名門の凋落…J1を死守できなかったジュビロ磐田、2度目の降格を招いた最大の要因

名門の凋落。J1を死守できなかった磐田、2度目の降格を招いた最大の要因

 ジュビロ磐田にとって2度目のJ2降格が決まった。11月30日、本拠地ヤマハスタジアムに名古屋グランパスを迎えた崖っぷちの一戦。FW大久保嘉人の今季初ゴールが決勝点となり、2-1で今季初の連勝を遂げたものの、16位湘南ベルマーレも勝利したため、1試合を残して今季の17位以下が決まってしまった。

降格を招いた要因

 この結果を招いたのは、大きな転換期を感じ取れず、改革を先延ばしにしてしまったクラブの見極めの甘さが理由の1つに挙げられる。

 小野勝社長は「昨年の(シーズン)中盤以降、勝ち点を積み上げられなかった。ケガ人がいて、ベストメンバーで戦うことができなかった」と1年前を振り返っていたが、そのケガ人が戻った今季、「キャンプでいい動きをしていた」(同社長)ものの、開幕から5戦勝ちなし。名波浩元監督が退任した6月30日の川崎フロンターレ戦で1-3と完敗し、最下位で後半戦に突入することになった。

 川崎戦後、小野社長は次期監督について「暫定はない」と言い切った。名波氏の突然の辞任申し入れにより、クラブは混乱を招いただろうが、状況を見れば、長期政権によるチームの歪みは明らか。だが、方針転換どころか、継続路戦を貫いて2014年9月に就任した名波監督の下でヘッドコーチを務めてきた鈴木秀人氏に命運を託した。

 名波氏と二人三脚でチームをつくってきた鈴木氏が、思い切った改革を進めることは容易ではない。初采配となった7月6日の鹿島アントラーズ戦の先発で、前節から入れ替えたのは川崎戦でゴールを奪ったMF上原力也と、7月3日の天皇杯2回戦のホンダロックSC戦でハットトリックを記録したFW中山仁斗だけ。

 鹿島戦は相手の3本に対し、シュート14本を放って圧倒したが、結果は0-2。勝負弱さや決定力不足といった、名波監督時代に指摘されていた問題が根強いことを浮き彫りにした。

 続く7月13日、残留を争う松本山雅FC戦を1-0で制したが、その後は3連敗と上向く気配すら見当たらず、鈴木氏は1カ月半足らずで体調不良を理由に退任した。

改革のチャンスはあったのか

 その後は暫定監督の小林稔氏で1試合をしのぎ、8月24日のセレッソ大阪戦から指揮を執ったフェルナンド・フベロ監督は、5月にセロ・ポルテーニョを退団していた。クラブは自由の身だったフベロ氏をリストアップし、コンタクトも取っていたと思われる。

 だが、昨年12月8日のJ1参入プレーオフでJ2の東京ヴェルディに勝って残留を決めたあと、名波氏が辞意を表明しながら慰留した経緯からも、解任を通告する選択肢がなくなっていたクラブは、名波氏辞任で巡ってきた改革のチャンスを逃した。

 フベロ監督にすべてを託すのも、当然リスクは伴う。パラグアイでの監督経験しかなく、残留争いですぐに結果を出せるかはまったくの未知数。Jリーグ経験者という選択もあるが、この状況で受け手は限られる。鹿島戦を惜敗と判断し、内部昇格で手応えをかんだことが、J2降格への流れを加速させた。

「きょうの試合は最初から主導権を握れた。ほとんどの時間帯で支配できた。勝利に値する試合」と勝って降格が決定した名古屋戦を振り返ったフベロ監督。就任から3試合無得点で3連敗。ショートパスを回し、相手の陣形が崩れなければ何度でもサイドチェンジを繰り返す。ボールを大事に保持するポゼッションサッカーを落とし込むのに時間を要したが、ようやく名古屋戦で実を結んだ。

 ここまでの10試合を4勝1分5敗と盛り返しへの兆しを見せられたのは、明確な戦術があったからこそ。そのうえで選手を選考し、チームのために戦えない選手は躊躇なく外した。それまでの実績や年齢は関係ない。

 埋もれていたMF藤川虎太朗の発掘や、ベンチからも外れていたGK八田直樹、DF藤田義明、DF宮崎智彦らベテラン勢を蘇らせるなど、競争のもとにチームを生き返らせたが、時間は足りなかった。

 負傷で名古屋戦を欠場した主将のDF大井健太郎は、試合後のセレモニーで「あと1試合残っているのに降格が決まってしまい、本当に申し訳ない。来年、必ずJ1に戻ってきます」と涙を浮かべて頭を下げた。フベロ監督も「きょうのような日は深い悲しみをもたらす。ジュビロがいるべきところに戻るため、きょうから一刻でも早く考え、練習したい」と話していた。

 どん底まで落ちたかつての名門は、J2でしっかりとしたチームスタイルを築き、その高い完成度で再びJ1に挑むことが求められる。

GOAL 12/3(火) 14:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00010018-goal-socc&p=1

最終節を残して2度目のJ2降格が決まったジュビロ磐田(C)J.LEAGUE
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00010018-goal-socc.view-000

 

7 :2019/12/03(火) 19:00:14

ジュビロはいるべきところに戻ったじゃん
J2に

 

8 :2019/12/03(火) 19:00:50.39

同じカテゴリで藤枝や沼津と戦う日もそう遠くない

 

10 :2019/12/03(火) 19:02:12.67

限りあるメンバーでやるクラブ監督で、
先発を大幅に変えることが改革だと思ってるのかこの記事書いた人間は。。

 

11 :2019/12/03(火) 19:02:19.16

監督変わってから良くなったから契約延長させられれば

 

13 :2019/12/03(火) 19:02:59.99

改革を先延ばしっていうかロートルを切れなかったっていうかだが
まあ今更だね
がんばってJ1に戻りましょう

 

15 :2019/12/03(火) 19:03:02

> FW大久保嘉人の今季初ゴール

今季初ゴールおめでとうございます

 

17 :2019/12/03(火) 19:03:37

もはや名門でもなんでもない
古豪なら可

 

21 :2019/12/03(火) 19:06:54.94

ベテランによりすぎて若手が育ってない

 

23 :2019/12/03(火) 19:08:25.56

https://i.imgur.com/dZ5ggK3.jpg

 

25 :2019/12/03(火) 19:10:11.59

名古屋も小倉で降格したし、まぁ名波は一緒にされたくないだろうが英雄に監督やらせたらイカンのじゃないかと思う。

 

36 :2019/12/03(火) 19:14:12

>>25
ピクシー

 

40 :2019/12/03(火) 19:17:43

>>25
名波は一応昇格したし一回いい順位いったからね
去年監督交代してればよかっただけだと思うよ
名古屋小倉は知らん

 

44 :2019/12/03(火) 19:20:41.77

>>36
>>40
や、もちろん成功しないと言いたいわけじゃなくて、なまじ英雄だと悪い時に切るのが遅くなって致命傷になりやすいんじゃないかなって…
GMがしっかり非情になれればいい話かも知れんけども

 

42 :2019/12/03(火) 19:20:08.58

偽SB導入に失敗して沈んでいったって本当?

 

43 :2019/12/03(火) 19:20:36.53

磐田はどうみても編成の問題。チーム編成に中期のビジョンすらなさげだよね。

 

47 :2019/12/03(火) 19:22:09.52

年寄りもそうだけど外国人枠にわけわからん国から取るのやめたら

 

50 :2019/12/03(火) 19:24:41.81

身内主義

 

52 :2019/12/03(火) 19:26:43.67

磐田はいい外国人選手にすぐ逃げられるイメージ

 

54 :2019/12/03(火) 19:27:36

強化部、監督身内で固めるとこうなるんだな

 

57 :2019/12/03(火) 19:28:46.29

それでも磐田はネームバリューがある
万年J2はいつまでたっても這い上がれない

 

58 :2019/12/03(火) 19:28:59.36

成岡と菊池が加入して
あと十年、黄金期が続くと思ってた

 

59 :2019/12/03(火) 19:30:30.49

知将名波を呼び戻して革命や!

 

61 :2019/12/03(火) 19:31:04.55

そらもう今野よ

 

63 :2019/12/03(火) 19:31:58

大久保の降格力よ

 

67 :2019/12/03(火) 19:35:56

大久保と今野のダブル請負人とかわざとやってるのかと…

 

70 :2019/12/03(火) 19:38:03

昨シーズン終了時にほぼ何も補強しなかったんだし当然だろ
入れ替え戦の都合上無理なのかもしれないけど

 

81 :2019/12/03(火) 19:45:52.84

まあ降格なんてどこでもあり得るし、問題はどう立て直して一年で復帰できるかだよなあ
過去の例を見ても何年も下位でダラダラ残留争いするより、一度落ちてリスタートした方が結果的に良かったケースも少なくないし、ここからはフロントの腕の見せ所だろうな。磐田なら一年で帰ってくるだろうが

 

83 :2019/12/03(火) 19:46:07

フベロ続投決まったから何とかなるんじゃない?

 

90 :2019/12/03(火) 19:52:28

黄金期のお友達人事だろ

 

93 :2019/12/03(火) 19:55:39.54

継続ってやっぱし難しいね

 

101 :2019/12/03(火) 20:00:29.51

J2にいる時に必勝スタイルを確立できずにJ1昇格してしまった
J1に上がったら残留争いに必死で、自分達のサッカースタイルを完成させる余裕なんてないからな

 

106 :2019/12/03(火) 20:06:39

チームがバラバラだった

 

109 :2019/12/03(火) 20:09:33

ジェイ使いこなせず放出した7733
コレがケチのつき始め

 

110 :2019/12/03(火) 20:09:33

>>1
> 鹿島戦は相手の3本に対し、シュート14本を放って圧倒したが、結果は0-2。
> 勝負弱さや決定力不足といった、
> 名波監督時代に指摘されていた問題が根強いことを浮き彫りにした。

サッカーでこんなん
監督がどうこうの話じゃないだろ

 

112 :2019/12/03(火) 20:09:57

磐田でやるBS中継のカメラワークだけ好き

 

113 :2019/12/03(火) 20:10:40.38

川又くれや

 

114 :2019/12/03(火) 20:10:44.66

Nボックス復活しかないな

 

123 :2019/12/03(火) 20:20:58

昨年の惨状で限界を感じた名波が退任を申し出たのに無理に引き止めた挙げ句
開幕前に大した補強もしないとか降格したかったとしか思えん

 

127 :2019/12/03(火) 20:23:21

外国人選手が素行不良で2人も退団したの磐田くらいだろ

 

137 :2019/12/03(火) 20:29:34

>>127
ギレルメ酷かったな

 

129 :2019/12/03(火) 20:25:22.53

柏もそうだけど他所で実績のないクラブOBを監督にしちゃ駄目なんだなあ

 

133 :2019/12/03(火) 20:28:23

名波がひいき采配するのは意外だったな
これでチームが崩壊した

 

139 :2019/12/03(火) 20:31:26

J2のシャーレをオークションに出す約束のために
J2に取りに戻るんだろ

 

140 :2019/12/03(火) 20:31:41

名波がおっさんばっかり連れてきたせい

 

144 :2019/12/03(火) 20:33:35.70

エース大久保が引き上げてくれるさ

 

150 :2019/12/03(火) 20:37:57.00

名波の戦術面での問題を書けない記事が多すぎて怖い

 

167 :2019/12/03(火) 20:58:37.66

最大の要因は名波の続投で、更に突き詰めると強化部長の服部がかつてのお仲間達を現場に起用し続けたこと

 

177 :2019/12/03(火) 21:08:04

名波も自分の力不足わかってたんだろ?
何でフロントは開幕前にやめさせてやんなかったんだ

 

184 :2019/12/03(火) 21:15:24.87

名波はテレ朝でセルジオと実況解説してるくらいがちょうど良い

 

188 :2019/12/03(火) 21:19:18

田口は代表のユニ交換事件の時から嫌いだったけど
やっぱりストイックさが足りないんだろうな

 

206 :2019/12/03(火) 21:34:39.55

フロントが変わらないと駄目だろ
落ちた責任の所在をなあなあにして金の力で再昇格したとこが今年あるみたいだけどね

 

214 :2019/12/03(火) 21:48:35.97

2017年
名波が俊輔連れてきて現場監督させる

近年最高位の6位でフィニッシュ

2018年
ドイツ3部リーガーの山田が復帰
名古屋から田口獲得
問題児の大久保獲得

名波が山田口を聖域に固定する

俊輔ケガで長期離脱

新戦力が全く使えずに16位
poでギリギリ残留

2018年
名波と俊輔の関係に亀裂
開幕戦後から急に干される

相変わらず山田を聖域にする
ボロカスに負け続けて名波逃亡

変わった秀人もボロカスに負けて辞任

外人監督でスタメン大幅入れ替え

少し建て直すことに成功するも前半の負債が祟って降格

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575366903/

コメント

タイトルとURLをコピーしました