元日本代表DF田中マルクス闘莉王が引退会見「去年の終わりごろ」に決意 一番の誇りは「気合」と「仲間」

闘莉王が引退会見 誇りは「気合」と「仲間」 楢崎氏、中澤氏も登場

 サッカー元日本代表の京都DFの田中マルクス闘莉王(38)が1日、都内で引退会見を開いた。「今日を持ちましてあっという間の19年間のプロ生活を引退します。たくさんの人たちに、ファンに、サポーターに、こんなしょうもない人間をね、支えていただき、感謝の気持ちで心が、胸がいっぱいです」と報告した。

 引退を決めた理由について、「少しでもこの炎が消えかかりそうな時があれば、どんな時であれ、年も関係なく引退しようと。サッカーに関しては失礼なことなくやっていかないといけないなと自分の中では決めていた」と明かした。“その時期”とは「去年の終わりごろ」だったという。ラストシーズンと位置付けた今季は、「相手チームのサポーターにも挨拶したい」という思いから、「ちょっと消えかかっていた炎を、最後のエネルギーに変えて」プレーしたと語った。

 キャリアで最も印象に残ったシーンに、2010年南アW杯でPK方式の末に敗れたラウンド16でのパラグアイ戦で、最後に「駒ちゃん(駒野)がPKを外した瞬間」を挙げた。「次のキッカーが自分だったということもあって。自分のところまでまわってきていたら、どうだったんだろうなと」という理由からで、様々な思いを巡らせてきたのだという。

 1番誇りに思うのは「一瞬も1秒も手を抜くことなく、全力で気合を入れてやってきたこと」。時折、感極まって声を詰まらせながら、「時には頭が割れていても、筋肉が“バナレ”ても、鼻が折れてでも…。ピッチに戻ろうとした。その気持ちは、誇りに思います」と絞り出した。また、「たくさんの素晴らしい仲間に出会えたことも誇りに思います」と感謝した。

 相手・味方を問わず、時にはサポーターとも激しい「ディスカッション」をしたこともあった。「許可がもらえれば、今までまだ言っていないサポーターたちにも頭を下げに(行きたい)。『すいませんでした』と、『ありがとうございました』を言いたいです」と、これからでも感謝と謝罪を伝えたいとした。後に続く日本サッカー界の選手たちには、「今は本当に、きれいなサッカーばっかり。そういう方向にサッカーが進化していっている。そういうことを求められている中での、やっぱり泥臭く、多少、技術がそんなに優れなくても、僕みたいにこう一生懸命やって、サポーターに喜ばれる姿勢をね、なくしてほしくないなと。そういう気持ちを伝えられるような選手が消えてほしくないな」と、闘莉王らしい言葉で思いを託した。

 今後のことは「まだ考えていないです」。一度、故郷のブラジルに戻り、「たくさんビールを飲んで。たくさん肉を食べて、10キロぐらい太って、皆さんに少しでも笑ってくれるような姿を見せてあげられればいいなとは思います」と笑顔を見せた。一方で、ブラジルに住む両親ら家族のことがずっと気にかかっていたといい、「少しでもこの(日本で過ごした)22年間、いなかったことをできる限り取り戻したいなと思います」としみじみと語った。

 会見終了時には、名古屋時代のチームメート楢崎正剛氏が登場したが、もう1人の代表時代の盟友・中澤佑二氏は都合で到着が遅れていた。闘莉王が報道陣へのお礼などを改めてして時間をつなぐ中、中澤氏も到着。中澤氏から「明日また現役復帰するというコメントを残すんじゃないかな」と、現役続行を勧められ、弱りながら否定していた。

 たぐいまれなリーダーシップでチームを率い、身体能力の高さ、確かな足元の技術、守備の感覚を生かし、広島-水戸-浦和-名古屋-京都で活躍した。リスクをおかしながらの攻撃参加で得点も量産し、リーグ戦ではJ1で395試合75得点。J2で134試合29得点、通算すると104得点を挙げている。

 ブラジル出身の闘莉王は03年に日本国籍を取得し、アテネ五輪に出場。A代表としては06年に初招集され、2010年南アフリカW杯に出場した。国際Aマッチ43試合出場8得点。

デイリースポーツ 12/1(日) 14:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000080-dal-socc

引退記者会見で心境を語り涙ぐむ田中マルクス闘莉王=東京・品川プリンスホテ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000080-dal-socc.view-000

 

3 :2019/12/01(日) 14:12:31.53

最後の試合は13失点とは
お疲れ様でした

 

4 :2019/12/01(日) 14:13:25.31

ムルザニユウジ!お疲れ様!

 

11 :2019/12/01(日) 14:14:45

お疲れ様です。
南アの勇姿を忘れません。
ありがとう。

 

13 :2019/12/01(日) 14:14:48

楢崎も中澤も闘莉王もいなくなったか
お疲れ様でした

 

14 :2019/12/01(日) 14:15:17

またトラクターに乗る生活に戻るのかな

 

15 :2019/12/01(日) 14:19:24.37

叩く人多いけど俺は好き
南アの時の下手は下手なりでのインタビューが印象的だった
お疲れさまでした

 

19 :2019/12/01(日) 14:22:30

最後に13失点という花を添えての引退

 

22 :2019/12/01(日) 14:25:04

ここまでドログバ無し

 

23 :2019/12/01(日) 14:25:20

3大言ってないセリフ
「集まれー」

 

24 :2019/12/01(日) 14:26:19

闘莉王・中澤が歴代最高のCBか

 

31 :2019/12/01(日) 14:32:26

>>24
攻撃力はな…

 

40 :2019/12/01(日) 14:48:19

>>31
イングランド戦で二人で3点きめたもんな

 

26 :2019/12/01(日) 14:26:38

FWとしてのプレーも印象深いのが凄い所

 

27 :2019/12/01(日) 14:26:47

ブラジルW杯は釣男がいればあんな無残な結果にはならなっただろう。

 

73 :2019/12/01(日) 15:27:54.82

>>27
それいうならドイツ大会だろ

 

29 :2019/12/01(日) 14:27:10.78

やっぱ南アフリカは闘莉王と中澤の涙の抱擁が印象残ってるわ

 

30 :2019/12/01(日) 14:27:15.14

ピッチ内では熱いのに、解説だとボソボソ何言ってるかわからんのです

 

32 :2019/12/01(日) 14:35:16.92

点取すぎワロタ
お疲れ!

 

33 :2019/12/01(日) 14:36:14

釣おと中澤は気合では最強だったな

 

35 :2019/12/01(日) 14:43:04.00

浦和でコーチやれよ
柏木杉本あたり張り倒してほしい

 

36 :2019/12/01(日) 14:44:25.92

柳沢にブチ切れてた頃が懐かしい

 

39 :2019/12/01(日) 14:48:01

良い選手だったよ。今の代表にもこのくらい自己主張する選手ほしいね

 

41 :2019/12/01(日) 14:48:53

トゥーさん….
楢さんとボンバーが花束渡したんだな💐

 

45 :2019/12/01(日) 14:55:59.72

名古屋で見たが
1年目は右CBの位置から左SHへのフィードが通りまくるのに驚愕した
ケネディ亡き後に前線においても機能しまくり
正直闘莉王が2人いて欲しかった

 

46 :2019/12/01(日) 14:57:12

闘莉王と本田が同じチームで試合していたとか未だに信じられん
よく空中分解しなかったわ。まあ当時の本田は若手だったけど

 

49 :2019/12/01(日) 15:00:52.57

田中
マルクス
闘莉王

3人も引退するのか

 

90 :2019/12/01(日) 16:09:11.78

>>49
ユウジとムルザニも入れて5人だよ

 

50 :2019/12/01(日) 15:03:42.65

横浜FCが引退阻止しそうw

 

55 :2019/12/01(日) 15:08:07.65

闘莉王ほど攻撃的CBは今までいなかった
代表で叱咤する姿はラモスの系譜だったな

 

61 :2019/12/01(日) 15:11:03

闘莉王の上からヘディング決めたケーヒルは衝撃だったわ

 

65 :2019/12/01(日) 15:14:34.60

ジーコとザックに嫌われてなきゃ、もう少し代表試合数多かったろうにな
まあそうなったら代表とクラブで酷使されて更に怪我増えて、こんだけ選手キャリア持たなかっただろうけどね

 

66 :2019/12/01(日) 15:20:53

ザックについては、最初に闘莉王のほうから代表辞退したからな

 

67 :2019/12/01(日) 15:22:09

南アフリカにACLに完全に歴史に名を刻んだね

 

71 :2019/12/01(日) 15:25:38.20

妙に得点力があるから最後のパワープレーで最前線にへばりつかれるのがスゲー嫌だった

 

74 :2019/12/01(日) 15:28:19.98

ヘディングは高いだけじゃなくて、駆け引きがうまいし
足でのシュートも結構うまい
フィードも割と正確。高校時代はMFだった

 

75 :2019/12/01(日) 15:42:09.17

>>1
J1で395試合75得点

75得点

75得点

75得点!

75得点w

 

76 :2019/12/01(日) 15:46:05.17

中澤とのDFラインは鉄壁だった、本当に安定感があった
ご苦労さん

 

78 :2019/12/01(日) 15:47:24.27

名古屋でFWやって1試合で4得点したときは笑ったわ
最初からFWやってても代表行けただろうな

 

79 :2019/12/01(日) 15:48:41.13

始めて見た瞬間から世界一好きな選手!!
誰よりも気持ちの良い選手だった…
お疲れ様!!

 

81 :2019/12/01(日) 15:53:29

毛根の限界か

 

82 :2019/12/01(日) 15:53:36

J1通算得点歴代31位

 

87 :2019/12/01(日) 15:59:42

晩年はいくらなんでも鈍足過ぎた
マークも出来ない競り合いも弱くなってたしサポから嫌われてた

 

95 :2019/12/01(日) 16:19:25

やっぱりブラジルに帰るんだなw

 

96 :2019/12/01(日) 16:27:03.29

>>95
嫁もブラジル在住ブラジル人だし、サッカーブラジル人帰化あるあるで、もう日本に帰ってくることないと思うよ
三都主でさえ家族でブラジル移住したしな

 

98 :2019/12/01(日) 16:37:02

ラストゲームがあれなんてなあ…

 

99 :2019/12/01(日) 16:39:00.47

ちょっとあのFW替えて!は水戸の時だっけ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575177081/

コメント

  1. 匿名 より:

    中澤闘莉王のセンターバックコンビは日本代表歴代の中でも最強だったな
    浦和でもよくやってくれた by浦和サポ
    お疲れ様

タイトルとURLをコピーしました