勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南ベルマーレがピリつかない理由

湘南ベルマーレ

勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。

 湘南ベルマーレにとって今シーズンの大一番がやってくる。

 12月4日現在、16位、勝ち点35の湘南は、最終節の松本山雅戦に勝てば、勝ち点38で清水(勝ち点36)対鳥栖(勝ち点36)の結果にかかわらず、J1残留を自力で決めることができる。引き分けでも清水が負け、あるいは鳥栖が4失点して敗戦すれば残留が決定する。

 だが、両チームが引き分けで湘南も松本に引き分けか、あるいは敗れるとJ1参入プレーオフに回ることになる。一発勝負ほど怖いものはない。ましてや残留と昇格をかけたデスマッチ、何が起こるかわからない。松本に勝ってスッキリと残留を決めたいところだ。

 さいわい、湘南は良い流れで最終戦を迎えられそうだ。

 「セレッソ大阪戦から自分たちの戦い方を思い出して戦えるようになってきた」

 梅崎司が語るように、セレッソ戦は負けはしたが内容は悪くなかった。つづくFC東京戦も先制点を奪い、終了間際に森重真人のスーパーゴールで1-1の同点に追いつかれたが、湘南らしさが出ていた試合だった。

山田直輝の珍しいガッツポーズ。

 そして広島戦、湘南は全盛期のようなアグレッシブなサッカーを展開。前線からの激しいプレッシングでボールを奪い、何度も決定的チャンスを作った。多くのチャンスを作り、いいリズムでサッカーをしていると、得点も生まれやすい。

 前半9分に山田直輝が金子大毅からリターンをもらい、中へクロス。「味方じゃなくても誰かに当たってくれたらいいかなと思って出した」というボールは、相手DFに当たってゴールし、先制点が生まれた。

 「オウンゴールだったけど、苦しい時期を乗り越えてきたので、みんなで喜びを分かち合いたかった」

 山田は、珍しくガッツポーズを見せ、仲間の輪の中心で喜びを爆発させた。

「何も決まったわけじゃない」

 先制ゴールで湘南の攻撃は加速したが、なかなか決定機を決められず、追加点を奪えなかった。後半、防戦一方になったが、GK富居大樹の好セーブなどで逃げ切り、湘南は8月11日のジュビロ磐田戦以来、実に11試合ぶりの勝利を挙げたのである。

 ただ、山田は久しぶりの勝利にも表情は険しかった。

 「今日の試合の勝利は間違いなく大きい。でも、何も決まったわけじゃない。次の松本戦で負けてしまうとこれまでやってきたことが何の意味もなくなるので、次の試合に向けてしっかりと準備していきたい」

 11試合ぶりの勝利なのだ。嬉しくないわけがない。だが、山田の言う通り残留が決まったわけではないので、心の底から喜べる状況ではないのだ。

「湘南の選手は土壇場に強いというか」

 ただ、山田はチームに不思議な雰囲気を感じているという。

 例えば、試合前のロッカー内は残留争いの最終局面に来ているのにピリピリした感じがほとんどなかったという。

 「FC東京戦も今日の試合もそうでしたけど、誰も口には出さないですけど不思議と最後には残れるという雰囲気があって……。僕は心配性なので、逆に大丈夫かなって思ってしまうんですよ。

 前に浦和で残留争いをしていたシーズンがあったんですけど、その時は経験のある、実力がある選手たちなのにどうしようっていう雰囲気になっていたんで。でも、湘南の選手は土壇場に強いというか、どっしりとしています」

 湘南は2010年シーズン以来、2013年、2016年、そして昨年と残留争いをしてきた。昨年も最後まで苦しい残留争いが続いたが、最終的に13位まで順位を上げた。湘南に漂う「生き残るのは自分たちだ」というムードを醸し出しているのは「残留争いを経験してきている選手が多いから」だと山田は言う。たしかに多くの選手に、残留のためにすべきことが見えているのだろう。

湘南にはたのみにする「芯」がある。

 今年の湘南は嵐が吹き荒れた。

 曹貴裁監督のパワハラ問題が長引き、その間、指揮官を失ったチームは自信と活気を失い、どんどん状態が落ちていった。だが、残留争いの勝負どころに来てやっと「自分たちのサッカーをやれば勝てる」という自信が戻ってきた。広島戦は、自分たちのあるべき本来の姿を見せての勝利だった。梅崎も「あるべき方向性は見えている。ラストの松本戦もそれを信じて戦うだけですね」と語る。

 山田も同じ考えだ。

 「湘南には芯がある。それがあるというのは助かりますよ。選手はそれをやるだけでいいんで。それをやって負けたら、もう実力負けだと思うしかない。ただ、今はいい雰囲気で来ているので、最後はみんなで笑えるようにしたいです」

最終戦は敵地・松本での試合。

 敵地・松本での最終戦は相手のホームであり、独特の雰囲気での試合になるだろう。松本はすでにJ2降格が決定しているとはいえ、ラストマッチは勝利のために貪欲な気持ちで向かってくるはずだ。そういう相手に勝って残留を決める。

 揺れたシーズンだからこそ、この最終戦は、次の湘南を見据える意味で非常に大きな意味を持つ。

 山田は言う。

 「広島戦の勝利は自信になりましたけど、過信にならないようにしないと。そこだけ恐いなって思います。でも、そこに気持ちを入れさせるのが僕の仕事。あとは、どんな状況でも楽しんで、湘南スタイルを出して戦うだけですね」

 松本戦、選手たちは湘南スタイルを貫き、あのすばらしいクラブスローガンをピッチで体現するゲームを見せてくれるはずだ。もちろん、苦しい時間帯もあるだろう。その時は、自分の胸にそのことを問いかけて戦ってほしい。

 たのしめてるか、湘南と――。

(「話が終わったらボールを蹴ろう」佐藤俊 = 文)

Number Web 12/4(水) 11:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841671-number-socc

7月に湘南ベルマーレへ「戻ってきた」山田直輝。残留を決めて、その意味を誇示したい。 photograph by Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841671-number-socc.view-000

 

4 :2019/12/04(水) 19:42:24

ああ、フラグ立ってしまった

 

9 :2019/12/04(水) 19:49:55

パワハラ監督がいなくなり伸び伸びしているだけでは

 

11 :2019/12/04(水) 19:52:57.54

毎年終盤になると釘バットで殴られるような経験をしているから、いい加減体が慣れたんだろ

 

12 :2019/12/04(水) 19:54:40.45

新興和金払えよ

 

16 :2019/12/04(水) 20:01:32.37

BMW遠征したくないんでプレーオフに回ってくれ

 

17 :2019/12/04(水) 20:11:21.04

徳島か山形来ても、残念ながら湘南勝ちそう

 

20 :2019/12/04(水) 20:13:33.90

一度降格して禊した方がいいんじゃね?

 

24 :2019/12/04(水) 20:39:11.25

湘南は降格確定して大暴れして名古屋を道連れにした事があるし
降格決まった奴だと言ってもナメちゃいけねえってわかってるもんな

 

37 :2019/12/04(水) 21:49:54.07

慣れっこやからや(^^)

 

39 :2019/12/04(水) 22:04:29

山田直輝やっぱ上手いな

 

40 :2019/12/04(水) 22:04:54.78

最終節松本相手でピリつくわけないやん

 

43 :2019/12/04(水) 23:26:57.90

杉岡って何で出てないの?

 

44 :2019/12/04(水) 23:35:48.59

>>43
怪我

 

45 :2019/12/04(水) 23:52:51

下3チーム全部に自力残留の目があるってのが熱いね

 

49 :2019/12/05(Thu) 08:27:22

昨年、磐田がヴェルディをボッコボコにしているのを見て
J1のケツから3位とJ2の6位の差はとんでもねえな
と思ったものだ

 

50 :2019/12/05(Thu) 08:45:15

GKを秋元から富居にしたのが何気に大きい

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575456010/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました