍が成立目前だ。

 新天地となるのは、現欧州王者のリバプール。現地水曜日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのグループステージ最終節で、南野とザルツブルクが対戦したばかりの相手だ。試合はザルツブルクが0-2で敗れ去り、南野も不発に終わったが、10月2日のアウェーゲームでの活躍が記憶に新しい。アンフィールド(リバプールの本拠地)で1得点・1アシストのハイパフォーマンスを披露し、敵将ユルゲン・クロップを唸らせたあの一戦だ。

 水面下で交渉は進んでいたようで、ザルツブルクのクリストフ・フロイントSDも「リバプールと話し合いをしているのは事実。我々の選手がかのようなクラブの関心を引いているのは光栄だ」と公の場で認めた。この発言を受けて英メディアは一斉に“ミナミノ”を報道。瞬く間に脚光を浴びる存在となったのである。

 リバプールは今冬の獲得を画策し、ザルツブルクが設定する違約金725万ポンド(約10億1500万円)により近い額面での引き抜きを目ざした。ではなぜ夏まで待たず、冬の移籍市場で狙いを定めたのか。そこにはいくつかの理由があると、英紙『Daily Mail』は指摘する。

 同紙がまず強調するのは、マンチェスター・ユナイテッドの存在だ。ACミランやボルシアMGなどとともに南野に熱い視線を送る競合相手で、ザルツブルクの同僚であるアーリング・ハーランドとのダブル獲りに本腰を入れていた。「ミナミノの市場価値は2000万ポンド(約28億円)前後。リバプールはマンUに先んじて交渉を進展させ、これ以上値が上がる前に、少しでも安く獲得しようと考えていた」のだ。

 ザルツブルクとリバプールの間には、ここ数年で築き上げた太いパイプと厚い信頼関係がある。2016年夏にサディオ・マネを、18年夏(契約発表は17年夏)にはナビ・ケイタが移籍しており、その後ともに代えの利かない主軸に台頭。この実績がリバプールにとって「特大のアドバンテージになった」と説く。

「極東エリアでのマーケティングを考えても…」

 さらに同紙は、リバプールの思惑を次のように推し量る。

「ミナミノには攻撃的な位置ならどこでもこなすユーティリティー性があり、いかにもクロップが好みそうなタイプ。リバプールのチームカラーに適した人材だと言える。極東エリアでのマーケティングを考えても、クラブにとっては意義のある補強となるはずだ」

 加えて、今季からチャンピオンズ・リーグのレギュレーションが変更になった点も関係している。以前はグループステージで出場歴があれば、冬に移籍した先のクラブでノックアウトラウンドに参戦できなかったが、そのルールが撤廃された。よって南野はリバプール入団を果たせば、ふたたびCLのピッチに立つことができる。クロップ監督は今冬のスカッドのテコ入れを明言しており、南野はシーズン後半戦に向けた重要なピースと捉えられているのだ。

 はたして日本のサッカーファンが注視するこのビッグディールは、晴れて成立の運びとなるのか。俄然、期待が高まっている。

SOCCER DIGEST Web 12/13(金) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010005-sdigestw-socc

リバプール移籍が秒読みの南野。メディカルチェックをパスすれば正式契約とも。(C)Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010005-sdigestw-socc.view-000

 

36 :2019/12/13(金) 07:51:00

プレミア初優勝に貢献できればよいね

 

38 :2019/12/13(金) 07:55:56.84

プレミアは殺人スケジュールだからな
リバポなら尚更
意外にチャンスは多いんじゃね
そこでモノに出来るかどうかは別だけど

 

42 :2019/12/13(金) 07:57:11.56

リバポといえばかつてカイトもいた
汗っかきには寛容

 

50 :2019/12/13(金) 08:05:49.05

クロップなら期待してまうな

 

62 :2019/12/13(金) 08:14:39.79

代理人だれだろ、セレッソにいた西澤が代理人業やってるようだけど

 

65 :2019/12/13(金) 08:22:44.34

マネはザルツからサウサンプトンに移籍しただろ
そこの経緯を書かないから変な記事になる

 

99 :2019/12/13(金) 09:09:58.64

マジですごいことになったな
やっぱ辺境でもチャンピオンチームにいるって大事だな

 

115 :2019/12/13(金) 09:32:24

サラーが移籍とかでないとレギュラー争い厳しいな

 

129 :2019/12/13(金) 10:22:24.98

取り敢えずターンオーバー要員にはなれそうなのか?

 

133 :2019/12/13(金) 10:29:56

南野拓実とったとしてクラブワールドカップは間に合う?

 

134 :2019/12/13(金) 10:31:24.74

>>133
間に合わない

 

141 :2019/12/13(金) 10:38:41.98

シャツ売り要員で獲ろうとしたならフロント主導だろ
監督主導でシャツ売り要員獲るなんて話聞いたことないし
くんさんだってフロント主導だったんだし
それにリバポが日本市場を今更必要だと思える要素がないんだが

 

143 :2019/12/13(金) 10:41:23.10

リバプールの強化ポリシー支える
FSG、新設SD、クロップの三位一体
https://www.footballista.jp/column/63076
>①監督は自身が望まない選手とのサインを決して強制されない

なので南野はマーケティング要員じゃないです

 

148 :2019/12/13(金) 10:43:14

南野はいい選手なのは間違いないが
サラーやマネと同じペースを期待されると厳しいだろう

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576187957/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました